シェフと茨城

書いてみる

新着の記事一覧

ハーブやベビーリーフ、有機栽培などおすすめしたい茨城県の個性的な7軒の農家

銀座「空也」の栗茶巾に使われているダイヤモンドカットの栗を探しに笠間へ

新しい食材との出会いは、料理を変えていくきっかけになる

家庭に一番近い出張料理人だからこそ産地の想いを伝えられる

お客様のニーズに応えようとするのは農家もパティシエも同じ

栃木県の地産地消の名店は、あえて茨城県の魚介を使っている

魚の県・茨城の漁港とおすすめしたい4人の個性的な魚屋さん

お互いのモチベーションを高めるキッチンと産地のコミュニケーション

収穫の手伝いなのか邪魔しに来てるのか。本音は大好きな人に会いにきているだけなんです

根性で負けない!朝採れトウモロコシの当日配達にこだわる