【ザ・ビースト・オブ・ユートピア】#6

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ 
全セクション版

5 ←

 黒い椅子が溶け崩れ、デスドレインは四角い公園に降り立った。彼はカラテを構えるフォルスに向き直った。ヘクサーは重傷の身体を動かし、この場を生き残るため、体勢を立て直そうとする。

 ハイランドは四角く白い無機的建築物の集まり、壮麗なる空中庭園だ。断崖から横向きに生えた土台やビルディングが連なり、融合し、四角い交通路で結ばれて、足場とな

もっとみる
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
103

【ザ・ビースト・オブ・ユートピア】全セクション版

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ

1

 広場に走り来た2階建ての朝のバスに、むさくるしい身なりの市民が殺到した。罵り合う者らを溢れさせ、灰色のバスは即座に発車、エメツ混じりの黒い粉塵を残す。

「チクショ!」「死ね!」

 弾き出され、仕事にあぶれた連中は野蛮なキツネ・サインを掲げるが、すぐに表情を強張らせ、路地へ歩き去った。広場に教導兵の一団が行進してきたのだ。ガスマスクと銃剣を煌めかせる灰

もっとみる
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
25

僕が日本ドラマを作るとしたらシリーズ!父と息子の在来線🚋

ドラマタイトル『父と息子の在来線』

主題歌 ザ・コーリング スティグマタズド 2001年

出演者 中井貴一 秋場まなと 椎名桔平 金城武など。

ストーリー

2001年放送という設定。

元鉄道員で運転手の浅村貴一(中井貴一)は、15年前の1986年朝から寝ぼけており列車事故を自らで起こしてしまう。それは、乗員、乗客100人以上を負傷させ死亡した人もいたほどで当時の歴史に残るニュースにもなっ

もっとみる

僕が、日本ドラマを作るとしたらシリーズ!『ノーベンバ・サティ』

上は、チームロゴ。

ドラマタイトル『ノーベンバ・サティ』全13話 

主題歌 ONE OK ROCK  Mr.現代Speaker  2011年

舞台は、2020年裏世界。モチーフとしては、戦隊ヒーローや仮面ライダーなどの特撮やエイペックス・レジェンドの様なゲームも参考になっている。

出演者

小川輝晃  隊長(カクレンジャー、ギンガマン)

中居正広 副隊長(元SMAP)

小平奈緒 女性隊

もっとみる

僕が日本ドラマを作るとしたらシリーズ📺 ゲルマンさんが愛したコーヒー!☕

ドラマタイトル ゲルマンさんが愛したコーヒー 

キャッチコピーは、『兄さん、僕コーヒー好きだった。』

主題歌 ボーイズ・Ⅱ・メン エンド・オブ・ザ・ロード 1994年 

ストーリー✍

舞台は、1994年夏のケニア。

兄が大好きだったが、15年前にマラリアで命をたった。32歳になったサラ。コーヒー好きの兄の影響もあり兄の夢を背負い世界を廻る。

日本に、13年間留学し母国ケニアに帰国したサ

もっとみる

【ザ・グロウ】全セクション版

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ

1

 その夜も当然のごとく降りしきる重金属酸性雨は虹色のブッダ・ネオンの輝きを霞ませ、窓の外の極彩色の光景を油彩絵具じみて増していた。

「雨、雨、雨、雨だ……」

「雨? それがどうかした?」

 キドウは窓ガラスに指でラインを引き、振り返って男オイランを睨んだ。

「クソみたいな気分になる」

「そんな事言っても……いつも雨だよ」

 男オイランは肩をすく

もっとみる
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
85

【インシネレイト・ザ・ゴースト・アゲイン】#3

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ

2 ←

 ドルン! ドルン! ドルンドルン! パパパペロペペペペー! ハイウェイの全車線をバリケードじみて塞ぐのは、ヤンク暴走チーム「マキシマム天」の改造バイクの群れであった。どれもカマキリめいてハンドルが高く湾曲し、天を衝くロケットカウルには龍や武田信玄、フクスケなどの細密画がペイントされていた。

 その時インシネレイトはまだインシネレイトを名乗っておらず

もっとみる
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
172

The Curse より「題名の無い本」

世界がまだ、青かった頃
暗闇に咲く光が
人々を照らしていた

光の名は「スターダスト」

ただ一握りの声にだけ
その希望は、ささやくのだ

「願いを1つだけ叶えよう」

悪魔のささやきであると
気付いていたのなら

誰も、呪わなかっただろう

ある者は、強く望んだ

「争いの無い世界を望む」

願いのはじまりは
呪いのはじまりだった

一人の王は
「あの光を私だけのものにしたい」
と、家臣に命令を

もっとみる

【インシネレイト・ザ・ゴースト・アゲイン】#2

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ

1 ←

「ソンケイってのはよ」

 目を伏せてソース・ソバを荒々しくかきこむダラヤマの顔は無表情で、その所作には独特のゼンめいたものが備わっていた。

「手っ取り早く掴んで、そなわるもんじゃねえんだ。ボンサイに水をやれば花が咲くッてんなら、誰も有難がりやしねえんだよ。お前はそれをわかってねンだよな」

「でもだって、総理大臣暗殺したドゴジマ・ゼイモンはスゲエじ

もっとみる
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
146

【ザ・ビースト・オブ・ユートピア】#5

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ 
◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5

4 ←

「嗚呼、なんという事だ、厭わしいジツを使う!」

「アスクレピオス、遊んではだめよ」

「心しよう、愛しいヒュギエイア。このゴミはどんな声で泣くだろうね」

「私も楽しみだわ、アスクレピオス。でもね、楽しむには用心深さが必要よ」

 2人のロイヤルコートはデスドレインを挟むように足を運び、間合いを取った。

「ヘヘヘヘヘ

もっとみる
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
117