サバンナのネコ

念願叶って撮影した、カラカルの親子|写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー6(最終回)

念願叶って撮影した、カラカルの親子|写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー6(最終回)

3月26日(金)に発売の写真集『サバンナのネコ』(井上冬彦著)から、より抜きショットを全6回でお届けします。 東アフリカのサバンナに暮らすネコの仲間たちに魅せられ、32年間64回の撮影に通ったからこそ捉えられた、稀少な瞬間、愛らしい表情の数々。最後を飾るのは、長く伸びた耳毛がチャームポイントの中型ネコ・カラカルです。 カラカルは長く伸びた耳毛が特徴的な中型のネコです。サーバルよりさらに発見が難しく、64回の旅で見ることができたのが15回。しっかり撮影できたのは4回しかありま

スキ
4
美しきヒョウの母子|写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー5

美しきヒョウの母子|写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー5

3月26日(金)に発売の写真集『サバンナのネコ』(井上冬彦著)から、より抜きショットを全6回でお届けします。 東アフリカのサバンナに暮らすネコの仲間たちに魅せられ、32年間64回の撮影に通ったからこそ捉えられた、稀少な瞬間、愛らしい表情の数々。第5回は、サバンナきっての美を誇るヒョウ。貴重な親子ショットをご覧ください。 午後のサファリで母親を見つけたら、じっと動かずに待つことにしています。うまくいけば日没前に移動を始め、子どもを呼ぶ可能性があるからです。独特の「ウォウ、ウォ

スキ
1
イエネコの起源、アフリカンワイルドキャット|            写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー4

イエネコの起源、アフリカンワイルドキャット| 写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー4

3月26日(金)に発売の写真集『サバンナのネコ』(井上冬彦著)から、より抜きショットを全6回でお届けします。 東アフリカのサバンナに暮らすネコの仲間たちに魅せられ、32年間64回の撮影に通ったからこそ捉えられた、稀少な瞬間、愛らしい表情の数々。第4回は、イエネコの起源とされる、警戒心が強いアフリカンワイルドキャットの貴重な写真です。 アフリカンワイルドキャット(リビアヤマネコ)は、イエネコにとてもよく似た小型のネコです。エジプト産のものが飼い慣らされてイエネコになった、すな

スキ
2
すくすく育つ子ライオン|写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー3

すくすく育つ子ライオン|写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー3

3月26日(金)に発売の写真集『サバンナのネコ』(井上冬彦著)から、より抜きショットを全6回でお届けします。 東アフリカのサバンナに暮らすネコの仲間たちに魅せられ、32年間64回の撮影に通ったからこそ捉えられた、稀少な瞬間、愛らしい表情の数々。第3回は家族単位の群れで子育てを行うライオンです。 精悍なライオンが見たければ、日の出から午前7時頃まで、そして日没前がお薦めです。気温が低く、行動が活発化するために、違った表情を見ることができるしょう。さらに小さな子どもがいればしめ

スキ
2
くつろぐチーターの母子|写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー2

くつろぐチーターの母子|写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー2

3月26日(金)に発売の写真集『サバンナのネコ』(井上冬彦著)から、より抜きショットを全6回でお届けします。 東アフリカのサバンナに暮らすネコの仲間たちに魅せられ、32年間64回の撮影に通ったからこそ捉えられた、稀少な瞬間、愛らしい表情の数々。 第2回目は幼い子チーターとそのお母さんの、幸せいっぱいのひとときをご覧ください。 今までに感動的なシーンを数限りなく経験してきましたが、中でも思い出深いのは生後数日のチーターを撮影した時のことです。「子どもを産んだ」という情報を得た

スキ
3
野生のネコたちの愛くるしい仕草満載の写真集『サバンナのネコ』(井上冬彦著)3月26日(金)発売

野生のネコたちの愛くるしい仕草満載の写真集『サバンナのネコ』(井上冬彦著)3月26日(金)発売

この本について 私たちだってかわいい。炸裂するネコ愛満載の写真集! ライオンやヒョウ、サーバルなど、アフリカのサバンナに暮らす野生のネコたち。彼らに魅せられ、アフリカに通うこと32年間64回の著者が撮りためた写真の中から、希少なショットを厳選した写真集『サバンナのネコ』ができました。3月26日(金)発売です。 抜群の美しさと希少性を併せ持つサーバル、イエネコの祖といわれるアフリカンワイルドキャット、長く伸びた耳毛が特徴のカラカル、母の背中の上で眠る子どものチーター、子

スキ
4
サーバルとの奇跡的な出会い|写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー1

サーバルとの奇跡的な出会い|写真集『サバンナのネコ』ミニギャラリー1

3月26日(金)に発売の写真集『サバンナのネコ』(井上冬彦著)から、より抜きショットを全6回でお届けします。 東アフリカのサバンナに暮らすネコの仲間たちに魅せられ、32年間64回の撮影に通ったからこそ捉えられた、稀少な瞬間、愛らしい表情の数々。最初に登場するのは、本書のカバーも飾っているサーバルです。  抜群の美しさと希少性を併せ持つサーバルは、サバンナでとくに出会いたい動物の一つです。……もっとも奇跡的な出会いは、細い川を越えて崖を登る途中で車が砂地にはまって立ち往生した

スキ
1