コータック

末期の固形ガンも治せる"コータック"(放射線増感療法 500円)

13年前、末期の余命宣告の乳ガン患者の時代小説家の藤原緋沙子さん(72)の命を救ったのは「1本の電話」。

 高知大学医学部教授だった小川恭弘先生からの「"コータック"(放射線増感療法 500円) 」の誘いでした。
 「乳房温存療法」ということもあり、早速、治療開始へ。

その結果、2か月後には5cmの腫瘍は消失し、リンパ節の転移ガンも消滅。

もっとみる
嬉しいです。
6

奇跡のガン治療法「コータック」 2022年保険適用へ

薬価が500円という激安さのために、日本の製薬会社などの猛反対で、英国に脱出して最終治験中の「コータック(増感放射線療法)」。

 日本での1,000例以上の治験や、英国でのフェーズⅠの治験でも、ほぼ100%近いガン制圧成果をあげたコータック。
 それらの治験のほとんどが、末期乳ガン患者に対するもので、しかも「乳房温存療法」というスゴさ。

 去年終了した英国でのフェーズⅠの末期乳がん患者への治験

もっとみる
やった~
14

「末期ガン」でも全然コワクない! P-2 新治療法

大多数の「低免疫力」の人達に待つ近未来は
「ガン、感染症(カゼやインフル、風疹、肺炎)、アレルギー疾患(花粉症、アトピー)、自己免疫疾患、ボケ(認知症)」

 免疫力をアップして高免疫力にして、血液サラサラを心がけるだけで、ガンや重い病気の近未来から解放されます。

 1日に3,000個のガンが新たに生まれる人間にとって、新規のガンを制圧し、巣食ってしまった中期~末期ガンを飼殺すには「制ガン系の食

もっとみる
やった~
13

「ガンはコワクない」 2年後には末期ガンも続々、完治へ!

故・愛川欽也さん(享年80)は、末期・肺がんの宣告を受けて、ガン治療は拒否してガンとの共存(自宅治療)を選択。
 死ぬ直前までテレビ出演を続けて、最後は奥様のうつみ宮土理さんに看取られて自宅で息を引き取りました。

 かたや、ガンとの闘いを選択した故・大橋巨泉さん(享年82)は、11年間に渡り3回のガン手術と4回の放射線治療と、長期の入院生活を送り、最後は腸閉塞も。
 在宅治療でのモルヒネ系鎮痛剤

もっとみる
やった~
19

3年後には「末期ガンでも死なない時代」到来!

数年前までは、一部の末期ガン患者の長期生存例が喧伝されていました。
たとえば、
①余命0で14年生きた!! 奇跡のシェフ
 全ての治療を拒否して、自己免疫力の強化のみに邁進した成果。

②森元首相(肺がんで余命宣告と抗ガン剤・効果ナシ)
 奇跡の復活で、一躍有名になった「オプシーボ(免疫チェックポイント阻害剤)」。
  ★高齢者への抗がん剤は効果ナシ。 苦しい副作用だけ
  ★米国では、抗がん剤治

もっとみる
嬉しいです。
14

「乳ガン」 宮川典子衆院議員(40)が死去! コータックは何処?

乳ガンで宮川典子衆院議員(40歳)が死去。
 女性の政治進出にも取り組み、国政選挙や地方議会選の候補者数をできる限り男女均等にするよう政党などに努力義務を課す「政治分野の男女共同参画推進法」の成立にも尽力した。

 「乳房を温存したまま手術ナシ」で、乳がんの初期から末期までを完治させる増感放射線療法「コータック」が完成ずみ。

 ’06~’13年の日本での臨床試験では、乳がん患者70人にコータック

もっとみる
嬉しいです。
4

高齢者は、ガンと戦わず"受け入れ"を!

ここで言う高齢者とは、65歳以上で、初期の要介護状態以上の人です。

 現時点ですでに、生活の質の低下がみられ、「手術や抗がん剤」治療で、さらに生活の質の悪化が見込まれるので、ガン治療はやめて、ガンとの共存を受け入れるべきですね。

 故・愛川欽也さん(享年80)は、末期・肺がんの宣告を受けて、ガン治療は拒否してガンとの共存(自宅治療)を選択。
 死ぬ直前までテレビ出演を続けて、最後は奥様のうつみ

もっとみる

"免疫療法"を超えた! がん治療革命「コータック」。英国へ脱出

日本では、厚生官僚、製薬会社、医師会、マスコミの利権コングロマリットの妨害を越えることができず、ノーベル賞の最右翼! 増感放射線療法「コータック」の小川恭弘・名誉教授は、イギリスに進出。

 高知大学名誉教授で、高知総合リハビリテーション病院院長小川恭弘医師の開発した増感放射線療法「コータック」は、内視鏡やCTガイドなどを使用する注射方法で、ガンのよろいとなる抗酸化酵素を破壊する増感剤(過酸化水素

もっとみる
嬉しいです。
5

ノーベル賞の最右翼! 増感放射線療法「コータック」の小川恭弘・名誉教授

乳がんなどのガン細胞の大きな塊は抗酸化酵素で守られていて、放射線を照射しても、通常の1/3以下程度の効果しかなく、ガンの縮小は困難でした。

 ところが、高知大学名誉教授で、高知総合リハビリテーション病院院長小川恭弘医師の開発した増感放射線療法「コータック」は、内視鏡やCTガイドなどを使用する注射方法で、ガンのよろいとなる抗酸化酵素を破壊する増感剤(過酸化水素(オキシドール)+ヒアルロン酸のコンビ

もっとみる

"ヒアルロン酸"が「ガンを消す!」

転移もあるステージ3Bの乳ガン(余命3カ月)の時代小説家の藤原緋沙子さん(当時59歳)の命を救った 増感放射線療法「コータック」。

 「コータック」治療開始から3カ月で、大きさ5cmのガン細胞だけでなく、転移したガンも全て消滅。

 しかも、「コータック」は乳房の温存療法。危険な乳房全嫡や再生手術の必要もありません。

 しかも、薬剤費は1回あたり500円という破格の安さ!!

 「コータック」

もっとみる
嬉しいです。
11