コンメンタールこども六法

【コンメンタールこども六法】刑法編③これってもしかして…故意?(第38条)

【コンメンタールこども六法】刑法編③これってもしかして…故意?(第38条)

はじめに  前回は、正当防衛はなぜ処罰されないのか?  犯罪って「悪いこと」だけど、「悪い」って何なのか?  という点についてご説明しました。  今回は、「故意」についてのお話です。 犯罪には「故意」が必要  刑法では、次のように定められています。 (故意) 第38条 罪を犯そうという意思がなかった場合は、罰しません。ただし、法律に特別な決まりが書いてある場合は除きます。 (『こども六法』16頁)  「罪を犯そうという意思」のことを、「故意」といいます。  つまり

スキ
96
【コンメンタールこども六法】刑法編②正当防衛と「悪い」の本質(第36条)

【コンメンタールこども六法】刑法編②正当防衛と「悪い」の本質(第36条)

はじめに  前回は、刑法の序盤に出てくる「刑罰」についてご説明しました。  こども六法では、刑罰についての法律が載っている次のページに、「執行猶予」についてのページがあります(『こども六法』14頁・15頁)  「執行猶予」も、皆さんは聞かれたことがある言葉だと思います。  この「執行猶予」って何?なんのためにあるの?という点については、私の過去のnote記事「情状と量刑」シリーズをお読みになってください。 今回のテーマは「正当防衛」  さて、今回のテーマは「正当防衛」で

スキ
5
【コンメンタールこども六法】刑法編①刑罰(第9条~第19条)

【コンメンタールこども六法】刑法編①刑罰(第9条~第19条)

刑罰にはどんな種類があるの?  さあ始まりました。「コンメンタールこども六法」!  「こども六法」には、全部で7つの法律が掲載されているのですが、最初に掲載されているのは「刑法」です。  「刑法」という法律それ自体は、みなさんにも馴染みの深い法律ではないでしょうか。「刑法」と言われれば、なんとなく「ああ、犯罪について定めてる法律ですよね」とイメージしていただけると思います。  その通り、刑法は、「犯罪と刑罰について定めた法律」です。  「こういうこと(犯罪)をすると、こう

スキ
3
【コンメンタールこども六法】予告編

【コンメンタールこども六法】予告編

 ご無沙汰しております。めしだです。  noteの更新をすっかりさぼってしまっておりました。  さて、実は私、「こども六法」の著者・山崎聡一郎さんの活動を色々とお手伝いさせて頂いております。  たとえば、山崎さんがYoutubeで公開されている「法律って何だろう?講座」の監修などです。  「こども六法」は、法教育の普及のために出版されたものですが、法律の条文を平易な言葉になおしたものにとどめられており、それ自体が完結した法教育のテキストではありません。  ですから、この「

スキ
2