エリオット波動

FX強化書、値上げのお知らせ

ども!

ナポです。

下の記事

3,980円の枠が全て埋まりましたので値上げさせて頂きます。

ご購入者様

これからも、更新していきますのでよろしくお願い致します!!

もっとみる
スキありがとう!!!

【DATADOG/$DDOG】10/28 FXAceのトレード日誌 データドッグ 11月30日までの追記解説

このノートでは$DDOGについて

エリオット波動、フィボナチ比率,  フラクタル等

を用いてテクニカル分析を行います。

まずは過去ノート(9月5日付)のおさらいから。

当初の見通し通りに新高値を付けた。

当ノートは動きがあれば適宜追記(情報のアップデート)を行っています。追記を含めた値段として購入のご判断をお願いいたします。

免責事項
当記事は、筆者個人の相場感・トレード日誌を公

もっとみる
I am Yoshihide Suga
2

下降エリオットと上昇エリオットをバッチリ理解するためには矢印を引っ張ると良い。どちらも全て5波で構成されている。下降エリオットの4波と5波が上昇エリオットの1波と2波に転換している。が、結果的に最初のN波動は1波となり最終的にオレンジの波の軌道で5波を形成した。

【shopify/$SHOP】10/25 FXAceのトレード日誌 ショッピファイ

このノートでは$SHOPについて

エリオット波動、フィボナチ比率, フラクタル、需給等

を用いて分析を行います。

(注)このノートの追記更新は11月27日(金)までとします。

"ショッピファイはカナダ オンタリオ州オタワに本社をおくテクノロジー企業。2004年9月にTobias Lütkeなどによって創業された。Lütke氏は2008年まではCTO(最高技術責任者)であったが、200

もっとみる

【OKTA/$OKTA】10/25 FXAceのトレード日誌 オクタ

このノートでは$OKTAについて

エリオット波動、フィボナチ比率, フラクタル、需給等

を用いて分析を行います。

"Okta, Inc.は、企業向けにアイデンティティ管理プラットフォーム(IDaaS:Identity as a Service)を提供するリーディングカンパニー。Oktaのビジョンは、あらゆる組織があらゆるテクノロジーを利用できるようにすることであり、アイデンティティがそ

もっとみる

FX手法お譲りします【残り2枠】

ども、ナポです!

最近、大変ありがたいことに

下の記事(現在、9000字以上)を購入して下さる方が増えてきています。

購入して頂いた方々、本当にありがとうございます!

これからも、皆様の期待にこたえられるように

アップデートの頻度・記事のクオリティーを高められるよう

全力でアップグレードしていきますので、よろしくお願い致します。

残り2枠!?

こちらの、記事は残り2枠売れましたら6

もっとみる
有難うございます!!!
3

エリオット波動(ダイアゴナルトライアングル)

ここ最近少し忙しかったため記事更新に期間が空いてしまいました。

前回は波に関してという事で推進波には衝撃波とダイアゴナルトライアングルがあるというものを書きました。

詳しくはこちらのエリオット波動(波に関して)を読んでもらえると幸いです。

それではさっそく今回の内容に入っていきたいと思います。

ダイアゴナルトライアングルに関して

ダイアゴナルトライアングルは5つの波で形成されるP波動もし

もっとみる

え!こんな短期間で資金2倍に!?

10日間で資金が2倍に

手法からチャート分析の仕方、時間の癖まで幅広くカバーしている記事はこちらから

こんにちは、ナポです。

既にFXは引退(株に完全移行するため)した身ですが

・FXで勝てるようになりたい。

・優位性の高いポイントでエントリーできるようになりたい。

このような人を一人でも多く      勝てるように手助けができれば嬉しいなと思っている今日この頃です。

引退前の直近の

もっとみる
サンキュー!!!
3

記事更新のお知らせ

おはようございます!

昨日、下記の記事に僕の使っていたFX練習ツールの紹介記事を追記致しました。

https://note.com/naponapo88/n/n0fe81b03b734

まだ、練習ツールをお持ちでない方は是非、参考にしてみて下さい!

また、練習ツールを使った検証のやり方の記事も作成する予定ですので、そちらも

お楽しみに!

それでは、また!

サンキュー!!!
1

実践的なMTF分析のやり方(FX)

はじめに

こんにちは!
元専業FXトレーダーのナポです。
現在FXは引退をして、株の長期投資をしております!

今回は、実践的なMTF(マルチタイムフレーム)分析についてチャートの写真を使ったりして分かりやすく説明していきます。
記事最後のページに
2020年10/17現在のチャートを使って優位性の高いエントリーポイントも載せておきます。(※必ず勝てるというものではございません。トレードは自己責

もっとみる
スキありがとう!!!
6