アイアンマンディスタンス

ロングディスタンストライアスロン出場を目的とするトレーニング計画に関するヒント

Ironman Universityが推奨しているアイアンマントライアスロン出場を目的とするトレーニング計画は、基本的に各種目毎に1週間あたり2つのキーセッション(距離とスピードにそれぞれフォーカス)と1つのサポートセッション(テクニック習得等にフォーカス)で構成されています(以下参照)。 Training …

トライアスリートにとってウエイトトレーニングは必要不可欠である-マーク・アレン氏の…

1980年代後半から90年代のトライアスロン界を席巻したといっても過言ではない往年のトップトライアスリートであるマーク・アレン氏。 彼はオフシーズンに積極的にウエイトトレーニングに取り組んでいたのですが・・・ ”トライアスロンのトレーニングは身体を削るトレーニングであるが、ウエイトトレ…

難易度の高いレースを完遂する爽快感 須﨑とも~山下PMCのマネジャー紹介 #03

【はじめに】 スポーツを続けていると、脳内麻薬のエンドルフィンが分泌され、幸福感を生み出すのだと聞きました。今回紹介するPMは、きっと、エンドルフィンが分泌されまくっているのだろうと想像しています。 できないことができるようになる感動をスポーツから感じていく 事業創造推進本部 第三部…