やさしいふつう

「やさしいふつう」をつくる、これからの働き方 村木厚子さん・櫻本真理さん・安斎勇樹さん・大原裕介さん

目に見えないウィルスが、世界中の社会や経済、ひとびとの心の風景を様変わりさせている今。SOCIAL WORKERS LABは、改めて"ソーシャルワーク"の意味や役割を見つめています。

当たり前とされてきた「経済成長」の先行きがますます見えにくくなり、これまでの正解が通用しなくなった世界にあっても、ひとびとが暮らす社会という場をよりよくしていきたい。「そのために何ができるのか」という問いの答えを、

もっとみる

目の前にある問題や混沌から始まる、これからのソーシャルワーク

2020年2月15日(土)、京都GROVING BASEに集ったのは、「やさしいふつうとこれからの働き方」というテーマに興味を持ち、スピーカー役を引き受けてくださった3人のソーシャルワーカーと、31名のオーディエンスのみなさまです。

SOCIAL WORKERS LABのキックオフイベントとして開催したSOCIAL WORKERS TALKの3時間は、ソーシャルワーク / ソーシャルワーカーのあ

もっとみる

ソーシャルワークとは、お金と交換できない価値を生み、社会に循環させる仕事

2020年2月15日(土)、京都GROVING BASEに集ったのは、「やさしいふつうとこれからの働き方」というテーマに興味を持ち、スピーカー役を引き受けてくださった3人のソーシャルワーカーと、31名のオーディエンスのみなさまです。

SOCIAL WORKERS LABのキックオフイベントとして開催したSOCIAL WORKERS TALKの3時間は、ソーシャルワークとは?ソーシャルワーカーとは

もっとみる

人口減少時代を、どう生きる? - 精神科医 高木俊介さんがビールを醸造する理由

2020年2月15日(土)、京都GROVING BASEに集ったのは、「やさしいふつうとこれからの働き方」というテーマに興味を持ち、スピーカー役を引き受けてくださった3人のソーシャルワーカーと、31名のオーディエンスのみなさまです。

SOCIAL WORKERS LABのキックオフイベントとして開催したSOCIAL WORKERS TALKの3時間は、ソーシャルワークとは?ソーシャルワーカーとは

もっとみる

|1/100| 社会福祉家 大原裕介 越境の物語

「社会をよくすることをしたいなら、株式会社より社会福祉法人を経営するほうがおもしろい。僕は、そういう時代がすぐそばにきていると思っています。」

この記事は、SOCIAL WORKERS LABがお届けする100人のソーシャルワーカーがやさしいふつうを紡ぎ出す物語「100 stories of 100 SOCIAL WORKERS 」の第一回です。マガジンの目次はこちら

大原は、この言葉を身を以

もっとみる

| Prologue | 100 stories of 100 SOCIAL WORKERS、始動。

ソーシャルワーカーという言葉を、広く開いていく運動を始める。

それがソーシャルワーカーズ・ラボだ。

ソーシャルワーカーは、分断を和らげる"Being"の肩書き

ソーシャルワーカーとは、目の前のひとりに心を寄せて、社会システムを機能させたり、システムそのものに働きかける人のことだ。

ソーシャルワーカーは、誰かのために、社会を縦横無尽に駆けめぐり、システムの詰まりやほころびを取り除き、必要とあ

もっとみる