そんなの関係ない

勝手に決めないでよ
20代とか 30代とか
男とか 女とか
そんなの関係ないじゃない

今日は 一番若い私なの
あなただって老いていくのよ

経験談なんて
当てにならないわ

明日を生きたことがない
あなたに
私を生きたことがない
あなたに

何がわかるって話だから

*洸 雫*

今日は節分!ワサビマヨうまし!

2月3日だというのに、特に太巻きを食べるでもなく
パートナーが作ってくれた焼うどんと煮物の晩ご飯でした。

パートナーのタッツ(仮)は割と季節のイベントを忘れるタイプなので、今日も「節分だね。」と言うと「ああ、そうか。」と興味なさげに答えます。
一緒に住んで今年で6年になりますが、タッツはこうしたイベントごとに興味はなく・・・花見や紅葉も自発的に見に行こうというタイプでは無いのです。

一方のボク

もっとみる

好きなことをするということは、たぶんこんな気持ち。

好きなことだけして、好きな人に好きな時にあって、好きなことして、好きなように生きていきたい。

というのはほとんどの人が思っているし、そういう本も最近増えているみたいですね。

私にとって仕事とは、遊ぶように仕事をしたいというのが本来の希望であり、出来るだけそうしていますが、そうはできない時もあります。

大した仕事はしていませんが、オンとオフを分けたくなる時もあれば、オンオフ関係ないくらい楽しく

もっとみる
(*゚▽゚*)
9

どんな子が合格するのですか?

このような質問をされる保護者の方が多くいらっしゃいます。

我が子のために、出来ることをなんでもやってあげたい。

私に出来ることが有れば、なんだってやってあげたいと

愛情豊かな保護者が多いと思います。

私も親になりましたので、その気持ちは十分に理解できます。

生まれてきたあの瞬間から子どものファンクラブ会員番号1番です。

※ちょっと表現古い。

ここまで来るのに色々ありましたよね。

もっとみる

【エピソード40】かーくんのほのぼの名言・迷言日記~夏の終わりに、ミニ小島よしおが現れる!?~

急に涼しくなって一気に夏の終わりを実感する1日、この投稿を書いている今宵ですね。現在八村選手が注目されるバスケットボールワールドカップ🏀や開幕を控えるラグビーワールドカップ🏉と今月はスポーツの秋の先取りのようですね。東京五輪まで1年も切り、スポーツ大好きなパパは今月開催される男子マラソンの代表決定レース🏃にも注目をしています。

さて同じく保育園の最後の運動会を控えるかーくん。かーくんは今回

もっとみる
励みになります!!今後ともよろしくお願い致します。
4

突然ですがむっちゃ髪切りたい

こんばんはー赫斑点です。
さあ、昨日の続きを書く気力がわかないので、今日は髪型の話をしようと思います~
今日は、自己肯定感をマジで上げたい夜です。
(どんだけ自分好きなんだ?!記事になると思います。ご容赦ください。)

っていうのを、「令和」って書いてあるワンカップ片手に考えてます(笑)

【超昔は超ロングだった】

小学校4年生の時にショートにしてから、大学2年生まで髪をほとんど切りませんでした

もっとみる

令和に向けて

どーも、しーたです。

いよいよ、いよいよ、いよいよいよ、元号が新しくなりますね。令和と発表されてから1ヶ月ほど。この間にみなさんは気持ちの整理などされましたでしょうか?またされた方はどのような整理をされましたか?

僕は挑戦したいことができたことにより、退職して勉強をし始めたりと、令和1年は駆け抜けていく1年になっていきそうです。

時代を振り返ると、

『平成』は「平らに成る」時代だったと感じ

もっとみる
明日の元気につながります!
3

きっとその上司は君の頑張りが恐いんだよ

今年は特に花粉症がヒドイ状態で外出時に箱ティッシュを持ち歩いてますが、もし見かけてもそっとしてやってください。藤見です。

■■■■■■■■■■

部下やチームメンバーに対して愚痴のように「もっと君が成長してくれたらなぁー」とチクチク言う上司がいるんですが「じゃあ、あなたはこの1年でどのくらい成長できているんですか?」と問いかけると一気に閉口します。

自分のことは棚上げして他人の落ち度やマイナス

もっとみる

6年前に賞味期限が切れた麦茶を飲んでいます。

どうも。オシロです。

とつぜんですがみなさん、今って何年ですかね。
そう、平成も終わろうとしている2019年ですね。

ではみなさん、6年前っていつですかね。
そう、2013年ですね。

つまり、今現在、私は「2013年に賞味期限が切れた麦茶を飲んでいる」、ということになります。すごいですね。

人間以外と大丈夫ってことになります。すごいですね。

事の経緯

飲んでいるといってもペットボトルの

もっとみる

ものを捨てる、ということ。

2018年、年末。
大掃除をしていた旦那さんは言った。
「このダンボー捨てるわ」(下図 さよならダンボ―)

「だめ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

即答加減を!で表すとすると、
上記の量になるくらい即答した。

このダンボーは、
旦那さんが彼氏だったころ、
新千歳空港のゲームセンターで取ってくれた
「思い出」のクッションであった。

手荷物をすでに預けたあとに取得したダンボ―。
取れ

もっとみる
わたくしもあなたのことがすきです.
2