じざいや

減り続ける

緊急事態宣言が再発令されてしまいました。
成人式も中止の自治体が増えていて どうなるきもの業界?

どこへ行っても不況・高齢化です。
倒産、廃業する業者も相次いでいます。
産地崩壊と言われていますが 
実際に生産数は年々減少していて
戦後の最盛期には1500万反と言われていた白生地も
丹後だけでみても昭和48年 966万反で
平成28が31万反、かつての3.4%です。
それでも30万反もあるのか・

もっとみる
スキをありがとうございます!
10

着物の記号。

お正月に柔らかものが着たくなります。
今年は 寸法が合う小紋がなくて断念しました。
コロナですっかり肥えてしまいまして💦
お客様も 訪問着で華やかにご来店くださる方が多かったです。
お正月らしい気分になりますね。

着物は柔らかものも 紬も 基本の型は同じですから
カテゴリーを区別するための記号があります。
昔は 着る側の人間にも明確な区別、というか差別がありましたが
今は どんな人が どんな着

もっとみる
ありがとうございます!
5

着物初心者にお勧めの着物とは?

お客様が時々、「私は着物初心者ですから・・・」と言われます。 
その後に続くのは
「そんな高い着物は・・・」や
「高級なものはまだ判りません」という言葉だったりします。

着物初心者。
日常に着物を着なくなった現代は
生活の中で自然と着物が身に付く機会はほとんどなく
「着てみよう!」と思い立った時はみんな初心者ですね。
着てみよう、のきっかけは 
どこかで素敵な着物姿を見かけたからかもしれないし、

もっとみる
ありがとうございます!
10

草履職人さんが語るには。

コロナでなかなか呼べないのですが
じざいやでは ほぼ毎年、草履職人さんを招いて
店で その場で足に合わせてすげ上げる実演をしています。
職人さんの話は いつ聞いても面白いし
プロの技の凄さを感じ入ります。
そんなお話の中から
草履にまつわる あれこれを。。

@草履のツボはツボ。
 草履の履きやすさのポイントはツボのすげ方1つ。
 ツボの調節を 1ミリ変えただけで
 足への負担が全く変わってくると

もっとみる
スキをありがとうございます!
5

草木染~植物の力。

京都で平安時代の色を復元しようとしている藤原益男さん。
久し振りにお電話したらお留守のようでした。
もう、10年位お会いしていないかも・・・
平安王朝の色を再現するべく 染料も出来る限り当時の産地から採取し
媒染剤も 鉄漿はお歯黒を自作されるなど
染色家、というより研究者のような方でした。
藤原さんとお話した時の覚書が出てきましたので
残しておく意味も兼ねて ここに記しておきます。

     ↑

もっとみる
ありがとうございます!
6

着物界の二極化。

今、着物業界では二極化が進んでいます。
着物だけではないですね、
ユ〇クロとブランド服、B級グルメと高級レストラン、
世の中全体の流れのようです。

様々なSNSやインスタグラム、ネットの影響もあり
着物の裾野人口はとても増えていることは実感できます。
コロナ自粛で一時は激減していましたが
着物姿の方は確実に多くなっています。
街を歩いていても 電車に乗っていても着物の方をお見掛けします。
そんな

もっとみる
ありがとうございます!
20

みちのくは道の奥。雪深い産地のこと。

米沢から大雪・・・というか豪雪の便りが。
みちのくは道の奥。
開けた平野ではなく険しい山の間で
冬ともなれば雪に埋もれてしまう土地です。

米沢。
江戸時代の藩主、上杉鷹山(うえすぎようざん)によって
養蚕,織物が推奨されたこの土地は
織物の町として栄えました。
最上川の紅花のように華やかな色もありますが

刺子や白鷹お召の板締め絣など
実直で細かな作業を強いるものがほとんどです。
絣の北限、とい

もっとみる
ありがとうございます!
6

プチお誂えのススメ

お誂え・・・
なんだか とっても高そう? 
着物を極めた人のためのものみたい??
お誂えは如何ですか。?と問えば
尻込みなさる方が多いかと思います。

でも まず着物は ご自分の寸法に仕立てるところから
お誂えですよね。
八卦を選ぶのも1つのお誂え。
八卦の見本帳から選ぶのを止めて
着物に合わせて別染めにするのは良くあることですね 
そうやって ご自分だけの着物が出来上がっていきます。
  
それ

もっとみる
スキをありがとうございます!
3

藍はなぜ色落ちするのか?

寒くなってこの冬初のダウンコートを出しました。
着物の下には ユニクロのヒートテックババシャツです。
毎日犬の散歩で1万歩以上は歩くのですが
本当は冬眠してしまいたい・・・
寒いといろんなものが不活性になります。
夏は元気に発酵している藍も冬にはお休みです。

藍染めの着物は色落ちするから・・・と言われます。
化学染料のものはあまり色落ちすることはありませんが
 (色やけはします。)
天然染料、特

もっとみる
ありがとうございます!
3

季節柄について考えてみる。

じざいやのある元町はクリスマスイルミネーションで華やかです。
着物にもクリスマス柄がありますね。

↑ じざいやのクリスマス限定?帯。トナカイとポインセチア

クリスマスに限らず
季節限定の柄、というものがあります。
人気のあるのは桜。
私も欲しくて欲しくて 桜の小紋を1枚持っています。
人気があるだけに とやかく議論の的になるのも桜柄が多いです。

曰く、地域や品種によって桜の咲く時期は長いのだ

もっとみる
ありがとうございます!
4