見出し画像

panpanya漫画の全111話を読み直して、その7つの魅力とおすすめの17本を語り尽くします

昔から気に入った作家の本は何度も何度も読み直すクセがあります。

最初に読んだ時の新鮮さ、二回目読んだ時の新発見、別の作品を読んだ後の変わった視点と、読むたびに新しさを味わえる本が好きです。

そんな作家の1人が、panpanyaさんという漫画家です。

キャプチャ

今回「青山ブックセンターで出会った本」というテーマで、noteを書くことになり、panpanya全作品を読み直してみました!

全111話を読み返して、何度読み返しても尽きない魅力、そして、その中でもおすすめの話を語り尽くしました。

#青山ブックセンターで出会った本

現在、青山ブックセンターコミュニティの企画の1つで「青山ブックセンターで出会った本」というnote企画を開催中です。

そのnoteを書くため、12月30日、三軒茶屋のサンマルクにこもりました。

画像11

panpanya先生は、普通の書店では置いてあることが少ない、すこしマニアックな作家です。

青山ブックセンター本店ですべて揃えました。

PORTOのコピーのコピーのコピーのコピーのコピー (1)

このゾーンに並んでいます。新刊に背を向ける感じになる棚なので、知る人ぞ知る感あるのですが、このゾーンが面白いのです。

ちょっと癖のある漫画が並んでいます。そこで出会ったのがpanpanya先生の漫画ですが、こんな表紙の作品です。

キャプチャ

コアなファンが多い漫画で、最近だと、バーグハンバーグバーグ創業者のシモダさんやGUILDの深津さんも、こんな風に紹介しています。

独特な感性によって描かれる世界観は微熱のときに見る夢に似ていて、懐かしさとカオスが感じられて頭がぼーっとしてきます。他の著書もそうですが、この作品を読んでいると天才による圧倒的なセンスでブン殴られ続ける気持ちよさがあります。
「【43名】ぼくらが、2019年に衝撃・感銘を受けた一冊|中編 | キャリアハック」
不思議ショートショート。よい。この人の作品は、だいたい全部よい。そして言語化が非常に難しい。買えばわかる。
kindle漫画を4000冊ほど買ったので、お正月にオススメの漫画を列挙する

panpanya作品の7つの魅力

そんなpanpanya作品の魅力は、ずばりこの7つ。

①フリーハンドで描かれた味のある絵
②郷愁誘うノスタルジックな世界観
③デフォルメされているが個性豊かなキャラクター
④ちょっとずらしたアイデア・視点の宝庫
⑤謎の食べ物がやたら美味しそう
⑥荒唐無稽だけどなぜか説得力のあるストーリー
⑦タイトル・装丁が新しくてユニーク

---

①フリーハンドで描かれた味のある絵

精密に描かれた背景とデフォルメされた人物像のギャップは、ある種絵画的。そしてトーンをほぼ使われていないので、独特の絵柄が表現されています。書き込みの量が半端ないので腱鞘炎になりそう。

画像2

②郷愁誘うノスタルジックな世界観

多くの作品が、よくある地方の街を舞台に描かれています。

画像6

読みながら「あ…こんな公園あったな…」「こんな道通ったことある」「こんな遊びしてたな」と子どものころを思い出します。

③デフォルメされているが個性豊かなキャラクター

キャラクターは、手塚漫画のスターシステムが取られており、同じキャラクターが何度も登場します。

手塚漫画のスターシステムとは
マンガの登場人物をさながら映画俳優のように扱う、ということです。つまりひとりの役者がいろいろな役を演じるように、ひとつのキャラクターがいろいろな役に扮してマンガを演じている、ということです。
スターシステム|キャラクター|手塚治虫 TEZUKA OSAMU OFFICIALより

主な登場人物は、おかっぱ頭の少女・友人の少女・犬(もしくは犬が頭の人間)・イルカ(もしくはイルカが頭の人間)・レモンの端を切ったような奇妙な頭部の人、の5人(匹?)。

画像3

書き込まれた背景と対照的に、キャラクターは極端なほどデフォルメされています。話は違っても、共通する性格やキャラ特性があり、読めば読むほど、読み応えが出てきます。新しい作品を読んだ後、古い作品を読み直すと、発見があり、何度でも読める面白さがここに。

④ちょっとずらしたアイデア・視点の宝庫

多くの作品が、日常に地続きの「謎」「違和感」が種になって、膨らんでいきます。それは言ってみれば、日常に地続きの、共感を得られやすいアイデアや視点の宝庫でもあります。

画像7

・訳なし物件(訳もなく安い物件)
・海閉じ(海開きの逆)
・新物館(日々新しく生まれ変わる世界の姿を展示した博物館)

なんてことない出来事を逆にしてみたり、普通にしてみたりするだけで、こんなにユニークな話が生まれると思うと、世の中にはアイデアが溢れてるなと思います。海閉じ、やりたい。

⑤謎の食べ物がやたら美味しそう

この記事を書く上で、全作品を読み返してみて、食べ物が多く出てくることに気が付きました。そして、それが想像つかない味で、やたら美味しそう。好奇心をそそります。

画像8

・グヤバノ(マンゴーに似たフィリピンの謎の果実)
・明鍋(初心者向けの明るい闇鍋)
・ニューフィッシュ(プランクトンで作られた煮凝りに似た完全食)

⑥荒唐無稽だけどなぜか説得力のあるストーリー

・逃げられてしまった金魚の代わりを探しに行ったら、縁日の屋台が祭りのない日に営業している場所「屋台の巣」を訪れることになった
・いつもぬるい自動販売機を自由研究で観察していたら、実は動物が動かしている自動販売機だった
・パイナップルがどう実っているかを探すうちに「パイナップル男」という謎の人物に出会う

画像9

荒唐無稽だけど説得力のある展開。「ありそー」と何度も納得させられてしまうストーリーテリングの妙。想像力を養うにもぴったりだと思いますので、お子さんをお持ちのお父さんお母さんは、ぜひ買ってあげてください。

⑦タイトル・装丁が新しくてユニーク

青山ブックセンターで手に取ったきっかけは、その変わったタイトルと装丁、そして意味ありげな帯コピーでした。

タイトル
・二匹目の金魚
・動物たち
・蟹に誘われて
・グヤバノ・ホリデー
・枕魚
・足摺り水族館

画像10

漫画というより画集に近い雰囲気で、どことなく水木しげる作品に通じる怪しさやおどろおどろしい魅力があります。タイトルを見ただけで読みたくなりました。

おすすめの話のあらすじと感想を17本紹介!

panpanya作品はショートショート形式がほとんど。1冊の本に、複数の短編でまとめられています。そんなpanpanya作品の全6作から、おすすめの話のあらすじと感想を17本(!)紹介します。

『足摺り水族館』からのおすすめ

(帯コピー)見捨てられたもの 忘れられたもの 新しすぎたもの

1:「完全商店街」

母親のおつかいを頼まれたが、ロシア語に似た謎の言語で書かれた品の正体を分からない。その謎を探すうちに「おつかいに困った子どもが行く、あらゆるものが並び手に入る商店街【完全商店街】」の存在を知る。

「何かを探しているうちに得体の知れない場所にたどり着く」というのはpanpanya作品のテンプレ。「どこかにありそう」という怪しげな雰囲気は異国を旅しているような気持ちになります。

2:「新しい世界」

自由研究のネタを探して近所をうろついていると「新物館」というへんなたてものを見つける。

「新しい風景」「新しい鳥」「新しい人々」「新しいひらがな」など、新しいものが次々と登場します。「新しいとは?」を考えさせられます。新しいひらがなを作るワークショップはやってみたい!

『枕魚』からのおすすめ

(帯コピー)どこかで見た どこにもない風景。

3:「地下行脚」

新宿地下で売っている変わったピザまんを探す依頼が入る。案内役のイルカに連れられて怪しい新宿地下街を訪れることに…。

シャッターだらけの怪しい新宿地下街を案内する、すっとぼけた顔のイルカのシュールさ。水木しげる作品に通じる、異世界感のあるトーンに引き込まれます。

画像4

4:「ニューフィッシュ」

鶴見漁港で魚が捕れなくなり、代わりにニューフィッシュと呼ばれる魚の形をしたゼリーのような気味の悪いものが捕れるようになる。ニューフィッシュとは何なのか?どこから来たのか??

冒険譚でもあり、プロジェクトX的なドキュメンタリー作品でもあります。この話、何度読んでもニューフィッシュ鍋を食べてみたくなります。アジ先輩の入ったセブンプレミアム弁当も旨そう。

5:「枕魚」

新しい枕を探していたところ「マクラウオ」という謎の枕を勧められる。そこでマクラウオの生産地である鹿児島県枕崎市を訪れた。

マクラウオという架空の魚を追い求めるレポ漫画です。ジモコロとかに載ってそうだなと思いました。貴族や大名も愛用したマクラウオ使ってみたい、と寝るたびに思い返す話です。

『動物たち』からのおすすめ

(帯コピー)「動く物」という漠然とした呼称。それでも彼らは生きていく。

6:「ついてない日の過ごし方」

その日、おひつじ座は上半期最悪の運勢。ラッキーアイテムのフリスビーを手に入れるために町に出たところ、同じ境遇の最悪の運勢の人たちに出会う。

panpanya作品は「散歩譚」が多いのも特徴です。なんでもない普通の日がちょっとした視点でスリリングに過ごすのも、休日の魅力的な過ごし方。

7.「引っ越し先さがし」

不動産屋と格安の引っ越し先を探していると、次々とおかしな物件を紹介されることに。

引っ越しの日の小さな寂しさ。毎日通った道の穴ぼこの些細な思い出。「引っ越し」テーマの数ページの話のうちの1つ。確かに「訳アリ物件」も怖いけど、ここで出てくるような「訳なし物件」も怖いよなと思います。

8.「狢」

怪我をした狢を助けたところ、狢が恩返しにどんぐりを毎日持ってくることに。どんぐりの使い道に困ったので、それでパンを作ってみたところ、思わぬ展開が。

童話であるような動物恩返しの話。panpanya作品の食べ物で食べてみたくなるトップ3のどんぐりパンが登場します。狢の可愛さ、どんぐりパンの魅力よ…。ちょっと切ない終わり方ですが「恩返しがなべて喜ばしいものであるとは限らない。しかし喜ばしくない恩返しがみな嬉しくないというわけでもないのである」は名言。

『蟹に誘われて』からのおすすめ

(帯コピー)いずれが幻なのか この世か、あの世か、

9:「innovation」

発電所で流れてくるココナッツを棒で割るアルバイトをしている。そのココナッツが発電の鍵となっているらしい。

荒唐無稽だけど、不思議と納得させられるショートショート。工場の機械・働くひとびと・流れるココナッツに妙な迫力があり、なんとなく暇つぶしに読んでしまう話の第1位。

10:「方彷の呆」

電車から慌てて降りたら見知らぬ駅だった。真昼間にもかかわらず終電はもう出てしまったらしい。家に帰る方法を探すために駅前商店街を探索することにした。

水木しげるテイストの話で、個人的にかなり好きです。知らぬ町を探索する恐怖。「バス停などない」という貼り紙は、実際見たら、かなりぎょっとすると思います。

11:「THE PERFECT SUNDAY」

いまだかつてない体験したことのない最高の日曜日を過ごすため、一日使った連休の準備をする話。

旅行は、準備が一番楽しい。そんなワクワク感を楽しめる話。そして休みが終わったときの絶望感。ちょうど年末年始にぜひ読んでみてほしい話ですう。散歩の下見も楽しそう。目的なく、ぶらぶらするのが本当の散歩だなと思います。

『二匹目の金魚』からのおすすめ

(帯コピー)「取り返しのつかない事」を、取り返しに行きました。

12:「メロディ」

夕方になると町に流れる音楽。ふと気になって役所に聞いてみたところ、誰が流しているか分からないらしい。気になった2人は、どこからその音楽が流れてきたか調べてみることにした。

夕方になると聞こえてくる、あの懐かしい音楽。その裏側には、本当にこんなことあるかもな…と思わせるpanpanya作品の真骨頂、郷愁と仄かなミステリーを味わえる話。

13:「かくれんぼの心得」

駅前のカルチャースクールで「かくれんぼ講座」が開かれることに。そこで学んだかくれんぼの秘訣とは…。

かくれんぼへの造詣を深く感じられる話。子ども時代の思い出+戦略的発想を学べます。いま自分だったらどう隠れるか?を色々想像すると楽しくなります。素探し(かくれんぼの素振り)はちょっとやりたい。

14:「二匹目の金魚」

生き物係として世話していた金魚が逃げてしまった。逃げてしまった金魚の代わりを見つけるため、祭りのない日に屋台が営業している「屋台の巣」を訪れることに。

これもまた「なにかを探すうちに奇妙な場所にたどり着く」panpanya作品のテンプレ話。「祭りのない日の屋台はどうしているのか?」という小さな疑問に、こういうきっかけで、色々妄想するのはアイデア出しの訓練にもなります。「ありそう」と思わせる設定と世界観が面白い。

『グヤバノ・ホリデー』からのおすすめ

(帯コピー)「あるはずだ」と信じたそれは、ありました。有り難いことです。

15:「いんちき日記術」

宿題の絵日記を書くネタがなく困ったので、空想で町を散歩したことを日記に書くことにした。

町を想像で描こうとすると、普段自覚していたより、あいまいに捉えていたことに気が付きます。過去行ったことのある場所を思い出しながら、架空の旅行記を書いてみるのもやってみたいと思いました。なんでもない日常、なんてことない近所がコンテンツになります。読むと無性に散歩に出たくなる話の1つです。

16:「グヤバノ・ホリデー」

アメ横の地下食品街で出会ったグアバノジュース。その味に惹かれ、生のグヤバノを求めてフィリピンへ飛ぶ。

珍しくノンフィクションと思われる旅行記。グヤバノとバロットをめっちゃ食べてみたく。実益的な旅行記として読んでも面白いし、独特の絵柄で描かれるフィリピンを想像するのも楽しい話です。

17:「芋蔓ワンダーランド」

さつま芋を芋蔓式に掘っていくと、芋がどこまでも続いていく。畑の下を抜け、住宅街を出て、通りを抜け、芋蔓はどこまで続いていく?

宝探し感があってワクワクして、楽しかった芋掘りの子ども時代を思い出す話。地熱で焼けた焼き芋は夢があります。これも食べてみたいものの1つ。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!あなたはどの話を読んでみたくなりましたか?どの話が好きですか?感想お待ちしています!

以上、青山ブックセンターで出会ったpanpanya作品についての紹介でした!

📚「#ABCで出会った本」の企画について

❶タグ付きでABCで出会った本についてnoteに投稿
❷ABCの公式マガジンに登録します

ABC好きの皆様もぜひお気軽にご参加ください!

↓twitterもやっています。本のことはあまりつぶやきませんが、マーケティングや青山ブックセンターの情報をつぶやいたりします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!ぜひ、また読んでください📗
15
仕事は、ローカルビジネスや地方創生のサイト改善/BtoBサイト運用/Googleマイビジネス/WEB広告など。ウェブマーケティングや記事感想のつぶやきが多いです。Web解析士と温泉ソムリエの二足のワラジのサウナ好き。人のnoteやSEOもお手伝いしたりすることも。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。