harmo株式会社

harmo株式会社は、個々人の医療・健康情報を個人や家族が活用可能な「harmoおくす…

harmo株式会社

harmo株式会社は、個々人の医療・健康情報を個人や家族が活用可能な「harmoおくすり手帳」「harmoワクチンケア」を基軸としたサービスを展開しています。HPはこちら→ https://www.harmo.biz/

マガジン

  • harmoユーザー体験談

    あなたの健康管理を、もっとシンプルに。harmoはどなたでも無料でご利用いただけるお薬手帳アプリです。カンタンにお薬の管理が可能。harmoをご利用いただいている方の事例をもとにご紹介します。ぜひご覧ください!https://www.harmo.biz/okusuritecho/customer/

  • harmo薬局の体験談

    「harmo」は薬局向けのシステムもあり、患者さんがharmoアプリを利用することで、その情報を薬局の端末で閲覧可能です。harmoが導入されている薬局の事例をご紹介します。薬局内でどのようにharmoを利用されているかぜひご覧ください!

  • harmoワクチンケア

    予防接種管理アプリ「harmoワクチンケア」は、予防接種の接種間違いを未然に防ぐために、簡単にワクチン接種情報を記録・管理できます。さらに、接種間違い防止や長期的な個人へのアフターフォローが可能です。(アプリの詳細はこちらをご覧ください→ https://www.harmo.biz/vaccine-care) 本ページでは、インタビューや事例紹介などharmoワクチンケアに関する様々な情報を発信していきます。

  • harmoおくすり手帳

    電子お薬手帳を基盤とした、健康管理が可能なPHR(パーソナルヘルスレコード)システムです。患者様自身で服薬情報を簡単・確実に一元管理でき、それを医療関係者と共有が可能。(詳細はコチラ→https://www.harmo.biz/okusuritecho)

  • 生きるを照らす

    患者さまの声を聴くメディア「生きるを照らす」を新設しました。harmoは、薬で悩んでいる患者さまが、少しでもより良い生活を送れるようにしたいと思っています。十人十色の患者さまの声を聴き、寄り添いう温かいメディアです。ご協力いただける、声を聴かせていただける患者さまは、ぜひお問い合わせください♪https://cmicharmo.my.salesforce-sites.com/personal_inquiry_input

最近の記事

harmo株式会社、慶應義塾大学とのPHR活用による「薬を大きくて飲みづらいと感じる」患者の予測モデル構築に関する研究論文が医学雑誌「Journal of Medical Internet Research」に掲載

シミックホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO 中村 和男)のグループ会社であるharmo株式会社(本社:東京都港区、代表取締役Co-CEO 石島 知、山東 崇紀、内上 昌裕)は、慶應義塾大学薬学部 医薬品情報学講座(所在地:東京都港区、教授 堀 里子)との共同研究による論文『電子お薬手帳を基盤としたPHR活用による「薬を大きくて飲みづらいと感じる」患者の予測モデル構築』が、医学雑誌「Journal of Medical Internet Researc

    • 【プレスリリース】71.6%が実感!harmoで薬剤師との距離がもっと縮まる

      神戸市、神戸市薬剤師会、harmoが「かかりつけ薬剤師」普及のための調査結果を発表 健康な社会の実現を目指すシミックホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO 中村 和男、以下、シミック)のグループ会社で、医療情報の電子化促進を目指すharmo株式会社(本社:東京都港区、代表取締役Co-CEO 石島 知、山東 崇紀、内上 昌裕)は神戸市、神戸市薬剤師会と、神戸市による令和5年 BeSmartKOBE プロジェクト(*1)の一環として、市民が薬剤師に気軽に相

      • 【イベント】ブース出展と講演 「運輸安全・物流DX EXPO2024」5月29日(水)~31日(金)東京ビッグサイトにて

        2024年5月29日(水)~31日(金)に東京ビッグサイトで実施される「運輸安全・物流DX EXPO2024」にてブース出展・講演を行います。 1. ブース出展について ・会場 小間番号:T-10 ・紹介内容: ~製薬関連企業が本気で作る新サービス~ 『負担ゼロ!従業員と経営者のための新しい健康経営サービス』 私たちharmo(ハルモ)株式会社は電子版お薬手帳「harmoおくすり手帳」を活用した患者さんの服薬管理や健康支援サービスを行っています。 2023年11月より

        • 薬局での出会いがきっかけに。スマホでお薬データがいつでも見れる安心感

          こんにちは!harmoおくすり手帳のカスタマーサクセスチームです。 harmoアプリを運営しているharmo株式会社では、Valueの1つに「ユーザー体験から考えよう」があります。まだまだ未熟なサービスではありますが、日々皆さんからいただくご意見を真摯に受け止めて、ユーザー体験を中心にサービスを改善しています。 今回は、北川 稔さん(仮名・76歳)にお話をお伺いしました。 北川さんは、奥さんと一緒に滋賀県にお住まいで、harmoアプリをご活用されています。かつてはシステム

        harmo株式会社、慶應義塾大学とのPHR活用による「薬を大きくて飲みづらいと感じる」患者の予測モデル構築に関する研究論文が医学雑誌「Journal of Medical Internet Research」に掲載

        • 【プレスリリース】71.6%が実感!harmoで薬剤師との距離がもっと縮まる

        • 【イベント】ブース出展と講演 「運輸安全・物流DX EXPO2024」5月29日(水)~31日(金)東京ビッグサイトにて

        • 薬局での出会いがきっかけに。スマホでお薬データがいつでも見れる安心感

        マガジン

        • harmoユーザー体験談
          5本
        • harmo薬局の体験談
          3本
        • harmoワクチンケア
          20本
        • harmoおくすり手帳
          10本
        • 生きるを照らす
          12本
        • harmo株式会社
          26本

        記事

          定期接種:ワクチン関連情報について

          当社が提供しております予防接種管理アプリ「harmoワクチンケア」は、厚生労働省の発表に基づき、2024年4月1日付けで変更された下記2点に対応いたしました。 1. 15価肺炎球菌ワクチンが、小児の定期予防接種に加わりました 2024年4月1日より、15価肺炎球菌ワクチンが小児肺炎球菌ワクチンの定期接種として公費で受けられるようになりました。 小児肺炎球菌ワクチンは、肺炎や中耳炎、髄膜炎などの重い合併症を起こす肺炎球菌の感染を防ぐ効果があります。 従来、小児の定期接種と

          定期接種:ワクチン関連情報について

          ユーザーアプリのデザインを一新しました

          いつも「予防接種管理アプリharmoワクチンケア」をご利用いただきありがとうございます。 この度、一般ユーザー向けアプリのデザインをリニューアルいたしました。 この機会に、ぜひharmoワクチンケアアプリをご利用ください! ▼アプリのインストールはこちら 今後も、予防接種管理に役立つアプリを目指して、改善に取り組んでまいります。

          ユーザーアプリのデザインを一新しました

          \子育て中のママ・パパ必見/過去の通院やお薬の振り返りはharmoアプリを活用

          こんにちは!harmoのカスタマーサクセスチームです。 harmoアプリを運営しているharmo株式会社では、Valueの1つに「ユーザー体験から考えよう」があります。まだまだ未熟なサービスではありますが、日々皆さんからいただくご意見を真摯に受け止めて、ユーザー体験を中心にサービスを改善しています。 今回は柚木千尋さん(仮名・33歳)にお話をお伺いしました。柚木さんは、旦那さん・2人のお子さんと共に神奈川県にお住まいです。harmoアプリは、主にお子さんのお薬記録として利

          \子育て中のママ・パパ必見/過去の通院やお薬の振り返りはharmoアプリを活用

          あい薬局で医療DXの説明会を開催しました!

          2024年4月12日(金)にharmo株式会社は神奈川県県央地区で地域密着の調剤薬局を展開するあい薬局で、「医療DXについて」の勉強会を開催しました。勉強会は平日の午後の時間にもかかわらず、あい薬局 全4店舗のスタッフ11名にご参加いただきました。 こちらの薬局は国が推進している医療DXを薬局としても取り組みはじめており、オンライン資格確認や電子処方箋の実装にむけて準備を進めている中で、今回、新たにharmoシステムを導入することとなり、電子お薬手帳についても理解を深めつつ、

          あい薬局で医療DXの説明会を開催しました!

          血圧のお薬管理から検査結果の記録まで!生活にとけこむharmoアプリ活用術

          こんにちは!harmoおくすり手帳のカスタマーサクセスチームです。 harmoおくすり手帳を運営しているharmo株式会社では、Valueの1つに「ユーザー体験から考えよう」があります。まだまだ未熟なサービスではありますが、日々皆さんからいただくご意見を真摯に受け止めて、ユーザー体験を中心にサービスを改善しています。 今回は坂井澄子さん(仮名・65歳)にお話をお伺いしました。坂井さんは高血圧で定期的に通院しており、毎日飲むお薬をharmoおくすり手帳アプリで管理しています

          血圧のお薬管理から検査結果の記録まで!生活にとけこむharmoアプリ活用術

          PHRの活用から生まれる心の通ったコミュニケーション | 滋賀県 みのり薬局 村杉 紀明先生

          インタビュー実施日:2022年8月30日 2014年より県をあげてharmoおくすり手帳の導入を推進してくださっている村杉紀明先生にお話を伺いました。患者さんの思いに応えコミュニケーションをする中で大切にしていること、薬剤師の役割や医療DX、harmoに期待することについてお話をいただきました。ぜひご一読ください。 患者さんとのコミュニケーションで大切にしていること―――患者さんとのコミュニケーションで大切にされていることはなんですか? 患者さんの思いに応えることにこだ

          PHRの活用から生まれる心の通ったコミュニケーション | 滋賀県 みのり薬局 村杉 紀明先生

          【harmo(ハルモ)ワクチンケアの特長】二次元コードで情報転送する仕組みを解説

          今回は、harmoワクチンケアで取り組んでいる技術のである「二次元コードによる情報転送技術」について、福士岳歩にインタビューしました。どのような技術か、その背景も含めて解説していただきました。 ―――現在開発している技術について教えてください。また、開発した背景や課題はなんでしょうか。 harmoワクチンケアでは、患者さんの情報を医療機関の電子カルテシステムに転送する技術を開発しています。この技術を開発した背景には、いくつかの課題がありました。 ・記録の転記が手作業 ワ

          【harmo(ハルモ)ワクチンケアの特長】二次元コードで情報転送する仕組みを解説

          忘れがちだったお薬手帳。家族での会話をきっかけにharmoアプリへ

          こんにちは。harmoおくすり手帳のカスタマーサクセスチームです! harmoおくすり手帳を運営しているharmo株式会社では、Valueの1つに「ユーザー体験から考えよう」があります。まだまだ未熟なサービスではありますが、日々皆さんからいただくご意見を真摯に受け止めて、ユーザー体験を中心にサービスを改善しています。 さてこの度、harmoおくすり手帳スマートフォンアプリ(以下harmoおくすり手帳アプリ)のユーザー様からアプリをどのようにご利用しているか伺いました。

          忘れがちだったお薬手帳。家族での会話をきっかけにharmoアプリへ

          紙と電子の二刀流。治療と向き合い、お薬手帳で健康を管理

          こんにちは。harmoおくすり手帳のカスタマーサクセスチームです! 現在、harmoおくすり手帳スマートフォンアプリ(以下harmoおくすり手帳アプリ)のユーザー様からアプリをどのようにご利用しているか伺いました。 harmoおくすり手帳を知ったきっかけや、アプリにしてみて変わったこと、普段どのように活用されているかをお伺いしております。これからharmoでお薬を管理してみようかな…と考えている方はぜひご一読ください! 今回は星子伸一さん(74歳)にお話をお伺いしました

          紙と電子の二刀流。治療と向き合い、お薬手帳で健康を管理

          社内イベント【オープンラボ】を実施しました

          2024年3月11日(月)にシミックグループの社員限定イベントとして「オープンラボ」を実施しました。オープンラボは、CCO Lab.の取り組みをシミックグループの社員により理解していただくことを目的として実施しました。 ① CCO Lab.についての説明会 イベントの冒頭は、CCO Lab.所長福士さんからCCO Lab.のミッション「将来のシミックグループに役立つ技術の種を作る」ことやCCO Lab.の取り組みなどを説明し、メンバーの浪川さんからはharmoワクチン

          社内イベント【オープンラボ】を実施しました

          【薬局導入インタビュー】株式会社クスリのサンロード『harmoは患者さんと医療従事者をつなぐ連絡帳』

          医療業界では医療のデジタル(DX)化は避けられない大きな流れとなっています。「おくすり手帳」においても同様で、薬剤管理における医療DXは急速に進んでいます。 harmoでは、患者さん向けのアプリ「harmoおくすり手帳」と医療機関(薬局・病院・クリニックなど)向けのシステムを展開しています。アプリを利用すると患者さんが自分の使用している薬剤の情報を見ることができたり、患者さんのご家族にも処方状況や薬剤情報を共有することができます。 この度、山梨県・長野県で多数の店舗を展開

          【薬局導入インタビュー】株式会社クスリのサンロード『harmoは患者さんと医療従事者をつなぐ連絡帳』

          【患者さんの声】学生時代から続く「食べる」苦しみ。見失った「生きる意味」

          人生の楽しみが苦痛に変わったら。 もしも毎日の「食す」という行為を苦痛に感じるようになったら、生活にはどのように影響するのでしょうか。 今回お話いただいたのは「食べることが負担」だという小野 弘樹(仮)さん。 毎日薬を5錠飲みながら、ビルメンテナンス会社に勤務する52歳男性です。 精神疾患を発症してから食べることに対して不安を感じてしまうようになりました。精神疾患が発症したきっかけや経緯、薬と共に生きることについて、これまでの人生を振り返りながらお話しいただきました。

          【患者さんの声】学生時代から続く「食べる」苦しみ。見失った「生きる意味」