見出し画像

キャリアカウンセリングってどんな人が受けてるの?

私は2013年にキャリアコンサルタントの資格を取りました。今年は2023年。丸10年になりますが、自分ではそんなに経ったという実感はありません。まだまだ成長段階。5年目くらい?という感覚です。笑

10年経って思うのは、「キャリアコンサルタント」「キャリアカウンセリグ」の認知度が上がってきたということです。

例えば、私は個人の方のキャリアカウンセリングを行っていますが、申し込んだ方に、キャリアコンサルタントという職業を知っていたかお尋ねすると、「会社にキャリアコンサルタントがいる」「知り合いが資格を持っている」と話す人が増えてきました。

身近にそういう人がいれば、何かあったとき相談してみようと行動に移しやすいと思うのですが、知らない人にとっては、キャリアカウンセリングを受ける、お金を払って相談することは、敷居が高いことなのだろうと思います。

そこで、少しでも敷居が低くなればいいなと、「どんな人がキャリアカウンセリングを受けているか」、これまで私が受けた相談内容を簡単にご紹介したいと思います。

例えば、
・転職しようかどうしようか悩んでいる
・転職したいが、やりたいことがわからない
・自分なりに転職活動をやっているが上手くいかない
・転職エージェントではない第三者に話を聞きたい
・新しいことにチャレンジしたいけど自分に何ができるかわからない
・今すぐ転職ではないが、いざという時のために方向性を考えておきたい
・書類選考がなかなか受からない
・面接で何をアピールすればよいか
・内定をもらったが、本当にこの会社で良いか迷っている
・モヤモヤを誰かに聞いてほしい
・考えを整理するため壁打ちしたい など。

応募書類や面接といった具体的な相談もあれば、「なんだかよくわからないけどモヤモヤを聞いてほしい」と漠然とした話から始まることもあります。さらに、転職エージェントを利用している人もいれば、自分で転職活動を進めてきた人など本当に様々。年齢も20代~40代の方と幅広いです。

「そんな多種多様な相談に対応できるの?」と思われるかもしれませんが、難しいことだとは思っていません。

なぜかというと、答えは相談者の中にあるから

私の役割は、その答えを見つけやすくするため、こんがらがった紐を少しずつ解いて整理していくこと。なので、どんな相談でも私がやることは同じなんです。

キャリアカウンセリングについて一人でも多くの人に知ってもらえるよう、これからも発信を続けます!



◇◇◇

「キャリアカウンセリングを受けてみたい」という方はHPをどうぞ>>>ハッピーキャリアLab.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
石松衣美|自分らしく生きる実践中|キャリアコンサルタント

いただいたサポートは、より役立つ情報をお届けできるようキャリア・対人支援の学びに使わせてもらいます!