石松衣美|自分らしく生きるを体現する人でありたい|キャリアコンサルタント
「転職するかどうしようか」少しずつ一歩ずつゆっくり進んでいけばいい。
見出し画像

「転職するかどうしようか」少しずつ一歩ずつゆっくり進んでいけばいい。

「キャリアの悩みを解決する13のシンプルな方法」という言葉に吸い寄せられ購入。

さらに、著者 田中研之輔先生の出版記念Zoomセミナーが開催されるという情報をたまたま見つけ、これは何かの縁だと参加しました。

「キャリアに悩むから、キャリアを考える文化にしたい」セミナー冒頭の田中先生の言葉に、「なるほど~!文化か~!」と自分では考えたことがなかった発想にワクワク。

「文化になる」とは、それが当たり前になるということ。

常日頃からキャリアについて考え、自分のキャリアを主体的に創り上げていく。そんな世の中が実現すれば、皆が自分らしくいきいきと生きていけるだろうなぁとイメージが膨らみました。

本はというと、人事異動をきっかけに転職するかどうしようか悩む会社員の物語を主軸に、その解決法となるワーク、プロティアンキャリアの実践法が紹介されてます。

「転職するかこのまま働き続けるか」と考えている人はもちろん、「差し迫ってはないけど、将来に向けて一度考えておきたい」という方に最適な指南書だと思います。

主人公が一歩踏み出しては立ち止まり、新たな壁にぶつかって気持ちが下がったりを繰り返しながら、少しずつ進んでいく様子に、

キャリアコンサルタントの仕事は、この小さな歩みに寄り添っていくことなんだよなぁと、クライエントと関わる基本姿勢をあらためて考えることができました。

読みやすくてあっという間に読んでしまいました。お盆に読もうと思っていたのに。お盆はどうしましょ〜、笑。



◇◇◇

「これからの仕事・働き方を考えたい」という方にキャリアカウンセリングを行っています。詳しくはこちらをどうぞ>>>ハッピーキャリアLab.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
石松衣美|自分らしく生きるを体現する人でありたい|キャリアコンサルタント
私立大学職員20年→フリーランス。キャリアコンサルタントが綴る自分らしい生き方・働き方を叶えるためのヒント。就職/転職サポートの現場で感じること。