見出し画像

ハッピーアースデイ大阪2020からハッピーアースデイ大阪2021へ

ハッピーアースデイ大阪2020は中止になってしまい、私たち実行委員は来年のハッピーアースデイ大阪2021に向けて動き出しました。

今回は、2021に向けての発信をバシバシしていく前にハッピーアースデイ大阪2020を支えてきた各チームリーダーと学生事務局長にメッセージをいただきました。(サムネは昨年のリーダー決定時の写真です)

・あなたにとってハッピーアースデイ大阪は???
・ハッピーアースデイ大阪2020の1年間を振り返って
の2点お聞きしました!

ハッピーアースデイ大阪を1年間支えてきた彼らのメッセージをどうぞ!

企画チームリーダー 前田天音

【やりたいことが増えていく場所】
どんなに形になった企画でも、メンバーと相談する中で「もっとこうしたい!」と、どんどんやりたいことが増えていきます。
新しい知識や考え方はもちろん、そこからやりたいことも見つけられる場所がハッピーアースデイ大阪だと思っています。
他のメンバーや来場者さんにとっても、そんな場所になればとても嬉しいです!

○振り返り
今年は企画を考える際、本や映画を見たり、実際の場所を見に行ったり、みんなが問題をより深く知ろうとしていました。
私自身も海洋問題について取り組んでいる方とお話しし、その度に新しい想いを持ちました。そしてそれを実行委員メンバーと共有するのがとても楽しかったです。
1つの問題に対しての色んな考え方を知る1年になりました☺️

広報チームリーダー 前園将吾

【風通しがよく、やってみようと思える場所】
自分がリーダーになって感じたのが、何事もまずはやってみて、それを全力でサポートしてくれる社会人がいるということです。
新しい試みを行う際に、「これいいやん。やってみよう」ということが今年だけでも沢山ありました。
やるときはやる、遊ぶときは遊ぶ。なぁなぁにならずメリハリが凄くあって一人一人の意見を尊重して伸ばしてくれるのがハッピーアースデイ大阪の良さだと感じています。

○振り返り
前からの流れでリーダーを任されたのは良かったものの、自分のモチベーションが中々上がらなくて色々な人に迷惑をかけてしまった1年でした。
と、同時に、社会人や先輩方、同期の人たち、後輩のみんなに支えられながらやってこれた1年だったかなと思っています。
特に広報チームの皆さんには、感謝してもしきれません。ありがとうございました。
2020は中止という残念な結果になってしまいましたが、次の広報リーダーを中心にもっとハッピーアースデイ大阪の広報が活発になっていくと思うとすごく楽しみです。乞うご期待です(笑)。

出店チームリーダー 天納明日香

【優しさがあふれる場所】
「環境のために活動するボランティアなんて楽しいの?」と友達に言われたことがあり、環境に興味がない人にはまだまだ発信し続けないといけないなと思いました。でも、私たちにできることを考えて、様々な視点から地球のために活動する人たちが集まっているこの場所は優しさにあふれているし、この場所で活動できることを誇りに思います。

〇振り返り
今年は東京や宮崎からも出店応募をしていただき、関西圏だけではなく全国にハッピーアースデイ大阪が広がっていることを感じました。ミーティングでは「出店者さんのこだわり看板をもっと見てもらうには?」「マイ食器の持参率をあげるには?」など、来場者さんの意識を変えるためにも色々話し合ってきました。話し合ってきたことが次の開催には活かせるようにしたいです。またイベントやマルシェに行ける日々が戻ってくることを楽しみに待っています!

協働チームリーダー 清水美里

【自分の居場所】
大学4年間実行委員、内3年は事務局をさせてもらって、大学生活を語る上で欠かせない時間をハッピーアースデイ大阪と過ごした。
書ききれない色んな意味で自分を成長させてくれる場所。大家族のような実行委員がいる場所。

〇振り返り
協働チームは今年新しくできたチームで試行錯誤しながらの活動だったが、これまで以上に多くの団体・企業さんと関わらせていただく機会を持てた。またその機会を持つことで、知識含めハッピーアースデイ大阪が今後担うべき役割が明確になった。

協賛チームリーダー 日野皓友

【経験の場】
僕にとってハッピーアースデイ大阪は多くのことをできる場だと思います。いろいろなチームがあり、いろいろな目的があり、いろいろな人と関わることができ...いい経験ができました。

〇振り返り
いろいろとご迷惑をお掛けすることもありましたが、周りの人たちにたくさん助けてもらいながら1年を過ごせました。
本当にみんなには感謝です!

そして最後は…

学生事務局長 小島潤也

【幸せを感じられる居場所】
実行委員や関わってくれている人の笑顔を見たり、想いを聞いたりしていると、自然にこっちも笑顔になったり、想いが溢れたりします。そういう時が幸せだと感じ、自分の大切な居場所になっています。

〇振り返り
今年度は10周年ということもあり、色々なことに挑戦してきました。もちろんイベントを開催できなかったことは悔しいですが、1年間の活動はイベントへの準備ではなく、ひとつひとつに意味があると感じています。2021年度は新しいスタート地点です。ハッピーアースデイ大阪の可能性はまだまだあるので、前向きに実行委員みんなで進んでいきたいと思います。

.......

ハッピーアースデイ大阪2020は中止になってしまい悔しい想いはありますが、様々なことに挑戦してきた1年間は無駄ではありません。

1年の経験を活かして来年のハッピーアースデイ大阪2021更によりよいものにできるように実行委員一同前に進んでいきます。

今年度も暖かく見守っていただければ幸いです。

#ブログ #コラム #アースデイ #ハッピーアースデイ大阪 #環境 #イベント

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
日本初学生主体のアースデイ。毎年3月末に開催する、地球のことを楽しく考えるイベント。最高来場者数は24000人。今年度で10周年のイベントです。 ホームページ→ http://www.happy-earthday-osaka.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。