長濱シルクプロジェクト

「長濱シルクプロジェクト」は、滋賀県長浜市を舞台に、長浜を代表する伝統産業「浜ちりめん」と「輪奈ビロード」を題材として、絹織物の機屋さん、機屋さんとタッグを組むパートナー専門家、事務局を担う長浜商工会議所などが協働して実施するプロジェクトです。

「これまで」を「これから」に繋げる:長濱シルク2019年度の総括

琵琶湖の北東、長浜市を代表する伝統産業「浜ちりめん」と「輪奈ビロード」を題材として、絹織物の機屋さん、タッグを組むパートナー専門家、事務局を担う長浜商工会議所な…

長濱シルクの未来に向かって

いよいよSOZAI展(東京インターナショナルギフトショーLIFE&DESIGN)へ! 「“技術と素材”を提案し、新たな流通へとつなげる見本市」に「THE 白生地産地 長濱シルク」とし…

湖のそばで

「浜縮緬工業協同組合」、通称「浜工」。 今回のプロジェクトに関わる3事業者や長浜市内の白生地製造業者、全12社でつくる組織で、白生地製造の最終工程である精練、そし…

ギフトショーに向けて

吉正織物工場×福川登紀子=ユニセックスブルゾン(広幅化) 南久ちりめん×岡田倫子=デニム生地(交織化) タケツネ×仕立屋=ベビーアイテム 3つのチームがそれぞれに…

タケツネ×仕立屋と職人の歩み その①

浜シルク活用プロジェクトに関わる3事業者の3番目がいよいよ登場。 これまで沈黙していたチームがいよいよ走り出しました! トップ画像 仕立屋と職人のワタナベユカリさ…

2チームの試作品のゆくえ

吉正織物工場× 福川登紀子(Fukulier)チームによる「広幅」化。 南久ちりめん×岡田倫子(滋賀東北部工業技術研究所)による「交織」化。 前へ進み始めた各チームのプロ…