haLuna(作詞家)

もの書き。本業は歌うたい、と言い張る(仕事になっているのは作詞)。文字と音が好きなので、音楽と校閲ウーマンとライターやってます。万年筆。うさぎ。石。もふもふと生きたい。
固定された記事

ぼくたちはかなしみのままで

 不安を緩和するクスリはあっても、  かなしみを取り去るクスリはないんだ。  窓のカーテンのすそから差し込む光をぼうっと眺めながら、ふと、そんなことを思った。 …

あの、驚くべきことに、数ヶ月ぶりにnoteを再開してみたら、下書きがまさに50もあった
さすがに笑う

痛みの多い人生を送って来ました

 久しぶりに、湯船に浸かっていたら、ふと思いついたことがある。  わたしは手応えの感じられないものに、あるいは興味を失ったものに対して「続ける」ことが苦手だ。そ…

また毎日noteしてみよっかな

 最近になるまで、自分はどちらかというと飽き性ではないほうだ、と思っていた。  どちらかというと……どちらかというと……一度ハマるとずっとアホみたいにそれを続け…

書くことが、めちゃくちゃ好きかというとそうではなかったのかもしれない

 と、最近思う。  書くことは呼吸することだと信じていたし、「続けられるかどうか」という一点においては正直、勝算しかないと思いながらnoteをはじめた覚えがある。 …

霹靂⑴

「坂口さん、入院したって。あんた、聞いとる?」  その女子が声を掛けてきたのは、隣にわたしがいる時をわざわざ狙ってのことだったのだろう。  昼休みのベランダは、春…