ohtahajime

同志社大学教授。専門は組織論。個人を重視する組織・社会づくりが研究テーマ。 新刊『「承認欲求」の呪縛』(新潮新書、2019/2)のほか、『「ネコ型」人間の時代』(平凡社新書)、『なぜ日本企業は勝てなくなったのか』(新潮選書)、『個人尊重の組織論』(中公新書)など著書は30冊余。

「空気」に左右される決定に不安

新型コロナウィルス感染者の減少傾向を受けて、政府は緊急事態宣言をいつ解除するかタイミングをうかがっている。ただ政府としては明確な解除の基準を示していない。そこに…

六日のあやめ

いわゆる「10万円給付」にしても、アビガンの承認にしても、なぜこんなに遅いのかとイライラしている人が多いと思う。  新型コロナウィルスによる死者や重症者が毎日増え…

テレワークを機に、管理職の役割見直しを

新型コロナウィルス対策で急速に広がったテレワーク。実施している人に聞いてみると、以前よりも仕事がはかどるという声が多い。一方、上司の側からはマネジメントが難しい…

「集まる自由」奪回のチャンスにも?

外出規制が日を追って厳しくなり、ふだん当たり前のように顔を合わせていた同僚や、井戸端会議のメンバーとも会えずにストレスを感じている人が多いようだ。まして東氏が危…

新型コロナ対策をオフィス改革の契機に

新型コロナウィルスへの対策として、テレワークの導入が急ピッチで進められている。たしかに、それがもっとも効果的な対策であることは間違いない。  しかし、仕事の進め…

「公務員離れ」は時代の潮流 新たなコンセプトづくりを!

国家公務員だけではなく、地方公務員も含め・公務員の離職が顕著に増加している。かつては想像できなかった現象である。  背景にあるものは何か?  財政難による長期的…