業務ハッカー ぎっさん

顧客と直接やりとりし開発を進めるビジネスモデルに興味を持ちソニックガーデンへ入社。「業務改善」の分野で活躍するプログラマとして、業務ハックという手法を広める活動を行なっている。

業務ハッカー ぎっさん

顧客と直接やりとりし開発を進めるビジネスモデルに興味を持ちソニックガーデンへ入社。「業務改善」の分野で活躍するプログラマとして、業務ハックという手法を広める活動を行なっている。

    マガジン

    • 業務ハック × オススメ書籍

      オススメの書籍がさくっと見つかるようにまとめていきます!

    最近の記事

    業務フローが書ける!魔法のカード『マジカ』の紹介

    はじめに「業務フロー図の書き方は何で勉強するのがおすすめですか?」なんてことを質問されることがよくあります。 『業務ハックをすすめるのには、まず現行業務の見える化が必要である。』 「そんなこと分かってるけど、その方法の1つである業務フロー図の作成が難しいんだよ😂 」という気持ちは私もよく分かります。 そんな方に向けて、今までにない見える化の方法について紹介していきます。 業務フロー図を書くのは難しい改めてですが、業務フロー図を書くのって難しいですよね。 書き方を知ら

      • 書籍を執筆しました! 『はじめてのkintone 〜現場のための業務ハック入門』

        2020年8月27日に、ご縁がありまして執筆に携わらせて頂きました『はじめてのkintone 〜現場のための業務ハック入門』が発売となります。 本書はkintoneを活用した業務ハックの進め方について説明しています。小説と解説ページで構成されている点が特徴で、ITツールに苦手意識がある方でも読みやすい内容になっていると思います。 ・業務改善をしたいが、どこから手をつけるべきか迷っている人 ・kintoneでどんなことが出来るのか知りたい人 ・業務改善の進め方について悩んで

        • kintone連携サービス~ 『じぶんフォーム』をリリースしました。

          はじめに2020年6月15日に弊社ソニックガーデンからkintoneと連動したウェブフォームが簡単に作成できるサービス『じぶんフォーム』をリリース致しました。 このnoteではじぶんフォームの特徴の紹介と、じぶんフォーム誕生の経緯について紹介していきます。 ▼ 公式ページ - じぶんフォーム https://www.jibun-apps.jp/form じぶんフォームの特徴 ~ シンプルなフォームじぶんフォームはパーツを並べるだけで簡単にkintoneと連携したWEBフォ

          • 2019年気づいたこと、2020学びたいこと

            この記事はGYOMUハック/業務ハック Advent Calendar 2019の25日目の記事です。 調子に乗って最終日を選んでしましましたが、気負わず好きなことを書きます! はじめにこんにちは。株式会社SonicGardenのぎっさんです。 弊社では『納品のない受託開発』という月額定額での受託開発を行っています。そこで私は業務ハッカーとしてお客様の業務改善に携わっています。 「業務ハッカーを広げたい!業務ハックを学びたい!」との思いから勉強会も開催しています。 今回

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 業務ハック × オススメ書籍
            業務ハッカー ぎっさん

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            kintone連携サービス ~ じぶんページ

            はじめにkintoneを社員だけでなく、お客様や関係者に広めたい!だけど、アカウントの料金が気になる😥 そんな場面で活躍するサービス「じぶんページ」を紹介していこうと思います! じぶんページは弊社ソニックガーデンのサービスではあるのですが、『kintone×じぶんページ 試しに利用してみた』や『<災害で活躍したkintone>被害状況の収集を「じぶんページ」で効率化! 』といったブログで丁寧に説明して頂いており、私の出る幕がない感じですw ですので、このnoteでは基本機

            【2019/07/20(土) @富山】業務ハック勉強会を開催します⭐️ ノンプログラマーによる業務ハック事例や、kintoneエバンジェリストによる開発者のための事例を用意しています!ぜひご参加ください。 https://gyomuhackers.connpass.com/event/135964/

            【kintone】アプリの作成前準備 ~ 設計手順を共有します!

            はじめに私はkintoeのアプリを作成する際、いきなりkintoneの設定を行うのではなくまず設計をしています。 自分なり手順が定まってきたので、今回はその方法を共有していこうと思います! 1:機能の一覧化▼ 一覧化したメモのサンプル 担当者から要望を伺うと「給与が変更になった従業員の管理をしたいと思ってて、XXしたタイミング給与が変わる人が出てくるんですどそれを管理してるのが......。」といったように現状の運用方法や困りごとをまとめて教えてくれると思うのでその内容

            Developers Summit 2019 『業務ハックLT』 でお話してきました!

            先日、2月14日(木)Developers Summit 2019 『身近な業務を改善して楽しもう! ~ 業務ハックLT』にてお話させて頂きました。 お声かけ頂いた時は「まさか業務ハックをテーマにしてもらえるなんて!」とびっくりしつつ、とても嬉しかったです。早い段階で満席になり、業務ハックへの期待が高まってるのではとわくわくしました。 このnoteではその時話した内容について共有していきます!(当日話せなかった内容も付け加えてます。) * * * 発表内容 リンク一

            【gyomy 機能紹介】 業務ハックではまず業務の見える化が大切です! gyomyには無料で業務フロー図をかける機能があります(^^)ぜひご活用下さい★ サンプル↓ https://www.gyomy.com/shared_diagrams/03cff598-c2d6-435c-aa04-5536b8000084 使い方↓ https://www.gyomy.com/articles/122

            『業務ハッカー』 を広げる次のステップ

            1年のふりかえりこの1年 「note」 や 「業務ハック勉強会」の開催を通して、有り難いことに私のことを業務ハッカーとして認識して下さる人が少しずつ増えたように感じています。 とても嬉しいことだと感じる反面、「業務ハック」や「業務ハッカー」を広めたくて始めた思いとは少しずれた方向に進んでいるのではないかと考えるようにもなりました。 これまでの活動はもともと業務システムが合わなくて苦労している人や、業務が良く行えるように取り組んでいる人があまり評価を得ていない現実を身近に感

            先週「kintone Café 浜松 Vol.13 ~ 事例&LT大会!」に参加してきましたー 発表資料を下記にてご覧頂けます! https://drive.google.com/file/d/1Vp6YTwtYLu04uryT5XiNMA6ZqJExqv_c/view?usp=sharing

            業務改善のノウハウ共有会「業務ハック勉強会」と業務システムを簡単に作成出来るkintoneの勉強会「kintone Café」でコラボイベントを開催します!ぜひご参加下さい 10/2 18:30~ @名古屋 【詳細はこちら ➜】https://gyomuhackers.connpass.com/event/102210/

            事例から学ぶ業務ハック ~ システム開発会社 GEクリエイティブ さん

            お久しぶりです。なかなか更新出来ていませんでしたが、書きたくなくなったわけでは全くないので今後書き続けていきます〜。 さて、今日はkintoneの事例記事を紹介させてい頂きます。私も参加しましたkintoneユーザイベント「kintone hive nagoya」の発表内容です↓↓↓ 【登壇者】  株式会社GEクリエイティブ 取締役 営業部  ゼネラルマネージャー  伊藤和美 氏 * * * 記事を読んで共感した点を3点挙げさせて頂きます。 ・「伝えるから伝わるki

            【kintone】 アプリ作成時に必ず設定すべき3点

            昨日に引き続き、kintoeの設定について書いていきたいと思います。 今日はアプリを作成する際に設定すべき必須事項を3点を紹介していきます。 何度もアプリを作成している方にとっては当たり前のことかもしれませんが、初めて実際の業務に利用するアプリを作成する際には抜けがちな観点だと思いますので、そういった方々に是非チェックして頂きたい内容です! * * * チェックすべき内容は以下の3点です。 ・スペース内にアプリを作成する ・タイトルを設定する ・メール通知を設定

            【kintone】 アプリを作成したら確認すべき3点

            最近kintoeのアプリ作成の問題を作り、作成した内容見せていだだくとい機会がありました。 業務内容と、要望からアプリを作成する問で、大きな差は生まれないものの人によって多少完成したアプリ内容が異なります。 問題作成者の私は仕様を把握しており、アプリの構成がどうなるか大枠理解できているのですがそれでも利用方法に迷うことがありました。 作成したアプリの差を見ていく中で、最低限ここを抑えると初めて利用するユーザにとって理解し易いのではないかという観点に気付いたのでその話につ

            システムから学ぶ流儀 #2

            昨日のnoteでは、システムには開発者の思考が機能になって組み込まれているので、それを大いに活用することにより流儀を学べるということについて書いていきました。 しかしながら、システムに行為を合わせたところで上手くいかない場合が存在します。 「システムの流儀にのっとる」か「応用を効かせて自己流で利用していく」のかその見極め方について今日は書いていきたいと思います。 * * * 新しいシステムを導入する場面としては2つあると考えています。 ・初めてその行為を行う場合