頂上

連載『オスカルな女たち』

《 秘密の効用 》・・・15

(お姫様抱っこ…💛)

 赤くなってる場合ではない。だが、
「落ちますよ…」
 との、冷静な声に、
「落とさないで」
 淡々と返しながら、織瀬(おりせ)は抵抗することをやめた。

 借りてきた猫のようにおとなしく真田の肩と胸に手を添える。しばらく歩いたのち、丘の中心辺りにくると、
「どうですか?」
 そう言って真田が立ち止まった。
「すご~い…! 空しかないね」
 顔を上げて周りを見渡すと、抱きかかえられているせいか空の真ん中にいるような感覚にとらわれた。
「気に入ると思いました」
 嬉しそうに答える真田を見ると、思いのほか顔の近いことに驚く。
「あ、ぉろして…」
 急に我に返り身体が強張る。だが俯こうが、距離は変わらない。息のかかる範囲に真田の顔がある。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもお読みいただきありがとうございます とにかく今は、やり遂げることを目標にしています ご意見、ご感想などいただけましたら幸いです

わたしもスキです! 出会いに感謝いたします
12
家族の食事を作ること、愛犬と昼寝、サスペンスの再放送を観ることが主です。『徒然なるままに…』ひとりごと、小説などを紹介させていただきます。『オスカルな女たち』まとめ読み始めました→https://note.mu/guerlain_325/m/m8b4a06634bcf
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。