マガジンのカバー画像

IoTとFabと福祉

46
これからの福祉と技術の関係を、考え、つくっていく「IoTとFabと福祉」。このマガジンは、プロジェクトの記録、Tips、イベントなどの情報を紹介します。
運営しているクリエイター

記事一覧

RECORD | ケアとテクノロジー/ケアする人のケアセミナー in こうち 分科会1

※以下のYoutubeをひらくと「ケアとテクノロジー」のチャプターから開始されます。 司会/ それでは、これより第2部に移ります。初めの分科会は「ケアとテクノロジー」をテーマにお話しいただきます。 ケアの現場で実際にテクノロジーを活用されているみなさんの取り組みから学びこれからのケアのありようについて語り合います。 小林/ はい、それでは、ケアする人のケアセミナー in こうち 共助のあるまちづくりの分科会1ケアとテクノロジーを開始させていただきます。 まず最初に、私

スキ
7

テキスタイルプリンタによる新商品の開発と展開 / IoTとFabと福祉セミナー①

レーザーカッター、IoT、AIなどデジタル技術が発展していく中で、福祉現場はその技術をどのような想いで、どのように日常生活に取り入れているのでしょうか。さらには、今後どのような展開を期待しているのでしょうか。 積極的に技術を活用している福祉現場と、機材や機器を開発しているメーカーと、両者が顔をあわせて率直に議論することで福祉×技術の可能性をひろげることができると考え、「デジタルファブリケーションによる仕事づくり」をテーマにセミナーを開催します。 第1弾は、 福祉現場: 

スキ
7

個人の表現とデジタル刺繍ミシンを組み合わせるものづくり / IoTとFabと福祉セミナー②

レーザーカッター、IoT、AIなどデジタル技術が発展していく中で、福祉現場はその技術をどのような想いで、どのように日常生活に取り入れているのでしょうか。さらには、今後どのような展開を期待しているのでしょうか。 積極的に技術を活用している福祉現場と、機材や機器を開発しているメーカーと、両者が顔をあわせて率直に議論することで、福祉×技術の可能性をひろげることができると考え「IoTとFabと福祉セミナー」を開催します。 第2弾は、 福祉現場: FLAME(フレーム) メーカー

スキ
9

3Dプリンターでつくる道具と環境 / IoTとFabと福祉セミナー③

レーザーカッター、IoT、AIなどデジタル技術が発展していく中で、福祉現場はその技術をどのような想いで、どのように日常生活に取り入れているのでしょうか。さらには、今後どのような展開を期待しているのでしょうか。 積極的に技術を活用している福祉現場と、機材や機器を開発しているメーカーと、両者が顔をあわせて率直に議論することで、福祉×技術の可能性をひろげることができると考え「IoTとFabと福祉セミナー」を開催します。 第3弾は、 福祉現場: ファブラボ品川 メーカー: ユニ

スキ
11

あってほしい社会をつくるための仕組みと技術 / IoTとFabと福祉セミナー④

身体的なケア、人や地域とのつながり、表現や創作すること、学ぶことや働くこと、これらを支える技術として IoT の可能性があるけれども、福祉現場にとっては未知数なところも多く、楽しみながら受け入れることはまだまだ難しいかもしれません。 まずは「何ができそうか」「自分たちには何が大切か」「何から始められるか」を具体的な事例を学びながら福祉現場への活用を考えるため、「IoTの活用場所をひろげる:ものづくりとケアの現場から考える」をテーマにセミナーを開催します。 9月5日の登壇者

スキ
5

体温のあるテクノロジーとケア / IoTとFabと福祉セミナー⑤

身体的なケア、人や地域とのつながり、表現や創作すること、学ぶことや働くこと、これらを支える技術として IoT の可能性があるけれども、福祉現場にとっては未知数なところも多く、楽しみながら受け入れることはまだまだ難しいかもしれません。 まずは「何ができそうか」「自分たちには何が大切か」「何から始められるか」を具体的な事例を学びながら福祉現場への活用を考えるため、「IoTの活用場所をひろげる:ものづくりとケアの現場から考える」をテーマにセミナーを開催します。 9月5日の登壇者

スキ
9

自らの手でIoTをつくる / IoTとFabと福祉セミナー⑥

身体的なケア、人や地域とのつながり、表現や創作すること、学ぶことや働くこと、これらを支える技術として IoT の可能性があるけれども、福祉現場にとっては未知数なところも多く、楽しみながら受け入れることはまだまだ難しいかもしれません。 まずは「何ができそうか」「自分たちには何が大切か」「何から始められるか」を具体的な事例を学びながら福祉現場への活用を考えるため、「IoTの活用場所をひろげる:ものづくりとケアの現場から考える」をテーマにセミナーを開催します。 9月5日の登壇者

スキ
5

[INFO] 書籍案内─秋のオンラインイベント告知編(前編)─

<その1: 書籍のご案内> たんぽぽの家が発行している書籍シリーズのお知らせです『表現をめぐる知的財産権について考える本』(2021,たんぽぽの家刊)はこれまで、たんぽぽの家が取り組み続けてきた「知的財産について学ぶプロジェクト」から生まれた一冊です。障害のある人の表現活動やものづくりをサポートする視点から、著作権をはじめとする、知的財産権をわかりやすく紐解きます!さらに、各分野で活躍する識者や専門家の方に "表現と知財にまつわるコラム" を寄稿していただいた内容充実の一冊で

スキ
4

いつもの家具が小さな工夫でバリアフリーに。IKEAイスラエルのThisAbles プロジェクト。

今日は来月2月1日に日本科学未来館でのイベントに来日する、デザイナーのマリアーナ・ベンダビッドさんが関わっているIKEA イスラエルのThis Ablesプロジェクトについて紹介します。 ▶︎ThisAbles プロジェクトってなあに? IKEAイスラエル発のプロジェクトで、障害のある人たちが家具を使いやすくするため、補助器具の3Dプリント用データをオープンにして無料公開しているプロジェクト。 以前こちらで紹介したイスラエルのNGO ミルバットと、Access Isra

スキ
30

作業療法士含む600人のボランティアでオーダーメードの補助器具を提供しているイスラエルNGO,Milbat。

2020年2月1日(土)に東京・日本科学未来館で「IoT, fab, and Community Well-being ~ケアのあるコミュニティを作るためにデジタル技術ができる大切なこと~」をテーマに国際シンポジウムが開催されます。 その国際シンポジウムのためにイスラエルから来日するマリアーナ・ベンダビッドさんが所属するNGO「ミルバット(Milbat)」の活動を紹介します。 ミルバットでは、体の機能にどこか困難を抱えている人たちに、その人の困難に合わせた技術環境を作り出

スキ
7

「自分なんて。」を超えた場所で -ミナトマチファクトリーで働くスタッフと訓練生の挑戦

質の高いオリジナリティあふれるデザインの雑貨や商品を作り続けている長崎のMINATOMACHI FACTORY(ミナトマチファクトリー)さん。 「働きたいけど自分にあう仕事がわからない」「働きたいけど自信がない」という人たちを招いて一緒に行う「しごと」や「ものづくり」のプロセスの中で、人が学んだり、成長する過程に何度も立ち会ってきた代表の石丸さんに、あたらめてお話を伺ってみました。 みんな➕まち=ミナトマチ ミナトマチファクトリーさんは、全国でもまれにみる 個性を思いやる

スキ
86

「遠くにいるから一緒にできなかったこと」ができるようになって。ーミナトマチファクトリーの新たな試み

自宅でのリモート勤務が広がるなど、働くスタイルやコミュニケーションのありかたがここ1年で急激に変わってきている中、どんなことを考えていますか? 前回に引き続き、障害のある人たちの就労支援をしているMINATOMACHI FACTORY(ミナトマチファクトリー)の石丸さんにお話をお伺いしました。 自分のペースで、在宅で仕事をする方が得意な人が多い 「僕たちの事業所は精神障害の方が多いんですけれど。こうした方は在宅の時間で働いたりする今の時期に求められている働き方が向いている

スキ
9

METHOD | メイカソンと「その後」のコミュニティ

コミュニティ、共同体、支えあいや助けあい。人が1人では生きていけないことからも、その大切さや必要性は自明かもしれません。ただ、生活する時間の流れも、住んでいる場所も別々で、生きたい目的も異なる人たちが、どうやって似たような想いを寄せ合いながらコミュニティを生みだし、継続できるのでしょうか。2019年9月14日~15日にかけて開催したイベントとその後から考えてみます。 暮らしの道具をつくる:メイカソン 「メイカソン」という造語があります。メイカソンは「Make-a-thon」

スキ
7

ミニフューチャーシティーをケアの視点から振り返る

昨年(2019年)12月に岐阜県で開催されたイベント「ミニフューチャーシティー」のレポートを公開。2020年4月現在、世界的に感染症の影響が広がるなか、何より御体にお気をつけてお過ごしください。いまは外出や接触を避けるべき時期ではありますが、安心して外出できるようになったときには、これからを生きる子どもたちにミニフューチャーシティーのような場があってほしいと願っています。 いま小学生の子どもたちが大人になったとき、就職先として選択する仕事のうち、6割はまだ存在していない仕事

スキ
11