マガジンのカバー画像

【500冊読了】読書記録2021

256
運営しているクリエイター

記事一覧

2年で1000冊読んでみた。

読書は、思考のエクササイズ。 非日常は、思考のストレッチ。 読書は、ライフワークな五木田(ごきた)です。 2015年は158冊。 2016年は180冊。 2017年は151冊。 2018年は221冊。 2019年は305冊。 2020年は500冊。 そして、昨年2021年も、500冊の本を読みました。 累計2015冊となりました。 2019年までは、Facebookに記録をとってましたが、 2020年からInstagramに載せるようにしました。 で、2020年から

スキ
6

【2021年12月の読書】86冊まとめ。

本日もお読みいただきありがとうございます。 1日1冊読書をしている、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2020年は、累計500冊読みました。 2021年に入り、 1月は、42冊読みました。 2月は、30冊読みました。 3月は、33冊読みました。 4月は、30冊読みました。 5月は、42冊読みました。 6月は、57冊読みました。 7月は、33冊読みました。 8月は、36冊読みました。 9月は、36冊読みました。 10月は、43冊読みました。 11月は、32冊読みました。 1

スキ
1

【2021読書】No.481〜500『苫米地英人20冊』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年481〜500冊目の読書は、 『世襲議員という巨大な差別』 『憲法改正に仕掛けられた4つのワナ』 『利権の亡者を黙らせろ』 『原発洗脳』 『洗脳広告代理店電通』 『日本人の99%が知らない戦後洗脳史』 『洗脳支配』 『日本人よ目を覚ませ』 『反日を生む政治家のウソ』 『洗脳護身術』 『脱洗脳教育論』 『現代洗脳のカラクリ』 『思考停止という病』 『税金洗脳

スキ
5

【2021読書】No.480『痛みと身体の心理学』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年480冊目の読書は、 『痛みと身体の心理学』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人的な感想をベースとしており、その心は、 本は自分で読んでこそ、自分の血となり肉となると考えるからです。 そこは、「知識」と「知恵」の違いであり、 「知識」を「見識」に高めるためには、 あくまで自分の知識と経験を高める

スキ
2

【2021読書】No.479『からだの痛みはこころのサイン』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年479冊目の読書は、 『からだの痛みはこころのサイン』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人的な感想をベースとしており、その心は、 本は自分で読んでこそ、自分の血となり肉となると考えるからです。 そこは、「知識」と「知恵」の違いであり、 「知識」を「見識」に高めるためには、 あくまで自分の知識と経

スキ
4

【2021読書】No.478『リラクセーション 緊張を自分で弛める法』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年478冊目の読書は、 『リラクセーション 緊張を自分で弛める法』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人的な感想をベースとしており、その心は、 本は自分で読んでこそ、自分の血となり肉となると考えるからです。 そこは、「知識」と「知恵」の違いであり、 「知識」を「見識」に高めるためには、 あくまで自分

スキ
2

【2021読書】No.477『男の隠れ家2022年1月号』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年477冊目の読書は、 『男の隠れ家2022年1月号』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人的な感想をベースとしており、その心は、 本は自分で読んでこそ、自分の血となり肉となると考えるからです。 そこは、「知識」と「知恵」の違いであり、 「知識」を「見識」に高めるためには、 あくまで自分の知識と経験

スキ
1

【2021読書】No.475〜476『ジムニースタイル01』『ジムニースタイル02』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年475〜476冊目の読書は、 『ジムニースタイル01』 『ジムニースタイル02』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人的な感想をベースとしており、その心は、 本は自分で読んでこそ、自分の血となり肉となると考えるからです。 そこは、「知識」と「知恵」の違いであり、 「知識」を「見識」に高めるためには

【2021読書】No.472〜474『ニューモデル速報 第592弾 新型ハスラーのすべて』『ニューモデル速報 第565弾 スズキ・クロスビーのすべて』『ニューモデル速報 第598弾 タフトのすべて』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年472〜474冊目の読書は、 『ニューモデル速報 第592弾 新型ハスラーのすべて』 『ニューモデル速報 第565弾 スズキ・クロスビーのすべて』 『ニューモデル速報 第598弾 タフトのすべて』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人的な感想をベースとしており、その心は、 本は自分で読んでこそ、自分

スキ
5

【2021読書】No.470〜471『KCARスペシャル ドレスアップガイド Vol.27 スズキエブリィ No.11』『KCARスペシャル ドレスアップガイド Vol.29 スズキエブリィ No.12』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年470〜471冊目の読書は、 『KCARスペシャル ドレスアップガイド Vol.27 スズキエブリィ No.11』『KCARスペシャル ドレスアップガイド Vol.29 スズキエブリィ No.12』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人的な感想をベースとしており、その心は、 本は自分で読んでこそ、自

スキ
2

【2021読書】No.466〜469『ライトキャンパースタイル』『ライトキャンパースタイル2021』『キャンピングカーBESTガイド2021』『オートキャンパー2022年1月号』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年466〜469冊目の読書は、 『ライトキャンパースタイル』 『ライトキャンパースタイル2021』 『キャンピングカーBESTガイド2021』 『オートキャンパー2022年1月号』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人的な感想をベースとしており、その心は、 本は自分で読んでこそ、自分の血となり肉となる

スキ
4

【2021読書】No.460〜465『四駆読本』『四駆読本 改』『4×4 CUSTUM BOOK』『ヨンクスタイル vol.1〜3』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年460〜465冊目の読書は、 『四駆読本』 『四駆読本 改』 『4×4 CUSTUM BOOK』 『ヨンクスタイル vol.1』 『ヨンクスタイル vol.2』 『ヨンクスタイル vol.3』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人的な感想をベースとしており、その心は、 本は自分で読んでこそ、自分の血

スキ
2

【2021読書】No.459『月刊高野山2021年10月号』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年459冊目の読書は、 『月刊高野山2021年10月号』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人的な感想をベースとしており、その心は、 本は自分で読んでこそ、自分の血となり肉となると考えるからです。 そこは、「知識」と「知恵」の違いであり、 「知識」を「見識」に高めるためには、 あくまで自分の知識と経

スキ
2

【2021読書】No.457〜458『暮らしの発酵通信 特別号』『暮らしの発酵通信 VOL.13』

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年457〜458冊目の読書は、 『暮らしの発酵通信 特別号』 『暮らしの発酵通信 VOL.13』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人的な感想をベースとしており、その心は、 本は自分で読んでこそ、自分の血となり肉となると考えるからです。 そこは、「知識」と「知恵」の違いであり、 「知識」を「見識」に

スキ
3