進化論は非科学的なおとぎ話

進化論は非科学的なおとぎ話

加藤 豪

Open Ocean Dragonfly Migration Boggles the Mind
外洋におけるトンボの移動距離は驚異的

Animal migrations occur all over the earth among many types of creatures, with some winged creatures (birds and insects) making the most extreme and lengthy ones. Among insects, the globe skimmer dragonfly (Pantala flavescens) is exceptional—being able to fly up to 3,730 miles across the open ocean. Scientists are finally beginning to unravel the required specificity behind the anatomical, behavioral, and metabolic complexity that enable this amazing feat.1

 さまざまな生物は地球上で移動しますが、中でも翼を持つ生物(鳥類や昆虫)は最も過酷な状況下でも長い距離を移動することができます。
昆虫の中では、外洋を3,730マイル(約6,000km)もの距離を飛ぶことができるスキマードラゴンフライ(ウスバキトンボ)は例外的な存在です。科学者たちはようやく、この驚くべき能力を可能にする解剖学的、行動学的、代謝学的な複雑さの背後にある必要な特異性の解明に乗り出しました。

Strong evidence has implied the extreme migration of the globe skimmer dragonfly across the daunting ocean expanse between the Maldives off the coast of India to East Africa. However, the small size of the creature (which is only about 1.77 inches long with a wingspan of just a little over 3 inches) seemed to present problems at first due to the inherent limitations of the insect’s ability to store enough energy reserves. In other words, its gas tank did not appear big enough to hold the fuel needed to make the long journey.
 インド洋のモルディブから東アフリカまでの広大な海を、ウスバキトンボがとてつもない距離を移動していることを示す確かな証拠があります。
しかし、当初、体長1.77インチ、翼長3インチ強という小さな体では、エネルギーを蓄える能力に限界があるため、この疑問に対する答えを見出すことは簡単ではなかったようです。つまり、ウスバキトンボには、長距離を移動するための必要なエネルギーを蓄える能力はないのです。

In this new study, a group of researchers first derived a baseline by determining the insect’s specific metabolic characteristics. Then they calculated how long it could stay airborne using the maximum energy stored in its body, such as fat reserves.1 And because other flying creatures like birds depend heavily on wind patterns, they also calculated weather models to see if available seasonal wind patterns in the migration route could facilitate the open ocean flight in both directions.

 今回の新たな研究では、まず昆虫の代謝特性を把握して基準値を設定し、脂肪など体内に蓄えられた最大限のエネルギーを使ってどれだけ長く空中にいられるかを計算しました。また、鳥のように空を飛ぶ生物は風のパターンに大きく左右されるため、気象モデルを用いて、移動ルートに季節ごとの風のパターンがあれば、両方向の外洋飛行が可能になるかどうかを計算しました。

The scientists discovered a flight model that would allow successful open ocean migration—one that combined active wing flapping with gliding and took advantage of seasonal wind patterns. In fact, there was a strong behavioral requirement for the dragonfly to select favorable wind patterns. The researchers also discovered that the specialized metabolism and physiological endurance of the dragonfly also played a key role in the migration, making it all possible. 

 その結果、科学者たちは外洋での移動を成功させるための飛行モデルの発見に成功しました。それは、活発な羽ばたきと滑空を組み合わせたもので、季節ごとの風のパターンを利用する、というものです。
実際、トンボには有利な風のパターンを選択する、という強い行動要件があったのです。また、トンボの特殊な代謝や生理的な耐久性も、外洋での移動に重要な役割を果たしていることがわかりました。

Extreme creature traits, like this daunting open ocean migration of thousands of miles, boggle the human mind and utterly defy evolutionary interpretations regarding the dragonfly’s origins. How could random chance mythical processes result in the perfect combination of anatomy, physiology, and behavioral adaptations needed for this creature to succeed in this amazing endeavor? The only logical inference we can make is that this incredible engineering was built into these dragon flies by an omnipotent Creator, the Lord Jesus Christ.

 何千マイルもの距離を外洋で移動するような生物の卓越した能力は、驚くべきものです。これはトンボの起源に関する進化論的解釈を全く覆すものです。
 偶然の神話的なプロセス(進化論)によって、この驚くべき能力を科学的に説明することは不可能です。
一体、進化論はどのようにして、この驚くべき能力を発揮させるために必要な解剖学的、生理学的、行動学的適応の完璧な組み合わせを説明することができるのでしょうか?
 唯一の論理的な推論は、全能の創造主である主イエス・キリストによって、この驚くべきエンジニアリング(テクノロジー)がトンボに組み込まれたということです。
 

上記内容は下記サイトから引用・翻訳したものです:
https://www.icr.org/article/ocean-dragonfly-migration


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
気に入っていただいて、嬉しいです。
加藤 豪
トレーナーでクリスチャンです。 赤十字救急法救急員/介護職員初任者研修 日本体育協会公認スポーツリーダー 健康管理士一般指導員/健康管理能力検定1級 NESTAシニアトレーナー NESTA PFT お問い合わせ先:https://l69.jimdofree.com/