マガジンのカバー画像

人事・労務管理の最新ニュース

22
人事・労務管理・社会保険に関する最新ニュースをお届けします。
運営しているクリエイター

記事一覧

パートタイマー、アルバイトの社会保険適用拡大 Q&A集

厚生労働省から、年金局の新着の通知(令和6年1月24日掲載)として、「短時間労働者に対する健…

GOAL-sr
2か月前
2

令和6年4月からの労災保険率改定について

厚生労働大臣は、労働政策審議会に対して、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律施行規則の…

GOAL-sr
2か月前

【雇用保険の適用拡大】令和10年度中に週10時間以上の労働者まで適用拡大などの方向性…

厚生労働省から、「第188回 労働政策審議会職業安定分科会雇用保険部会」の資料が公表されま…

GOAL-sr
3か月前
2

電動キックボードの規制緩和、通勤で利用時に事故にあったら労災は使えるのか

令和5年7月1日、改正道路交通法が施行され特定小型原動機付自転車(いわゆる“電動キックボー…

GOAL-sr
4か月前

労働契約書・労働条件通知書の内容が変わります

採用時に書面等で必ず通知しなければいけない労働条件があります。通常は、労働契約書や労働条…

GOAL-sr
5か月前
7

【106万?130万?】年収の壁等に関する具体的な議論がスタート

厚生労働省から「第7回社会保障審議会年金部会」の資料が公表されました。今回の議事は、「第3…

GOAL-sr
6か月前
3

令和5年度の地域別最低賃金と月給制の社員の最低賃金について

令和5年度の地域別最低賃金について 厚生労働省は、都道府県労働局に設置されている地方最低賃金審議会が答申した令和5年度の地域別最低賃金の改定額(以下「改定額」)を取りまとめました。改定額及び発効予定年月日は下記のとおりです。 これは、7月28日に厚生労働大臣の諮問機関である中央最低賃金審議会が示した「令和5年度地域別最低賃金額改定の目安について」などを参考として、各地方最低賃金審議会が調査・審議して答申した結果を取りまとめたものです。 答申された改定額は、都道府県労働

【返済不要の助成金】両立支援等助成金(育児休業等支援コース)

両立支援等助成金(育児休業等支援コース)は、労働者に育児休業を取得させ、職場復帰させた事…

GOAL-sr
6か月前
4

令和5年度の地域別最低賃金改定の目安が決定

令和5年7月28日に開催された「第67回中央最低賃金審議会」で、令和5年度の地域別最低賃金額改…

GOAL-sr
8か月前
4

【返済不要の助成金】人材開発支援助成金(人材育成支援コース)

労働者の職業生活設計の全期間を通じて段階的かつ体系的な職業能力開発を効果的に促進するため…

GOAL-sr
8か月前
3

【返済不要の助成金】働き方改革推進支援助成金(適用猶予業対応コース)

2024年4月1日から時間外労働の上限規制が適用される適用猶予業種等の中小企業事業主に対…

GOAL-sr
9か月前
2

【テレワーク】新型コロナが5類へ変更 これからの働き方は?

新型コロナウイルス感染症について、令和5年5月8日から感染症法上の位置付けが5類感染症へ…

GOAL-sr
10か月前
7

【2023年度厚生労働省管轄の助成金】キャリアアップ助成金(正社員化コース)

キャリアアップ助成金(正社員化コース)は、有期契約労働者等を正規雇用労働者や多様な正社員…

GOAL-sr
10か月前
2

【令和6年4月開始】無期転換ルール及び労働契約関係の明確化について

「労働基準法施行規則及び労働時間等の設定の改善に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令(令和5年厚生労働省令第39号)」などが公布され、令和6年4月1日から、無期転換ルール及び労働契約関係の明確化が図られることになっています。これを受けて、厚生労働省では、令和6年4月からの無期転換ルール及び労働契約関係の明確化に関する専用のページを設け、各種リーフレットや通達などを紹介しています。 施行は約1年後ですが、まずは、リーフレット「2024年4月から労働条件明示のルールが変