見出し画像

【募集中】外国ルーツ生徒の進路支援アシスタント養成講座 参加者募集中‼

NPO法人glolab

『空いた時間を使ってボランティア活動をしたい』『10代の進路やキャリア支援に興味がある』『キャリアコンサルタントの知識・経験を活かす機会を作りたい』『外国ルーツの若者支援に興味がある』などの想いをお持ちの方、参加大歓迎です!!!

こちらの養成講座に参加いただいた後、弊団体が開催する外国ルーツの高校生向け進路支援コースやイベントにアシスタントとしてご参加いただけます。
*進路支援コース/イベントへのアシスタントとしての参加判断は任意になります。
*進路支援コース/イベントは都内の高校を中心に国内各地での実施可能性があります。(またはオンラインでの開催)
*進路支援イベントは複数回開催しますが、可能な範囲でご参加いただけます。

<イベント概要>

■ 日  時:8月27日(土)10:00-12:00
■ 実施方法:オンライン開催(Zoom)
 お申込時にご登録いただいたメールアドレスに、参加用URLをお送りいたします。
■ 申  込:Peatixの「チケットを申し込む」からお申し込みください。
■ 参加費 :無料
■ 注意事項:
 スマートフォンからzoomにアクセスする場合は、事前にアプリのインストールをお願いします。https://zoom.us/download
■ 内  容:
 ・外国ルーツの学生が直面する課題やその背景
 ・glolabの活動概要紹介
 ・進路支援プログラムについて
 ・アシスタントの役割と心得
 ・質疑応答
■ 主催:NPO法人glolab
■ 登壇者:

glolab 代表理事 柴山 智帆(左)、コーディネーター 城島サナ(右)

<外国ルーツの青少年とは?>

『国籍に関わらず、父母の両方、またはそのどちらかが外国籍であるなど外国につながる子ども・若者』

<背景>

文部科学省の「日本語指導が必要な児童生徒の受入状況等に関する調査(令和3年度)」によると、外国ルーツの高校生等の中退率は5.0%で、全高校生に対して5倍と以前高い状況です。また、大学等高等教育機関に進学した外国ルーツの生徒は、全高校生と比較し 21.5 ポイントと低く、就職者における非正規就職率は、全高校生の12 倍、進学・就職共にしていない者の率は2.8 倍という結果が出ています。

特定非営利活動法人glolab (グロラボ)(所在地:東京都新宿区、代表理事 柴山智帆)では、こうした現状を踏まえて、外国にルーツを持つ高校生・若者のためにキャリアコンサルティングの技法に基づいた包括的かつ実践的な進路支援プログラムを開発しました。
2022 年度は東京都立六郷工科学校(東京都大田区)を皮切りに全国の高等学校・支援団体に無償提供しています。

<進路支援プログラムの趣旨と概要>

進路支援プログラムでは外国ルーツの高校生が以下の状態になることを目指しています。

  • 自身や自身の状況、周囲についての理解を深められている

  • 自身の将来像を具体化することができている

  • 希望する進路について行動を取り始めている

プログラムは3種類に分かれており、生徒の状況に応じて実施するコースを判断します。
各コースは6回程度を目安としますが、生徒の状況に応じて実施回数や内容を調整する場合があります。

  • 「自己理解コース」

  • 「仕事理解コース」

  • 「未来プランニングコース」(仮)

■ glolab 基本情報
公式サイト :https://www.glolab.org/
公式Facebook:https://www.facebook.com/glolab-924880294361144/
公式Twitter:https://twitter.com/glolab2

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!