マガジンのカバー画像

グラレコ×教育!新宿区落合第六小学校×グラグリッドの挑戦

23
新宿区立落合第六小学校×グラグリッドが行っている、グラフィックレコーディングを活用した、「未来を進む力を育む」参加型体験授業についてのマガジンです!
運営しているクリエイター

記事一覧

共創学会の年次大会で論文を発表!大牟田まで行ってきました

「共創」に関するさまざまな分野の研修や活動があつまる「共創学会」。その2022年の年次大会に…

先生向け「ノート学」ワークショップ 〜探究型学習を促進する「書き出して考える力」…

5年目を迎えた「ノート学」。 2022年6月中旬には、児童向けに「ノート学フェス」を開催しまし…

探究型学習のエンジンになるノートを目指して!みんながアーティストになる『ノート学…

2022年、6月中旬のある晴れた日。 新宿区立落合第六小学校の体育館に、3年生~6年生の全員が集…

探究型学習のエンジンになるノートを目指して!みんながアーティストになる『ノート学…

前編にて、身体いっぱいに線や図形を描き、もりあがってきたノート学フェス。次はいよいよ、新…

落合第六小学校での「ノート学」開講!実施レポート

グラグリッドでは、これまで新宿区立落合第六小学校と共に、ビジュアル思考の技術を応用して、…

学ぶ過程をひらいたことで、学びかたが進化した小学生の「ノート学」

「6年生のノートすごいなぁ…。矢印や記号をつかって、流れがわかりやすいようにまとめてるん…

学び方を自分でデザインする「ノート学」小学校で始まる!

突然ですが、小学校の学びのノートがこうなったらどう思いますか?! 罫線のない白い紙、色や図を使いながら、個人個人がめいっぱい工夫しながら書くノートです。紙面から子どもたちの熱心さ、楽しさが伝わってきますね。 小学校では、先生の板書を書き写すだけのノートが一般的。もちろん、先生方の工夫によって、さまざまなアクティブ・ラーニングのチャレンジがなされているものの、ノートのとり方から教えてくれるところは、ほとんどありません。 私(川村)の高校時代の「書き写し文字びっしりノート」

ノートを変えれば、学びも変わる?! YouTube動画 「ノート学」配信!

8月のグラグリッドに初登場した「ノート学」。 グラグリッドでは、次々とYouTubeで動画を配信…

話し合いを変える、グラレコのパーツをつくろう! ~新宿区立落合第六小学校×グラグリ…

2019年11月、落合第六小学校の6年生に向けて、話し合いを変える絵の使い方を学ぶ授業を実施し…

まず描く!話し合いに全員が参加できるコンセプトワーク ~新宿区立落合第六小学校×グ…

「意見が対立して決まらない!」 「話を聞いてもらえない!」 「話す場にも関わらず黙っている…

小学生グラフィックレコーダー、デビュー!!

とある夏の日の、新宿区落合第六小学校での休み時間のことです。 教室でなんと、名刺交換がは…

新宿区の先生190名が、描いて感じた!「グラフィックレコーディングで広がる、教師や…

7月末のある日。 新宿区四谷小学校に、新宿区の先生達が研修のため集まりました。 その数、な…

型から解き放たれて、隠れていた意味を発見する! ~新宿区立落合第六小学校×グラグリ…

「人間と同じような存在」「想像の源のような存在」「季節を教えてくれる存在」「悪魔女のよう…

「正しさ」「頭で考える」からの解放~新宿区立落合第六小学校×グラグリッド 参加型体験授業【2019年オープニング】 ~

2018年度にはじまった、新宿区立落合第六小学校×グラグリッド 参加型体験授業「おえかきシンキング」。 2019年度の授業もはじまりました! 今年の「おえかきシンキング」授業で学んでゆくのは、「『常識を超えて新しいものを生み出す』ための、これまでの枠にとらわれない、新しいことを創造する考え方」。 手を、体を、たくさん動かしながら学びを深めていきます。 ↑今年の授業内容の大きな方向性となった、プロジェクト型総合学習『落六DASH』のテーマ「常識を超えて新しいものを生みだす」。