見出し画像

T-510 アマゾンのトルソ

石膏像サイズ: H.93×W.34×D.32cm(原作サイズ?)
制作年代  : ローマンコピー(原作は紀元前430年頃のブロンズ像)
収蔵美術館 : ローマ・カピトリーノ美術館
原作者   : フェイディアス
出土地・年 : ローマ 1770年

このスタイルのアマゾン像は”マテイ”タイプと呼ばれますが、これは彫像の発掘当時の所有者が中世~近世にかけてのローマの名門貴族のマテイ家(教皇イノケンティウス2世を輩出した家系)であったことに由来します。カピトリーノ美術館収蔵の原作彫刻を観察すると、両腕、両腿、頭部などに、かなり多きな接続跡や、明らかに後世補足された部分が見てとれます。頭部に関しては、ナポリ考古博物館収蔵の類似彫刻に習って新規に付け加えられた記録が残っており、おそらく両腕も後世の補足ではないかと推定されます。ローマ時代のコピー作品とはいえ、実際に18世紀に古代遺物として発掘されたときの姿は、この石膏像のような”トルソ”の姿だったことが想像されます。

アマゾン族は、古代ギリシャ神話に登場する女性のみの部族のことで、実在していたかどうかは定かではありません。神話上では、軍神アレスを起源とする部族で、当時のギリシャ人にとって未開の地であった黒海沿岸に住んでいたとされています。実際には、こういった黒海沿岸や、北アフリカに実在した母系部族のことを、ギリシャ人が誇張して考え出したものではないかと考えられています。馬を飼いならし、弓術を得意とする狩猟民族で、狩猟の女神アルテミスを信仰していました。女性のみで構成された部族で、子孫を残すときのみ他部族の男性と交わり、男児が生まれた場合には殺すか追放、または奴隷として管理し、女児のみを後継者として育てました。アマゾン族は、ギリシャ神話上でも様々な場面に登場してきます。ヘラクレスの12の冒険では、アマゾン族の女王ヒュッポリテーの持つ帯を奪取する物語がありますし、トロイ戦争に於いては、アマゾン族はトロイ側に加担して参戦し戦ったことになっています。トロイ戦争の際に、アマゾンの女王ペンテシレイアは、ギリシャ側の武将アキレウスと一騎打ちで戦った後敗れて殺されてしまうのですが、その死に際にアキレウスはペンテシレイアのあまりの美しさに恋に落ち、その死を嘆いたというエピソードも有名です。

ローマ・カピトリーノ美術館収蔵 「傷つけるアマゾン(Wounded Amazon of the Capitol-Mattei type.)」  ローマンコピー 紀元前440年頃のフェイディアスの原作による 1770年発掘 (写真はWikimedia commonsより)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
石膏像に興味を持ってくださって、ありがとうございます。
2
堀石膏制作代表 美術石膏像専門ショップ「石膏像ドットコム」店長 石膏像職人 2015年「石膏像図鑑」出版

こちらでもピックアップされています

石膏像図鑑@note:古代ギリシャ・ローマ
石膏像図鑑@note:古代ギリシャ・ローマ
  • 101本

石膏像図鑑@noteの、古代ギリシャ・ローマ編です。 石膏像を知れば西洋彫刻史が見えてくる!デッサン教育で使用されている石膏像は西洋彫刻史の写し鏡なのです。「石膏像図鑑」は、美術石膏像専門ネットショップ「石膏像ドットコム」を運営する堀石膏制作の製品カタログです。450種以上の製品ラインナップのうち約200種の石膏像について、原作彫刻の収蔵美術館、作者、由来等の詳細な情報が記載されています。石膏像工房のカタログという側面もありますが、それぞれの石膏像についての詳しい解説は、日本国内で販売されるほぼ全ての石膏像についての「図鑑」として十分に機能するものと自負しています。

コメント (4)
貴重なお話ありがとうございます。ヒュッポリテーは、今テレビで放送しているテセウスの船のテセウスの奥さんのひとりのようですね。息子のヒュッポリトス、ヒッポリトスもちょっとギリシア人とのハーフなんじゃないかという気がしますよね?ヒッポ、ヒュッポというのが馬を意味するそうなので、騎馬民族系かなって思ったりします。もともと神話等好きですが、難しい文献とか読むのは得意ではありません。でも宜しかったら、いろいろと教えて下さい。ルーブル美術館所蔵の石像等ネットで見たり、ギリシア、ローマの文化の企画展とかあると行ったりします。
やっくん様 コメントありがとうございます。テセウス神話もたくさんの要素が含まれていて複雑なんですが、妻として迎えていたのはヒュッポリテーの妹のアンティオペのようです。そのアンティオペとの間にできた息子がヒュッポリトスだと。

実は私もギリシャ神話はそんなに知らないんです。いろいろな書籍を何度も目を通すんですけど、登場人物の多さとその展開の支離滅裂さにいつも戸惑ってしまいます。親しみやすいということでは、こちらの書籍がおすすめです。漫画のようなレイアウトなのですが、情報量は並みの新書よりも遥かに濃密です。未読でしたらぜひ書店などでご覧になってみてください。
https://www.amazon.co.jp/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%A1%E3%81%8F%E5%9B%B3%E9%91%91-%E8%8A%9D%E5%B4%8E-%E3%81%BF%E3%82%86%E3%81%8D/dp/486238031X
wikipediaを見たのですが、両方の女神様が奥さんという説が載っていました。リンクページの下の方(その他の冒険というところです。)です。もしかしたら、脇本さんの説の方が有力なのかもしれません。(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%82%A6%E3%82%B9)ヒュッポリトスは、ギリシア人と騎馬民族とのハーフかなって想像してしまいます。ドラマとつなげた考察も書こうかなと思っています。よかったら見てみてください。オススメの本も見てみます。まだまだまだ文章書くのうまくないですが、宜しくお願い致します。ギリシアのオリンピックの聖火の儀式もよかったらですね。巫女さん達の神々や世界中の人への宣言や誓い、詩を唱えていくのはとても心に沁みました。
ドラマは見ていないんですけど、テセウスの名前がクローズアップされるのは新鮮ですね。Wikiも後でチェックしてみます(^-^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。