見出し画像

13日の金曜日


「ねぇ、知ってる?ジェイソンって実は1回もチェーンソー使ってないんだって」


ポップコーンを口に入れようとした彼はポカン、と私を見つめて少し固まった後、そのポップコーンを口に放り込んで答えた。

「まめしば?」

「私の話聞く気ないでしょ」

「ごめんて。知ってるよ、有名じゃん」

「え。有名なの」

「うん」

彼は頷きながら脇にあるコーラをストローで吸い上げた。

「ねぇ。拗ねてる?」

「……別に」

「拗ねてるじゃん!」

「別に拗ねてはいないけどさ……なんでホラー?」

「えー?……吊り橋効果?」

私は目一杯の笑顔で両手をほっぺたに当てて彼を上目遣いに見る。

「僕がホラー苦手なの知ってるでしょ?それにそんなもの無くたって好きだしさ……」

「はっ!」

私の顔はきっと真っ赤だろう。

「うぅ……でも、ホラーでいいって言ってくれたじゃん」

「そうだけどさ……」


話は昨夜に遡る。

「ねぇ、明日はどこ行く?」

『また行くの?』

「うん。先週はボウリングでその前は遊園地だったから……」

『……映画とかは?』

「うん!それいい!それにしよ!」

『あれは?最近公開された恋愛の、あれなんだっけ?』

私がラブロマンスが好きなのを知ってくれていて少し嬉しかった。が……

「いや、ホラーがいい!」

『僕がホラー苦手なの知ってるでしょ?』

「……知らないよ?」

すっとぼけてみたけどこういう時の彼は冷たい。

『じゃあ、今教えるね。僕はホラー嫌いなの』

「いやだ!絶対ホラーがいい!」

『なんでそんなに頑ななんだよ』

「今日は何の日でしょうか?」

『サンドイッチの日でしょ?』

「そうなの!?」

『うん』

彼がすっとぼけたのかと思ったけど、彼はこういう人間だ。

「へぇー…………いや、そうじゃなくて!13日の金曜日でしょ!」

『あぁ、そうだねぇ』

「なんか起こりそうじゃない?」

『……はぁ』

「あー!ため息ついたでしょ」

『さすがにつかざるを得ないよね』

「ねぇひどいよ……きゃあぁ!」

『なに!?どうした?』

「…………へへ、心配した?」

電話の向こうが沈黙した。

『…………切るね』

「わわぁ、ごめん。許して」

『……とりあえず明日は映画ね?』

「うん!楽しみだね」

『そうだね』

「ポップコーンとコーラ買ってもいい?」

『いいよ、好きにしな』

「怖かったら手を握ってもいい?イチャイチャしても……」

『いやだ』

……即答だよ。

「どうしてもダメ?」

『だめ』

「えぇー……おねがい?」

『いやだ。もう切るよ』

「むぅ……うん、おやすみ」

『うん、また明日』

ブツッ……

…………うん。絶対明日は手を握ってやる。怖いシーンがあったらしがみついてやる。

そうすればあの彼でも愛が伝わるでしょ。言葉じゃ伝わらないけど……


あぁ、楽しみだな。ドキドキするなぁ。

「きゃあぁーー!」

クッションに顔を埋めて大声を上げる。

これは恋のハラハラか、それともホラーのハラハラか。

今日は何か起こりそうだもんね。だって今日は


13日の金曜日だから。


<完>


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!大好きです!
6
はじめまして。こんにちは。おのしゅんすけです。小説書いたり、音楽作ったり、勉強したり、そんな毎日を送っています。よろしくです。

こちらでもピックアップされています

おのしゅんすけの小さな世界
おのしゅんすけの小さな世界
  • 46本

短編小説(一話完結)のまとめです。更新頻度は低めだと思いますがぜひ。

コメント (2)
君の小説を読むと心が動く。
ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。