見出し画像

【就活は恋愛】ミーハー就活生でいい

就活の時期になると一番受ける相談内容は
「業界が絞れない」「会社が多すぎてどこを受ければいいのか分からない」
「行きたい会社がない」

など、自分の受けるべき企業や業界に迷っているとの相談です。


結論から言いますと、
「絶対にこの会社!!」
なんて、ほとんどの人間は思えません。

この世には数えきれないほど会社があり、一つの業界に絞ったとしても無数の会社があります。


逆に、
「御社しか考えてないし見てません!」

みたいなことを言う学生は、信用できない。入社してもいないのに。
と、おっしゃっている社員さんがいました(笑)


就活の軸は、最初から決める必要はないと思います。

とりあえず人気なところから受ける。
とりあえず大手を受ける。

最初はこれで十分です。

人気=ある程度の魅力的な環境が整っている

ということなので、たくさんの業界のそれぞれ上位の会社を受けていくことは、とても合理的です。

もし、「絶対のこの業界がいい!!」と思っている人でも、

その業界の周辺の会社は複数受けてみることをおススメします。

「何故あなたは弊社に行きたいの?他の同じような特徴を持つこういう会社あるけど?」

などの質問に対して、いろいろな会社を受けていれば、

経験を元に比較して志望動機を述べることができます。


「絶対にあなたと付き合いたい!!他の女性は全く知らないけど!!」
という男性より、
「絶対にあなたと付き合いたい!!沢山出会ってきた中で、あなたが一番好き、他には考えられない!!」

と言ってくる男性の方が説得力があります。

みんなから人気な女性(人気な企業)ととりあえず話してみて、
自分はこういう子が好きだな~
自分はこういう子は苦手なんだな~

と、経験を積み、最終的には自分のタイプの子に
「絶対にあなたと付き合いたい!!」

と言うのです。
努力を積み、相手にもいいなと思われれば、そこでカップル成立です。

就活は恋愛みたいですね。


話が逸れてしまいましたが、就活の軸は経験を積むことでなんとなく固まってきます。

・外資?日系?
・海外勤務?国内勤務?
・転職したい?終身雇用?
・給料はどのくらい?

人によって優先したいタイプが異なりますので、みんなはこういう軸で決めてるから・・・など、周りに左右されずにあなた自身のタイプで決めて良いのです。


後日談ですが、

私は、本社の照明の色が気に入らないと思った会社はお断りしました。
(青っぽくてずっといたら鬱になりそうだった…)

「そんな選び方おかしい!!」

と思う方もいるかもしれませんが、

私は働く環境に大きく影響を受ける人間なので、これは私自身の誰にも否定される筋合いのない就活の軸です。

就活に答えはありません。
正しい就活もありません。
間違った就活もありません。

自分を信じて、自分を誇りに思いながら取り組んでみてください!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです(^▽^)/
11
某外資系金融に就職予定の文系女子。 就活コミュニティには属さず外銀・外コンの内定を勝ち取った、独自の就活の体験談、ノウハウ等記していきます。

こちらでもピックアップされています

就活必勝法
就活必勝法
  • 6本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。