マガジンのカバー画像

幕末系大河ロマン「さつま王子」

11
小説「さつま王子」の第一部です。以前書いたものを少しリライトして、順次、更新予定。全6話ありますが、1話が長いので1話を数回に分けてお届けします。「伝説の三匹」というユニットで作… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

さつま王子 第6話「史上最大の作戦」

 (第1話はこちら)  国の一揆を平定したは良いものの、さつまの国と幕府との仲は、先の一…

2年前

さつま王子 第5話その2

 (その1はこちら)  さくらじま先生がさつま王子一向に懐柔(かいじゅう)されようとして…

2年前

さつま王子 第5話その1

(第1話はこちら)  虎之介の田んぼを平定して以降、誰も王子一行に逆らうものはなく、王子…

2年前

さつま王子 第4話その2

(その1はこちら)  佐吉がいないとなれば、締めたものだと鉄鋼(有)は思っていた。人数多…

2年前

さつま王子 第4話その1

 どんどんどんがらがっしゃん!どんがらがっしゃんどん!  どんどんどんがらがっしゃん!ど…

2年前

さつま王子 第3話その2

(その1はこちら)  鉄鋼(有)の田をさつま芋畑に平定し、首尾良く仕事をしたはずのさつま…

2年前

さつま王子 第3話その1

(第1話はこちら)  響鬼虎之助(ひびきとらのすけ)、名前からして一介の小作人ではありえない、その男の出自は、名門・響鬼一族であった。響鬼家は未だ、さつまで力を持つ一族ではあるが、虎之助の起こした「ある事件」によって、今では、かつての隆盛とは程遠い勢力と成り下がってしまっている。  これに関する事の発端は、こうである。  虎之助は、18歳の当時、百姓の子であったお千代16歳と恋に落ちた。しかし、虎之助は、武士。それも名門・響鬼家の正統な跡取りであったため、当然、そんな恋

スキ
3

さつま王子第2話その2

(その1はこちら)  いぶし鉄鋼(有)は、逃げるさながら、運良く、妻・鈴(すず)をその最…

2年前

さつま王子第2話その1

(第1話はこちら)  プロというのは、かくも鮮やかな仕事をするものであろうか。王子の召集…

2年前

さつま王子第1話その2

 その1はこちら  いぶし銀次郎。  王子の駕籠(かご)から芋をすり抜き、その芋を食って…

2年前

さつま王子 第1話その1

 時は幕末。さつまの国。  多少ひねくれた一人の少年が壮大な物語の幕を開ける。その名も「…

2年前