見出し画像

新卒がゲームプランナーになってから、初めて気づいた「考え方」の話

本当は、就活生の時に知りたかった...。
こんにちは!G2 Studios新卒ゲームプランナーのKです。

4大卒の私がゲームプランナーになって、はや11ヶ月。
新卒研修を経て、プロジェクトに配属されてから、考え方に関する「気づき」について、2つお伝えしたいと思います。

今から伝える「気づき」は、私が就活生の時、ネットや本を調べても知ることができなかったことです。ゲーム開発経験の有無関わらず、今ゲームプランナーを目指している学生さんにもきっと役立つと思い、例え話を使って書こうと思いました。

身近に感じていただければ幸いです。

1.なぜそのモンスターを育てようと思った?
2.唐揚げにレモンをかけたら困る人いるかも?

1.なぜそのモンスターを育てようと思った?

「ネットで調べたけど、このモンスター強いから育ててる!」
周りでこのような会話をしたり、聞いたりしませんでしたか?

「このモンスターを育てようと思った。なぜなら”強い”という情報が攻略サイトに書いてあったから」

よく私がアウトプットする「型」でした。
自分が導き出したゴール(”このモンスターは強い”という情報)を相手にアウトプットする際、そのゴールになった理由(”強いと攻略サイトに書いてあった"という情報)だけを相手に伝えれば良いと思っていましたが、チームでのゲーム開発では、それだけでは足りないことに気づきました。

現場では、更に以下の”道のり”をアウトプットする事が求めれらます。
・そもそも、なぜそのモンスターが強いと思ったのか?
(特定のモンスターに勝てるから?ステータスが平均よりも上だから?)

・数多くある攻略サイトの中で、なぜそのサイトを見ようと思ったのか?
(閲覧者数が多いサイトだから?モンスターの情報が最新だから?)

「ゴール」だけではなく、ゴールまでの道のり1つ1つに「なぜ」を追求し、アウトプットする癖がなかった私は、相手に上手く説明できないことが多々ありました。物事を決断する上で、何を判断材料にしたのかをアウトプットすることは、効率良くゲーム開発を行うために、とても重要です。

今は、どんな判断をした上で今の行動に移しているのか、適度に立ち止まって整理するようにしています。

1.のまとめ

ゴールだけでなく、その道のりを選んだ理由もアウトプットする


2.唐揚げにレモンをかけたら困る人いるかも?

唐揚げにレモンをかける前に、「レモンかけていい?」と確認する人、周りにいませんか?
それは、勝手にレモンをかけることで困る人がいるかもしれない、というリスクを考えた、素晴らしい気遣いだと思います。

現場でも同じような状況に直面します。
何かをしようとする前に、「これを確認しないことで、困る人がいるのではないか」と考える場面は、想像以上にたくさんありました。
無言でレモンを絞って取り返しの付かない事にならないように、周りへの影響を把握し、それに伴った行動を起こす事の大切さに気づきました。

今でも、影響範囲を完璧に把握することはとても難しく感じています。なぜならゲームプランナーの仕事内容は多岐にわたる、いわゆる「何でも屋」だからです。
レモンを搾った時にテーブルが汚れないかとか、他の料理にレモンが混ざらないかとか、考えれば考えるほど、影響範囲は案外大きいことが分かります...。

今は、確認事項を明確にするために、影響しそうな範囲を、連想ゲームのように一度紙に書き出すようにしています。(そもそも影響範囲が分からない場合は、先輩社員のみなさんに相談しています。)

2.のまとめ

1つの行動に対する周りへの影響を把握する癖をつける

最後に

ゲームプランナーに必要とされる考え方は、ゲームそのものだけでなく、
日常の様々な場面
にちりばめられています。

この2つの気づきは、ゲーム業界で必要とされている「コミュニケーション力」に直結するものだと思いますし誰でも今すぐ意識できる「考え方」ですので、ぜひ参考にしてみてください!

ひょんなことからモンスターを育てることになった時や、どこかで唐揚げを見た時は、この話を思い出していただければ幸いです(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
23
G2 Studios株式会社の新入社員や若手社員のちょっとした記事を投稿していきます!