文月

文筆業など お仕事の依頼はfuzuki720@gmail.comまで
  • 商品の画像

    Summer end

    2020年、世の中が非常な事態であると宣言が下されたはじめての夏 世界からみんな消えてしまったんじゃないかと思うくらい静かで、誰もいない海に辿り着いた。 目の前に突然あらわれた海を見ていると、なつかしさが込み上げて息が苦しくなった。 言葉はどこかに落としてしまったから、代わりに写真をたくさん、たくさん撮った。 訳のわからない夏が終わろうとしていたけれど、それでも海は大きくて、それはとても美しかった。 写真と、詩、短い小説を集めてZINEにしました。 この一冊が、あなたをどこかへ運んでいってくれることを祈ってつくりました。 写真:相澤義和 モデル・文章:星野文月 デザイン:中山望 <A4 40p フルカラー /部数限定販売>
    1,650円
    fuzukiii
  • 商品の画像

    ZINE「私的考察 vol.1」

    最近自分が考えていることや、ひらめき、誰かに共有してみたいことをあつめたZINEです。 毎号立ち止まって考えてみたいテーマを一つ決めて、それについて思いつくままに自分の考えを書いています。 今号のテーマは「働くこと」について。 東京から長野に移住して、今までの働き方や、働くことにたいする心境に変化がありました。そのことをどこかに書きとどめておきたかったのでこれをつくりました。 他にも、思い立って金髪にしたときの日記や、私が受けている万力春乃さんのオンラインカウンセリングの話、こっちでできた友達”うめちゃん”のことなど、いろいろ気ままに書いています。 文章・編集 | 星野文月 デザイン | 古田朱里
    300円
    fuzukiii
  • 商品の画像

    zine『はじめての春じゃあるまいし』

    小さな頃から、春が怖かった。 街が突然色めき出すことも、みんな人が変わったように浮かれた顔になることも。 春が来るたびに知らない国に迷い込んだみたいで、ここがどこで自分が誰なのかわからなくなった。 そんなときに、自分の輪郭を確かめるようにノートに書き溜めた言葉を集めて、一冊にしました。 〈B6/24ページ/高級再生紙使用〉 コラージュ、装丁 古田朱里 イラスト カサハラエリ
    700円
    fuzukiii
  • もっとみる
固定された記事
+2

Summer end

2020年、世の中が非常な事態であると宣言が下されたはじめての夏 世界からみんな消えてしまったんじゃないかと思うくらい静かで、誰もいない海に辿り着いた。 目の前に突…

9月11日から12日 朝

夜中に急にお腹が痛くなって起きる。どんどん痛くなって冷や汗が出て、ここで改めて言うほどに腹痛はつらい。どういうわけか腹部の刺すような痛みに比例してとても孤独な気…

8月29日

最近はどんなニュースをみてもフィクションのように思えてしまって、悲しいことにたいして悲しいと思う気持ちが持てないことが結構悲しいとおもった 考えたほうがいいこと…

8月22日

あたらしく買ったテレビにYoutubeを繋いでフジロックみてる。久しぶりに生中継で人が演奏しているところをみて、じりじり自分の体の中に熱がうまれるのを感じた。こんな状…

8月7日

あまりこんなことはやりたくないけど、気分が悪くなる出来事があり、それを直接誰かに言う気力が今はないので、ここに書いて残しておく。 私は銭湯で働いているんだけど、…

7/30 考察

スマホが身近にあることで一番自分が損なったものは集中力だと思う。SNSで人と比べてしまう、とかそういうことよりも、ひとつのことに集中する力が格段に減ってしまった。…