ぼくが葬儀屋さんになった理由:新時代

9
記事

葬儀担当者のプロ意識

お葬式の現場に携わっていた頃、おじいちゃんおばあちゃんありがとう、といお葬式だけではない...

家族葬の本当の意味を知る。喪主1人のお葬式

最近、お葬式の中でも家族葬という言葉を聞くことが多くなり、こじんまりとしたお葬式が流行り...

人の「死」に向き合う覚悟⑴死と葬儀が「日常」になる

人の「死」を初めて感じた時 僕は葬儀業界に18歳で飛び込んだ。この歳になるまで、身内に不幸...

葬儀担当デビュー①:若い頃は一所懸命に向き合うことで報われる

おそらく誰もが責任ある仕事をした時の最初のお客様は印象に残っているのではなかろうか。 私...

働く人に知ってほしい。会社への「忠誠心」とは?

会社への忠誠心は必要なのか? 僕は18歳から葬儀業界に飛び込み、葬儀の現場に携わったが「そ...

僕が実際に言われた言葉。一般の方からみた葬儀社社員のイメージ

葬儀社の社員に暗い人間はいない。悲しみばかりの場で仕事を嫌にもなっていない。嫌になってい...

親が子に残せる姿とは。

みなさんはご自身の「父親」に対するどんなイメージをお持ちでしょうか? 子どもの頃の記憶は...

お葬式屋さんを選んだきっかけ⑴

今同じことをやれと言われると、恐らく「勇気がなくてできない」のかもしれない。 僕は人生に...

序章:ぼくが葬儀屋さんになった理由

「なぜ葬儀屋さんという仕事を選んだの?」 現在葬儀社を経営する父は、葬儀社勤務のサラリー...