見出し画像

#68 障害福祉分野におけるICT活用。

福島就業支援ネットワーク主催の共感∞つなぐ研修にて、

「ICT等を活用した支援業務」と題して、事例提供役を務めさせていただきました!

「令和3年度障害福祉サービス等報酬改定の基本的な方向性について」によると、

支援を継続するためのICT活用
業務効率化を図るためのICTの活用

について、事業所に期待される役割として明記されています。

自分が勤める事業所では、支援業務にChatworkやGoogleの各種アプリを活用しています。

今回、それらの活用方法について、発表させていただきました。

導入するまでは本当に苦労します。
しかし、慣れてしまえばこちらのもの。

特に、業務効率については間違いなくICT活用は大きな推進力になります。


いかに、考えないで行うことのできる仕事にかける時間を減らし

いかに、考えて行う仕事にかける時間を増やすか

が大切。

対人援助職については、特に重要だと思います。

記録しなければならないことの多さに辟易してしまうこと、ありますよね。
記録=仕事か、と思ってしまうことも。


しかし、福祉職の本質は対人援助業務です。
記録業務ではありません。


その記録を、いかに効果的に、生産的に、行うか。

その点で、ICT活用を学ぶことは非常に重要だと思います。

まずは、できることから!

何事も、コツコツ進めることが大切です。



この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!