不可説

日常のささいな出来事を極度に歪曲させてつづります。かつてとある高校の学校新聞にコラムを…

不可説

日常のささいな出来事を極度に歪曲させてつづります。かつてとある高校の学校新聞にコラムを連載しており、一部の方から大好評、大多数の方は???となっておりました。

最近の記事

  • 固定された記事

自己紹介【8/19更新】

大学生の不可説という者です。僭越ながら東京の大学に通わせていただいています。趣味は外国語(アジアに偏っている)とか文字とかゲーム(あんまりやってない)とか読書(小説はほぼ読まない)とか散歩とか小旅行とか水族館(あんまり行けてない)とか異体字とか動画編集とか。あと文章執筆。趣味が多すぎてどれも中途半端であることは自覚しています。 このnoteでは日常生活のささいな出来事を極度に歪曲させてつづります。 高校の時の学校新聞で「不可説」というコラムを連載しており、それが一部の人に

    • 【初めての技能教習】自動車教習所での5ヶ月を嘘を交えながら振り返る#2

      適性検査と学科1番を終えたあと、日を置いてわたしは学科を受けにふたたび教習所へとやってきた。周囲の路上が危険すぎるため、送迎バスは無い(ただし路上教習は実車で行う)。そのため教習生はみな、ネバネバの駅構内を突破しなければならない。しかし、他の教習所の最寄り駅はみな構内の床が赤くなるまで熱された鉄板になっていると入所時に説明されたため、他の教習所にうつるわけにもいかない。 学科9番と10番は「追い越し・追い抜き」と「508号以降の国道の走行」だ。9番では、他の運転者の気が散る

      • 【架空の東大生紹介】 草木華(くさき・はな)さん

        「私には植物の声が聞こえるんです」。前期教養課程の総合科目「現代生命科学II」や「植物科学」で植物に興味を持った。文科Ⅲ類で入学したが、苦労の末理学部生物学科に進学し、さらに植物に対する知識や愛情を深めていく。 4年次の5月以降は、植物を愛するあまり植物性食品を口にしなくなった。栄養失調で入院することになったが「植物以外の一切の生命活動を停止し、地球を緑の惑星にする」ことを目指して宗教団体を病床で設立。夢を叶えるため、信者からの搾取に勤しむ。 表向きはごく普通のカルト宗教

        • 美肌・若返り効果も?全人類に大人気の成人式の魅力に迫る

          今、巷で話題なのが成人式だ。成人式に出席することで美肌効果だけでなく、若返り効果、若作り効果などが期待でき、血中酸素濃度やコレステロール値も低下するという。堺雅人や半沢直樹などの有名人も成人式を愛好しているそうだ。 今や成人式は毎週1回、各駅前で開催されており、特に原宿の生きたまま腸まで届く成人式会場には一週間で5000人程度の出席者が訪れ、会場のキャパはパンク寸前、出席者の血液はテンションアゲアゲで沸騰寸前とのもっぱらの噂。18歳以外の人も月2くらいで成人式に出席しまくり

        • 固定された記事

        自己紹介【8/19更新】

          (ホラー注意?)ナチュラルローソンとナチュラルサークルꓘの違い

          ナチュラルローソンとはナチュラルサークルꓘとはナチュラルサークルꓘは、xxxx県に本社を置く医療法人ファミリーイレブンクリニックが運営する、コンビニエンスストアを模した体験型治療施設である。建物は竹のみでつくられ、店内には森林の香りが充満している。照明には、一筋のもと光る竹を先祖にもつヒカリタケを使用している。 木でできた棚には自然由来の商品のみが並ぶ。おにぎり、パン、弁当、冷凍食品、お菓子、文房具、雑誌などは、すべて自然由来。xxxx省にある自然豊かな果樹園で収穫されたこ

          (ホラー注意?)ナチュラルローソンとナチュラルサークルꓘの違い

          自動車教習所での5ヶ月を嘘を交えながら振り返る#1

          車の免許を取ることにした。というのも、わたしは故郷の福井県に戻って就職しろと親からしつこく言われており、車社会の福井で生活するなら車とフグ調理師の免許は必須だと思ったからである。そんなわけで、今年の8月から私が住むふれあい区にあるハッピー教習所に5か月通い、無事普通自動車AT免許を得た。合宿ではなく通いにした理由は、不可説(2024, p6389-6557)を参照のこと。 ハッピー教習所では、普通自動車と小型特殊自動車、大型特殊自転車、普通フグ調理、大型特殊フグ調理の教習を

          自動車教習所での5ヶ月を嘘を交えながら振り返る#1

          maimai・CHUNITHM全国行脚録#0「前置き:遠出のリハビリ」

          おととしの9月20日ごろのこと。夏休みも終わりに近づき、来学期の魔の手がちょっとずつ忍び寄ってきたそのころに、東京大学筆箱味噌汁研究会(筆箱と味噌汁の相違点について研究するサークル)の97個上の先輩から、お台場で遊ばないかとの誘いがあった。レインボーブリッジを歩いて渡りながら、除虫菊栽培の歴史とこれからについて話そうとのことだった。除虫菊栽培学部ビニールハウス栽培学科の一学生として、これにはいかねばなるまいと思い、さっそくOKの返事をLINEで送る。すぐに先輩から「テレコムセ

          maimai・CHUNITHM全国行脚録#0「前置き:遠出のリハビリ」

          私的風呂沸かし記

          突然だが、皆様はどうやって風呂をいれておられるだろうか。2024年現在、日本の98%の家庭は砂風呂にのみ入っているのだが、残りの2%のお湯風呂ユーザーの皆様に聞きたい。 私の場合、生まれ育った家においては、81923つある風呂のすべてをワンプッシュで沸かしていた。台所の三角コーナーの中にあるスイッチを押した途端、家を取り囲む50の煮えたぎるダムからお湯が供給され、しばらく放置するだけで「お風呂が沸きました」という町内放送が響き、何も操作せずとも家の敷地内の500mごとに設置

          私的風呂沸かし記

          天文学と人文学はあるのに地文学はない(前編)

           「地文学とは、ずばり『地面に文学作品を書いてそれを眺めながら研究する学問』のことです。こういうことをやってる人は、世界中を探しても私くらいじゃないでしょうか(笑)」。谷口氏はあさっての方向を見つめながら意気揚々と語った。  富山県立ジャイアントパンダ大好き高校に在籍中、国語教師のビルドアップ坂本が漢文の授業で解説した「天地人点」(「一二点」「上下点」と同様の返り点の一種で、生物学的にはトラフグに近いとされる)に感銘を受け、天地人点について専門的に並べる東京漢文訓読大学訓点

          天文学と人文学はあるのに地文学はない(前編)

          東大駒場の授業を振り返る#1【格差に涙する必修の英語一列】

          2Sセメスター(2年の春学期)が終わってから1か月以上がたった。ここらで1年半におよぶ駒場生活の振り返りをせよ、という伝令がカーボベルデ国軍のドナルド・マッシュルーム大佐より下ったので、海藻ばかり食べて痩せこけてしまった彼の仇をとるためにも、おぼろげな記憶をたどりつつ駒場の授業の振り返りをしていきたい。 苦痛な英語一列G1 まず振り返るのは英語一列①。これははっきりいって苦痛であった。入学前、英語は大好きな教科だったのだが、1Sの英語一列は高校までの英語の授業はおろか、近

          東大駒場の授業を振り返る#1【格差に涙する必修の英語一列】

          電気屋へハブを捕りに

          メトロ南北線で品川駅までやってきた私は、駅前のビックカメラへある珍獣を探しに向かった。USBハブと呼ばれるハブの一種だ。 この前日、私の大学用PCにマウスやUSBを挿しても認識しなくなってしまい、3000万人程度の日本国民に少なくない影響が出始めていた。鳥取県や大田区において多数の帰宅困難者が発生し、トリニダード・トバゴ政府から私への事態の解決を求める圧力も強まった。強まりすぎてその圧力は720Paにも達し、耐えられなくなった私は、PCの不調と熱帯雨林の生態系に詳しい青物横丁

          電気屋へハブを捕りに

          20歳記念のノンアルコールビールは犯罪的にまずかった

          先週の金曜日に無事23回目の誕生日を迎え、酒が飲める年齢となった(23回中3回は全日本誕生日妨害連合により年齢加算が無効となったため)。しかし、私は死んでも酒は飲まんと心に誓っている。アルコールなんてタバコや麻薬と変わらん、というのが私の考えであり、つまるところアルコールなんてものはタバコや麻薬と変わらないのである。得られるのは一時の快楽や楽しさだけ、そしてその代償は依存や依存症と、大きすぎるのだ。 しかし、酒が飲める年齢になった記念にしようと、今日私は近所のスーパーでアル

          20歳記念のノンアルコールビールは犯罪的にまずかった

          マイナー外国語を学ぶ意味(東大新聞コラムFull Ver.)

          確かに記者は駒場の生協書籍部でカンボジア語(クメール語) やタタール語の入門書を手に取りペラペラめくっている人を見たのだ。マイナーな言語の学習を愛する同志に違いない。その人に記者と同じように同志を見つけた喜びを感じさせたかったのか、はたまた声をかけられないか仲良くなれないかというような下心のせいか、私もベトナム語やヒンディー語の入門書を手に取ってめくってみせたが、やがて彼は何も買わずに出て行ってしまった▼語学を実学と捉えている人には、マイナーな言語を学ぶ私たちの存在は奇異に映

          マイナー外国語を学ぶ意味(東大新聞コラムFull Ver.)

          私と眠剤とヤギの血

          私はここのところ不眠に悩まされているため、大学構内の病院で寝つきの良くなる薬を処方してもらっている。 おもに鹿の角の粉末やヨモギ、冬虫夏草、高麗人参といった伝統的な漢方に加えて、にんじんしりしり、クーブイリチー、サンターアンダギー等、沖縄の郷土に根差した伝統料理を調合してもらった特製の「ネツキヨクナルリン錠」を長らく飲んでいた。しかし、これはあまり効果がでなかった。滋養強壮と栄養状態改善、満腹感などの効果はある程度みられたが、あいも変わらず布団に入ってから寝付くのに2~3時間

          私と眠剤とヤギの血

          レーザーについて思うこと~我が家の食卓の場合~

          エッセイとは、何かについて思うことやそれにまつわるエピソードを書くという場合もあるので、今日はレーザーについてだ。レーザーとは何かよくわからないが、光の光線が直線状に光ってきれいなものだということはどこの国の赤子でもわかる。つまり、レーザーに関する情報、「なんだかよくわからないが光ってキレイだ」という本能的情報は人類の遺伝子に克明に刻み込まれているというわけである。これは太古の昔に目からなんかキレイなレーザーを出せた個体が生き残りやすかったことを意味する。 今ではその生存に

          レーザーについて思うこと~我が家の食卓の場合~

          2Sが終わろうとしている(シュウマイとアリとホタテについて)

          2Sセメスター(私の大学では2年の春学期のことをこう呼ぶ。SとはSupuringuの略)が終わろうとしている。早いものだ。つい先日2Sセメスターが始まったばかりで、もっというとその2日前にアシカ肉屋を兼ねている幼稚園(過去記事参照)を卒園したばかりなのだが、いつの間にか時が流れるのが早く感じるようになった気がする。実際に世界時空機関の統計によると、時が流れる速さは約0.0%増加しており、2033年までに1年が0.5*2年にまで縮まるという計算結果が出ていると、シュウマイ製造業

          2Sが終わろうとしている(シュウマイとアリとホタテについて)