藤本 遼|株式会社ここにある代表取締役|場を編む人

1990年兵庫県尼崎市生まれ。株式会社ここにある代表取締役。すべての人がわたしであることを楽しみ、まっとうしながら生きられる社会を目指す。主に尼崎と淡路島でプロジェクトを展開中。代表的なものは「ミーツ・ザ・福祉」「カリー寺」「生き博」など。『場づくりという冒険』著。

寝起きでふと書きたくなった文章

めちゃくちゃ筋肉痛だ。あばらが折れているのかもしれない。それくらいに筋肉痛だ。 先月から畑(「武庫之のうえん」という)をしている。いや、畑はそもそも「する」とい…

つぶれてしまったじいちゃんの楽器屋。「資本主義」と「場づくり」をつなげて考えてみる。

「だいたいね、場づくりなんてやってる奴はクズで寂しがりでクソなんですよ」とtwitterで書いたところ、やたらと反応をいただいたので、最近クズなりにいろいろと考えてい…

終電を逃して京都から大阪まで歩いた話。ウォーカーズハイとアンサングヒーローとお金。

ありがたさってなかなか気づけないですよね、という話なんですけど。 これはぼくが大学生の頃の話です。当時、一応就職活動というものをやっていまして。その日は京都(河…

生きるということを考える。差別と排除と分断と炎上とマウンティングについて。

年末にめんどくさすぎる。当然のように紅白と笑ってはいけないを交互で見るべきだと思う。このタイトルのブログは読むべきでもないし、書くべきでもない。でも書きたくなっ…

某牛丼チェーン店で感じた強烈な違和感。「お客さん」であることのさみしさについて。

23時過ぎ。仕事と打ち合わせを終えて、家に帰る。いや、少し腹が減ったな。最寄り駅の近くで牛丼でも食べて帰るか。 僕が暮らすエリアは繁華街ではない。夜になるとほとん…

知らないということは、これから知ることができるという幸福のための、余白。

高校の頃に、友達がいた。 彼(仮に「福田」としておく)とは、ほとんど毎日遊ぶような仲だった。意味もなく自転車で山を越えようとしたり、深夜に公園で屯ろ(たむろ)し…