古典芸能が現在でありつづけるために [台湾、街かどの人形劇]

ユーロスペースで『台湾、街かどの人形劇』を観た。 台湾の民間芸能の人形劇「布袋戯(ほていぎ)」の継承者、陳錫煌(チェン・シーホァン)を10年にわたって取材したドキ...

古典擬人化キャラと軍記物語パロの世界 [伊藤慎吾『擬人化と異類合戦の文芸史』三弥井書店/2017]

伊藤慎吾『擬人化と異類合戦の文芸史』(三弥井書店/2017)を読んだ。 日本の説話・物語等にみられる「擬人化」について書かれた本。ここでいう「擬人化」は、「なにかを...

一字千金二千金♪  [くずし字を学ぶ]

最近、くずし字を勉強している。 実は2年ほど前も、漠然と「なんかおもしろそう」と思って少し勉強していたのだが、特に目標がなかったので、すぐにやらなくなった。 今回...

文楽の現場 #2 大阪遠征の現場 2日目、あるいは大人の趣味遠征の話 [国立文楽劇場公演]

先日の記事、大阪遠征の話の続きです。 [2日目] ??:?? 起床 無限に寝られる&とにかくギリギリまで寝ていたいタイプなので、ギリギリまで寝ている。そのため、ホテル...

義太夫のノベライズ [『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 10 能・狂言/説経節/曾根崎心中/女殺油地獄/菅原伝授手習鑑/義経...

いまリアルタイムで刊行されている古典の現代語訳本といえば、河出書房新社が出している池澤夏樹個人編集の「日本文学全集」が有名だと思う。正直このシリーズはプロモーシ...

文楽の現場 #1 大阪遠征の現場 1日目 [国立文楽劇場公演]

古典芸能って、見ない人にとっては、何がどうなっているのか、全く知り得ない世界だと思う。 自分自身も観に行くようになる前は、どういうところでどういうふうに公演して...