ふじちょうのヨモ

    • 現行上演のない浄瑠璃を読む
      現行上演のない浄瑠璃を読む
      • 10本

      人形浄瑠璃文楽での現行上演がなく、テキストでのみ残っている浄瑠璃を読んだ記録。

    • 文楽の現場
      文楽の現場
      • 7本

      文楽公演の現場よりお伝えします。

浦島年代記(うらしまねんだいき) [現行上演のない浄瑠璃を読む #9]

初演=元禄13年[1700]or 享保7年[1722] 大坂竹本座 作者=近松門左衛門   この記事初の近松物。  タイトルからわかる通り、浦島太郎伝説の翻案だが、半分くらいは…

伊達競阿国戯場(だてくらべおくにかぶき)[現行上演のない浄瑠璃を読む #8]

初演=安永8年[1779]3月 江戸肥前座 作者=達田弁二・吉田鬼丸・鳥亭焉馬 今回は、並木宗輔作品以外から。 伊達騒動+累伝説をマッシュアップした内容で、同名の歌舞伎…

後三年奥州軍記(ごさんねんおうしゅうぐんき) [現行上演のない浄瑠璃を読む #7]

初演=享保14年[1729]正月 大坂豊竹座 作者=並木宗輔、安田蛙文 後三年の役に取材した内容。八幡太郎義家・加茂次郎家綱兄弟と、奥州の清原武衡・家衡兄弟の戦いを描く…

南都十三鐘(なんとじゅうさんがね) [現行上演のない浄瑠璃を読む #6]

初演=享保13年[1728]5月 大坂豊竹座 作者=並木宗輔、安田蛙文 奈良時代、長屋王子が藤原広嗣とともに帝位簒奪を図る中、橘諸兄が国家安泰を守ろうとする物語。 最終的…

桜御殿五十三駅(さくらごてんごじゅうさんつぎ) [現行上演のない浄瑠璃を読む #5]

初演=明和8年[1771]12月 大坂竹本座 作者=近松半二、栄善平、寺田兵蔵、松田ばく、三好松洛 近松半二作品のうち『妹背山婦女庭訓』の次に発表されたもので、足利義政公…

尊氏将軍二代鑑(たかうじしょうぐんにだいかがみ) [現行上演のない浄瑠璃を読む #4]

初演=享保13年[1728]2月 大坂豊竹座 作者=並木宗輔・安田蛙文 足利尊氏亡き後、将軍の座を巡り、尊氏の嫡子・義詮と、弟の直義が対立するというストーリー。 『太平記…