見出し画像

「老い」は克服せずにシェアしよう

たいへんなデータがあります。日本人の死亡率はどれくらいか知っていますか?…100%です。
上智大学・デーケン神父が話の導入につかう、十八番のフレーズだ。私たちは、みな、いずれ死ぬ。デーケン氏は、死をタブー視する現代日本人に、死生観形成の大切さを説いてきた。
そんな全ての人にやがて訪れる死の前に、ほとんどの人が迎えるものがある。「老い」だ。人間は生まれた瞬間から老いる運命にある。そして、その老いも、現代では負の意味付けをされることが多い。ましてや高齢化は進み、自身の「老い」のみならず、歪な社会構造としての「老い」とも向き合わねばならない。

先日、「つながりが切り拓く未来#01 テクノロジー×シニア 変わる僕たちの働き方」と題したイベントが開催された。三人の登壇者、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師の石山アンジュさん、東京大学先端科学技術研究センター専任講師・檜山敦さん、ランサーズ株式会社代表取締役社長CEOの秋好陽介さんを迎え、テクノロジーを駆使したシェアリングエコノミーが可能にする、シニアを巻き込んだ働き方の変化について語り合われた。(イベントレポートは以下)

興味深いデータや事例の中、特に印象的だったのは、「テクノロジーで人口ピラミッドをひっくり返す」という檜山さんの言葉だ。石山さんが伝導する「シェアリングエコノミー」、檜山さんが実践する「GBER」なるシニアの社会参加を促進する取り組み、秋好さんが経営するオンラインマッチングビジネス。ほかにも三者三様の話において共通するのは、テクノロジーの有用性だ。
27歳にしてテクノロジーに置いてけぼりになりがちな私は、片仮名が登場するだけで一歩引いてしまう。
しかし、社会の構造上、隅の方に溜まっていってしまいがちな「老い」を爆発的に変換させるには、なるほどテクノロジーの力が欠かせないのだと納得する。そこで可能になるシェアというのは、一つのものを共有できるだけでなく、物事の見方に二面性を持たせられるのか。たとえば、余りがちなシニアの労働力も、即した場があれば経験の詰まった貴重な財産だ。

どれほど医療技術が発達しても「死」には抗えないのと同様に、我々は、「老い」もどうやったって克服できない。ならば、死生観を形成するように、老成観も養いたい。
さようならアンチエイジング。グッバイ若づくり。「老い」をシニアに独り占めさせず、テクノロジーによって社会でシェアする。そこで映し出される新たな価値観こそ、これからの生涯の働き方を変えるかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。貴殿の貴重なサポートは狐の餌代に回させていただきます。

おすす麺10選⑧鯛塩そば/鯛塩そば灯花(曙橋)
49
耳かき狐のミミだよ。アートに生きてロックに死にたいっ

コメント3件

シニア不在のシニア論議ではないか、心配です。「シニア相手のシェアライドはスマホで呼ぶ」とか。70代のスマホ保持率13%を知った上でのことでしょうか?

私自身は海外在住50年1985年からパソコン使っていましたから抵抗はないのですが、テクノロジーも必要がないと覚えないものなのでしょう。(スマホなんて見えないし、日本のおばあちゃん達はキーボード扱えない、Faxが生き残っている世界でも稀有な国。横文字の国の秘書は殆ど女性だった)
それにこのカタカナ文化!カタカナにすると高級感が出せるから?おまけにめちゃくちゃな外国語のちゃんぽんが多すぎる!
続)西欧で「尊厳死」の議論が盛んなのは平均余命が日本と同じぐらい長く、キリスト教では自死が許されていないからでもありますが。
mamieさま
コメントありがとうございます。「老い」の議論は、単に社会構造的な話ではなく、文化・宗教・精神にかかわるため、カタカナ語やテクノロジーで一発逆転できる類のものではないとのこと、共感です。ただ、テクノロジーによって、すくなくとも問題意識を共有できる幅は広るのかなと認識しています。これまでは、当事者やその家族、福祉領域・政界にとどまっていたものを、世の中事として受け止められるのなら好感を覚えます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。