見出し画像

【Voicy】知恵の木を植えるラジオ、はじめました。

こんにちは。
フォレスト出版編集部の森上です。

突然ですが、お知らせです。

弊社は、注目のボイスメディア「Voicy」にて、フォレスト出版の公式チャンネル【フォレスト出版チャンネル|知恵の木を植えるラジオ】を開設、本日、第1回目の放送を配信しました。

▼フォレスト出版チャンネル|知恵の木を植えるラジオ

「フォレスト出版チャンネル|知恵の木を植えるラジオ」では、平日の朝に、社内の編集者やプロデューサー、出版関係者、著者本人が【旬のコンテンツ情報】はもとより、【本づくり・コンテンツ作りの秘話・裏側】【最新ビジネス情報】など、リスナーの皆さんにとって「役に立つ」情報をお届けしていきます。

毎回10分~15分程度の放送なので、通勤中や、仕事や家事をしながら、ラジオ感覚で楽しめる無料ボイスチャンネルです。興味のある方はチェックしてみてください。

今回は、Voicyとの出合いから、私たち出版社がVoicyで公式チャンネルを始める経緯、これから「フォレスト出版チャンネル|知恵の木を植えるラジオ」でお伝えしたいと考えている放送内容などについてお伝えしたいと思います。

■Voicyとは?

noteを読まれている皆さんはすでにご存じの方も多いと思いますが、ボイスメディア「Voicy」は、キンコン西野さん、ホリエモンさん、ちきりんさん、イケハヤさん、茂木健一郎さん、はあちゅうさん、ワーママはるさん……などなど、感度の高い方々が次々と個人チャンネルを開設、配信している、今、一番ホットな音声メディアとして注目を集めています。

▼Voicy


▼Voicy公式note

■音声メディアの可能性と「Voicy」との出合い

音声メディアといえば、ラジオですよね。私事で恐縮ですが、学生時代の私は深夜ラジオのヘビーリスナーでした。というか、もっぱらニッポン放送のリスナーでした。ちなみに、父はTBSラジオ派だったので、家族それぞれがマイラジオを持っていました。

中学時代は、何と言っても「三宅裕司のヤングパラダイス」(略して「ヤンパラ」。リスナー参加型コーナーの1つ「ドカンクイズ」に同級生が出演したときは興奮しました)と「ビートたけしのオールナイトニッポン」。高校時代は、「とんねるずのオールナイトニッポン」、大学時代は、「ナインティナインのオールナイトニッポン」「松村邦洋のオールナイトニッポン」。社会人に入ってからはラジオ生活からすっかり離れていましたが、今から約5年前に「radiko(ラジコ)」のアプリを入れて以来、深夜ラジオ熱(というか、オールナイトニッポン熱)が再燃し、「オードリーのオールナイトニッポン」(リトルトゥースです)をはじめとした深夜ラジオ生活が復活しています。

ラジオの魅力は、あの演出があるようでない自由な雰囲気と、リスナーとの距離が近く、普段聞けないパーソナリティの生の本音が聴ける点にあります。リスナーだけが知っているという共有感、内輪ネタ感が醸成される――。ファンベースマーケティングが求められるなか、個人的なラジオ体験を通じて、音声メディアにその可能性を感じていました。

そんな思いを抱いているなか、「Voicy」に出合ったのは、今からちょうど1年前のことです。以来、通勤中の電車の中でキンコン西野さん、ワーママはるさんの番組を毎日聴くようになって、Voicyリスナー歴丸1年、今やすっかりVoicyのヘビーユーザーとなっています。

人気のキンコン西野さんやワーママはるさんが配信している内容は、毎回質の高い学びと気づきを与えてくれます。お二人のようなレベルまでになるには相当な努力が必要であることは重々承知しつつも、毎日聴いている中で、いつか出版社として何か発信できないだろうかと思うようになっていました。

インターネットラジオといえば、以前からポッドキャストがありますよね。ポッドキャストも、誰もが個人で音声配信ができるすばらしいサービスだと思います。ただ、あくまで個人的な見解なのですが、発信者の内容や質が正直、玉石混交。個人的に聴く習慣までに至ることはありませんでした。

一方、Voicyは、発信者になるための審査をしており、発信者とその内容のクオリティがとにかく高いのです。また、今年に入ってから、発信者として、感度の高い個人や企業が続々と集まってきていたので、弊社もいち早く始めたいと強く思うようになったのです。

■Voicy「フォレスト出版チャンネル」開設の目的

思い立ったが吉日です。2020年9月、さっそく社内の幹部に「Voicy」の開設と配信を提案したところ、前向きな意見が多く、スムーズに開設が決定。弊社代表の太田の口グセであり、社風とも言える「1勝9敗でいいから、新しいこと、面白いことをやろうぜ!」精神の体現です。ありがたい反面、プレッシャーも感じています。会社からOKが出てすぐに社内にVoicyチームを結成。Voicyのご担当者(Sさん、いつもありがとうございます!)のアドバイスをいただきながら準備を進め、本日、無事第1回目の放送を配信することができました。

今までも、弊社では書籍やコンテンツのプロモーションにおいて、PDFや動画、音声などの無料コンテンツを提供してきました。ただ、お客様には、結局、最終的には商品の売り込みの顔しか見せていませんでした。つまり、等身大かつ本音のフォレスト出版を知っていただく機会をほとんどつくっていなかったのです。

その機会を探る中、文字メディアでは「note」音声メディアでは「Voicy」という形で、読者の皆さんに等身大かつ本音のフォレスト出版を発信していくことになりました。

これらの取り組みが、結果的に、今までフォレスト出版を応援してくださっている読者の皆さんに対して、少しでも恩返しになればいいなという思いで臨んでいます。

■Voicy「フォレスト出版チャンネル」の概要と今後の放送予定テーマ

この記事冒頭でもお伝えしたとおり、Voicy「フォレスト出版チャンネル|知恵の木を植えるラジオ」では、平日の朝に、社内の編集者やプロデューサー、出版関係者、著者本人が【旬のコンテンツ情報】はもとより、【本づくり・コンテンツ作りの秘話・裏側】【最新ビジネス情報】など、リスナーの皆さんにとって「役に立つ」情報をお届けしてまいります。

メインパーソナリティを務めるのは、フォレスト出版デジタルメディア局渡部洋平(わたべ・ようへい)今井佐和(いまい・さわ)の2名。

ゲストとして、社内の編集者やプロデューサー、著者本人などが登場し、有益な情報をお伝えします。毎回10分~15分程度の放送なので、通勤中や、仕事や家事をしながら、ラジオ感覚で楽しめます。

平日の毎朝配信が基本ですが、土日祝日に、スペシャルゲストを招いた特別放送回なども予定しています。

なお、Voicyには、アーカイブ機能があります。最新の放送回から過去の放送回まで、アーカイブからいつでも好きなときに聴けるので、聞き逃しても安心です。
「フォレスト出版チャンネル」をフォローすると、さらに便利です。

【放送概要】

◎配信メディア:ボイスメディア「Voicy」
 ※PC・スマホ・タブレットにて無料で聴けます。
 ※「Voicy」無料専用アプリで聴くと便利です。
◎チャンネル名「フォレスト出版チャンネル|知恵の木を植えるラジオ」
https://voicy.jp/channel/1366
 ※フォローすると便利です。
◎最新回配信日時:平日毎朝8時15分すぎ
 ※諸事情により配信時間がズレる場合があります。ご了承ください。
 ※最新の放送回から過去の放送回まで、アーカイブからいつでも好きなときに視聴可。
 ※フォローすると便利です。
◎メインパーソナリティー(日替わり):渡部洋平、今井佐和

【今後の放送予定テーマ】(一部)

◎出版企画は、どうやって決まるのか?
◎男の嫉妬、女の嫉妬、何が違うのか?
◎クリス・モンセン本人が、新刊『生き方は、選べる』を語る!
◎出版社がつくる、本以外のコンテンツとは?
◎書籍タイトルのつけ方、決め方
◎編集者が本を売るためにやっていること
……and more!
※タイトルやテーマが変わる場合があります。ご了承ください。

今お読みいただいている公式noteとともに、ボイスメディアVoicyの「フォレスト出版チャンネル|知恵の木を植えるラジオ」の今後にぜひご期待ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今後ともフォレスト出版をよろしくお願いします<(_ _)>
31
東京・神楽坂の出版社、フォレスト出版の公式note。私たちはメッセージ力を持つ木(著者・アイデア)とともに成長して、「大きな森=豊かさ」へと繁栄させることをミッションとしています。HPはコチラ⇒https://www.forestpub.co.jp/