見出し画像

日本vsチェコ


FIBA バスケットボールワールドカップ2019
開幕し、私も現地へ!!

1次ラウンドの会場は
上海オリエンタルスポーツセンターです。
2戦目の相手は初出場のチェコ。(世界ランク24位)
アメリカ戦を控え白星が欲しい日本。
昨シーズンまでNBAウィザーズに所属していた
司令塔サトランスキー選手に特に注意が必要。
八村選手とは新旧ウィザーズ対決ともなります。
もし勝利すればヨーロッパ勢相手に
64年の東京オリンピックで
イタリアとハンガリーに勝利して以来の
勝ち星となります。
日本時間の17時30分TIP OFF!




・STARTING 5

日本
#24 田中大貴
#18 馬場雄大
#8 八村塁
#12 渡邊雄太
#22 ファジーカスニック

チェコ
#8 トーマス・サトランスキー
#17 ヤロミール・ボハチック
#7 ヴォイチェフ・ハルバン
#31 マーティン・クリズ
#12 オンドレイ・バルビン

・戦評

田中選手がこの試合スターターでPG。八村選手最初のプレーでファウルを貰いフリースローを2本沈めます。チェコは注目の#8サトランスキー選手のドライブが最初の得点。馬場選手がマッチアップ。リングに向かっていく姿勢がトルコ戦に比べて増え、田中選手のドライブなどもありますが、得点にならない時間が続きます。渡邊選手のミドルシュートでやっと4点目。馬場選手のアタックから八村選手のリバウンドショットで得点。チェコゴール下の#12をどう守るかも課題。渡邊選手のドライブで10-11。#12にターンシュートを決められますが田中選手の3Pで同点!篠山選手が入り、サトランスキー選手とマッチアップ。田中選手がシュートを決めここまでで7得点。1'21"渡邊選手が決めて日本リード。3Pで再びチェコ逆転。八村選手のフリースローで同点として第1Q終了。チェコボールから始まる第2Qは、#6に押し込まれてバスケットカウントを与えてしまうスタート。八村ハイポストからミドルで得点。比江島選手がファウルを貰いフリースロー、竹内譲次選手のディフェンスが相手のミスを誘い、日本、なんとか勢いに乗りたいところ。ファジーカス選手がゴール下、比江島選手がドライブを決め点差を縮めますが、ターンオーバーなどで再び差を広げられ日本タイムアウト。タイムアウト明けもターンオーバー。チェコも3Pを沈め確実に点を重ねます。29-39で10点差に。渡邊選手の技ありバスケットカウントで流れを掴めるか日本。ファジーカス選手が3P、渡邊選手がドライブをねじ込みます。これで37-40。ファジーカスー八村合わせプレーで八村選手のダンクシュート!!得点にはなりませんでしたがファウルを貰いフリースロー。第2Q残り6.7秒、比江島選手が運んで自ら決め切ります!5点を追い後半へ。

後半はスタートの5人でゲームに入ります。八村選手がファウルを貰いフリースローを沈めますが得点できない時間帯が続きます。7'38"43-52となったところで日本タイムアウト。篠山選手が入り、どうゲームメイクしていくか。チェコも前から当たってきます。八村選手がリング下で囲まれながらリバウンドダンク!強さを見せます。24秒バイオレーションになり、日本後半2つ目のタイムアウト。篠山選手から渡邊選手の合わせのプレーが出て、日本はゾーンディフェンス。このまま波に乗れるか。差は10点。八村選手がオフェンスファウルを取られ、チェコは3Pを決めてきます。八村選手がゴール下で、そしてチェコのシュートに対して全員でブロック、リバウンドと粘ります。比江島選手が3Pを決め52-60、チェコがタイムアウト。日本はゾーンディフェンス使いながら守りますがゴール下のシュートを決められてしまいます。篠山選手が時間を使いフローター。最後にトルコは走って得点、55-64で最終Qへ。第4Qは最初からゾーンディフェンスで守ります。ターンオーバーとなる場面が多くなりチェコにも走られて57-71、点差が開き始めます。馬場選手から八村選手、奥田中ラインで八村選手ダンク!残り6分でファジーカス選手個人ファウルが4つとなってしまいます。ターンオーバーからのファストブレイクを許してしまいますが、篠山選手が3Pを決めます。残り3分16秒で日本最後のタイムアウト。八村選手がねじこみ繋ぎますが、ファジーカス選手ファウルアウト。渡邊選手もシュート、リバウンドと粘りますが差は12点。馬場選手がアタックしていき竹内譲選手も決めますが、及ばず。試合終了となりました。

・スコア

日本vsチェコ
1Q 18-18
2Q 22-27
3Q 15-19
4Q 21-25

76-89

・スタッツ

#8 八村選手 21得点 6リバウンド
#12 渡邊選手 15得点 5リバウンド
#22 ファジーカス選手 12得点 10リバウンド

・個人的痺れたplay

・2Q 6.4秒
比江島選手が自ら運んで決め切るラストのplay。なかなか持ち味が発揮できていない比江島選手が気持ちで入れたシュートかなと。これをきっかけに本来の力を伸び伸びと表現して欲しい!

・3Q 5分11秒
篠山選手から渡邊選手への合わせ。タイミングギリギリのところで阿吽の呼吸の鮮やかなplayだったと思います。


田中大貴選手のバースデーゲームとなったこの試合。立ち上がりは田中選手がシュートを沈め出だしはいい雰囲気でしたが、ターンオーバーから相手に点を許してしまう勿体ない場面が多かったかなと思います。それでも、流れが来ない時間帯も、全員でリバウンドに向かう、諦めない、姿勢が要所要所でありました。

私はこの試合会場で応援!世界の舞台で日本を背負って戦う選手たち。臆せずまっすぐに!!

#バスケットボール
#AkatsukiFive
#Bリーグ
#Wリーグ
#スポーツ
#FIBAWC

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 船岡未沙希
1
フリーランスのアナウンサーです。スポーツと浜田省吾さんをこよなく愛しています。佐賀県唐津市出身。両膝前十字靭帯断裂し選手から転向、明治大学体育会男子バスケ部主務。寝ても覚めてもバスケが好きなのでその想いを綴るアカウントを作りました。番外編で他スポーツについても。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。