見出し画像

noteの注目デザイン・マーケ・テック記事を、slackに自動配信するには?

ついにnoteがRSSに本格対応! そしてslackにも配信できるようになりました。

#デザイン記事まとめ」や「#マーケティング記事まとめ」などを、slackに配信して、チーム全体のナレッジを効率よく高められます。

slackに記事を流す利点は、おもに以下の3つです。

・チーム全体で最新の知識を共有できる
・チームの視点を引き上げられる
・個人RSSと違い、その場で議論ができる
・仕事の合間にそのまま知識を伸ばせる

ものすごい速度で、チーム全体を成長させられます。


1. 配信用のChannelを作る

slackに情報フィード用のChannelを作ります。名前はなんでもOK。たとえばDesign Newsなどにしてみましょう。


2. サイドバー下部のAppボタンを押し、アプリ連携一覧を開く

slackのサイドバー下部に、「Apps」とかかれたボタンがあります。こちらをクリックして、slackにRSSを連携させます。


3. RSSアプリを選ぶ

slackは様々なボットアプリと連携できます。今回はRSSアプリを選択。


4. RSSアプリのセッティング画面から、フィードしたいRSSのURLを入力

Feed URLの欄にRSSのURLを打ち込みます。
以下にnoteでオススメのものをいくつか。

#デザイン まとめマガジン
https://note.mu/notemag/m/m57787022cedc/rss

#マーケティング まとめマガジン

https://note.mu/notemag/m/m6d7dfb2cedc7/rss

エンジニア系まとめマガジン
https://note.mu/notemag/m/mdafce2b0ebe1/rss

#図解 まとめマガジン
https://note.mu/notemag/m/m64599d9bef10/rss

なお、現在RSSが配信できるのは「ユーザー投稿」「マガジン」「オススメ」「カテゴリ」「ハッシュタグ」です。


5. 配信先のチャンネルを作る

同様にPost to Channelのメニューから、投稿先のChannelを選ぶ。さきほど作ったチャンネルをセットしよう。


6. メンバーを呼ぼう

これで完成!
新しく作ったチャンネルにメンバーを集めましょう!


というように、これからnoteの様々な記事がslackに流し込まれるようになります。様々なプロフェッショナル、まとめマガジンをslackに流し込むことで、チームのナレッジやスキルアップがガンガンと捗ります。

みなさまどうぞお試しアレ!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

ありがとー(お返事がランダムに出せるようになりました)
167
piece of cake CXO。THE GUILD代表。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 UXデザインやUIデザイン、noteのカイゼン報告などについて書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。