理系ファッションアドバイザーKaori

オシャレではなかった元理系オタク、元IT企業社員。偶然の出会いからファッション理論を学ぶ。理論的な分析にて、「あなただけの似合うポイント」を引き出し、再現性のあるファッションを提案。目指すのは「オシャレ」ではなく「お客様が自分自身を好きになる」こと。留学暦6年、イギリスかぶれ。
    • ファッションは9割が理論、1割がセンス。
      ファッションは9割が理論、1割がセンス。
      • 55本

      自分を好きになる理系ファッションアドバイザー、Kaoriによるマガジンです。 「私にはセンスがないからオシャレになれない・・・」そう思う方は多いです。漏れなく、私もそう思っていました。 服選びは9割が理論。たとえセンスがなくても、誰でもオシャレになれる!その理論について、わかりやすく紹介します。理系ならではの分析・考察も多々!

    • 理系ファッションアドバイザーの茶道日記
      理系ファッションアドバイザーの茶道日記
      • 6本

一度の買い物の失敗で「色物は似合わない」と思い込んでませんか?

理系ファッションアドバイザー、Kaori です。元はダサめの理系オタク、IT企業を退職し、とある強い思いからファッションの仕事をしています。 冒険するのが怖くて、クロ…

オンライン映えするフォーマルコーディネートの選び方②

理系ファッションアドバイザー、Kaori です。元はダサめの理系オタク、IT企業を退職し、とある強い思いからファッションの仕事をしています。 こちらの記事は「オンライ…

ファッション・イン・ジャパンを見てきた④

理系ファッションアドバイザーの Kaori です。東京の国立新美術館で開催中の1945-2020の日本のファッションの遍歴を追う展示会。その感想③です。 前回のnote では、「自…

ファッション・イン・ジャパンを見てきた③

理系ファッションアドバイザーの Kaori です。東京の国立新美術館で開催中の1945-2020の日本のファッションの遍歴を追う展示会。その感想③です。 前回は、既製服が登場…

ファッション・イン・ジャパン展を見てきた②

東京の乃木坂にある国立新美術館のファッション展に行ってきました。1945-2020の日本のファッションの遍歴を追う展示会。その感想②です。 物資が少ない1950年代は、洋服…

ファッション・イン・ジャパン展を見てきた①

東京の乃木坂にある国立新美術館のファッション展に行ってきました。 1945-2020の日本のファッションの遍歴を追う展示会で、250体ものマネキン、映像も含めたら500以上の…