新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

先生が届けたい学習動画のキュレーションサイトを作りました。  -参加方法も教えます-

ファンタムスティックでは日頃から教室ではない、自宅などで活用できる学習アプリを開発してきました。現在のコロナウィルスによる休校に伴い、そのニーズは大きくなり弊社のアプリの認知も増えてきました。ただ私達としては、アプリだけでは今の求められている学習課題を解決できるとは思っていなくもっと何かできるのではとこの数ヶ月考えてきました。

そこで、弊社が共同研究を進めている小学校教員の伊勢先生とお話をしました。そこから感じ取ったのは、オンラインへ展開していきたい強い思いでした。学校としてではなく、個人の先生として子どもたちへ配信できる方法を探っていました。

私自信、学校がオンライン化へ進めるために存在する大きな課題は理解しているつもりです。そのため、学校のオンライン化への対応の遅さに関してとやかく言うつもりは無いです。ただ、この先生の思いを学校とは関係なく応援できないかと思いはじめました。

その思いを立ち上げることにしました!「オンライン センセイ」というキュレーションサイト( https://fantamstick.com/online-sensei  )。目的は2つです

1)  学校として進めている学習指導要領などの内容ではなく、先生が自由にアイディアベースで学習に関する動画を配信したものを集めたサイトを作りたい。先生の中には素晴らしい学習への考えを持っているけど、規則によって制限されている可能性があると思っています。その自由な学習コンテンツが、今までにない子どもたちを刺激して、新しい多様化した教育の可能性を作ると思っています。例えば:レゴで化学記号を教える、マイクラで生態系の勉強を教える、友達に仕事の楽しみを話してもらう。などなど、様々は学習コンテンツが生まれます。それも、先生という教育現場に近いプロのアイディアなので子供心を一番わかっていると思います。

2) すでに動画を配信している先生も多くいると思います。ただ Youtubeにアップすると他のエンタメ系の動画と混ざってしまい、すぐに子供の意識が学習から外れてしまいます。オンラインセンセイでは学習のみの動画をカテゴリに分けて表示しているので、このリンクを教える事で子供が自分が興味ある学習動画を見つけて、続けざまに他の学習コンテンツも見る事ができます。

現在のオンラインセンセイでは、このプロジェクトのキッカケとなった伊勢先生を中心に20コほどの動画を公開しています。どれも先生が自由に発案し配信したい内容になっています。例えばこちらは著名な書芸家と作った「書芸家SOGENさんと墨であそぼう!」

<< 参加の方法 >>

学習に関する動画のリンクとどのような内容なのかを教えてください。オンライン先生に追加させて頂きます!

動画のアップロードが自分では出来ない場合は、ご相談してください。伊勢先生の動画もそうですが、弊社のYoutubeチャンネルにアップしてオンライン先生に登録しています。その場合は、スマホなどで撮った動画を送っていただければOKです。

どちらもこちらの e-mailへご連絡いただければ onlinesensei@fantamstick.jp


<< 今後のオンラインセンセイ >>

オンラインセンセイは本当にアイディアをすぐに形にしたものなので、至らないところが多々あります。収益などを考えたものでなく、思いを形にしたいというスタートで進めています。反響があるようでしたら、もっといろんな事ができるサイトへ成長させたいと思っています。

<< ご支援していただけるようでしたら >>

もしこの活動に意味があると感じるようでしたら、この記事を拡散して頂けると大変嬉しいです。このオンラインセンセイの成功はコンテンツの多さにあると思っています。子どもたちが日本中の先生から、自分にあった教え方の動画を発見し、学習に興味をもち、もっと勉強したいという気持ちに出来ることが可能なら、いま求められている学習ニーズを達成出来るのではと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
ファンタムスティック代表。「続く勉強法」としてゲーム式学習サービス(算数忍者)作ってます。元デザイナー。趣味はスケボー、2児の父。https://fantamstick.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。