よくあるデマをブチのめすコツ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

よくあるデマをブチのめすコツ

「日本は衰退している」
「日本はもうこれ以上成長できない」
「日本はもうだめだ」
「日本はもう諦めろ」

これらのキーワードをきっちり連呼しにくるのは、
まあだいたいシナチョんパヨクの寝言なのだが、

「そんな日本からフッ化水素を輸入してる韓国は地獄だなw」
「そんな日本で就職したがってる韓国人は無能だなw」

など、事実を粛々と突きつけてやればいいわけだ。
なにせあいつらの言い分って、
具体的なデータを伴っていたことが一切ないからね。

・・・・というか、うん。
「もうだめだ」「諦めろ」あたりのキーワードは、
間違いなくお仕事で拡散されてるだろと断言できるくらい、
不自然なほど連呼されているからね。

2009年の衆院選前後の2chなんて、
それはもう面白いどころじゃなかったからな。

画像1


今の日本は「人口減」と「ジジババ優遇デフレ」に伴い、
現実的な成長を感じるのは難しくなっている。
それは事実だ。

しかしその反面で、
他国が武漢コロナウイルスで死者を増やす中、
日本は例年よりも17000人も、死者を減らしてみせた。

成長があるとすれば、
火炎瓶を投げていたパヨク老害世代よりも、
犯罪率が下がり、学力が上がり、治安がよくなっていることだ。

ウソだと思うなら調べてごらんなさい?
全部データが出てますから。

ゆとり世代は無能だと、
最近の若者は凶暴だと思っているなら、
あなたはテレビや新聞の報道に騙されているってことだから。


いうまでもないけど、
先進国ってのは、
他国より成長しきっている国のことを指すからね。

いくらでも成長できる余地が残ってる後進国と違って、
そう簡単に成長できる余地なんかないから、先進国。


成長できてないことは不名誉なことじゃないし、
成長していることは、決して名誉なこととは限らない。

ソ連が崩壊したときGDPを6倍に盛っていたと判明したように、
中国や韓国のようなウソつき国家が、
自称するGDP通りに経済成長していると考えるべき道理こそがない。

日本衰退論を客観的に証明しうる要素があるとすれば、
人口減と、ジジババ優遇デフレ=失われた30年であって。

特許黒字国は日米英独仏がトップを走り、
中韓はいつまでたっても赤字のままだ。
中国や韓国ごときが日本を技術で追い抜いたというなら、
日本の輸出管理を元に戻してホワイト国にしろだなんて、
要求するわけがないからな。

ダンピングでシェアだけ強奪したのがシナチョんで、
それゆえに日本は先進国向けの高級品路線に転換した。
途上国向けに、使い古しの技術で家電を作ってホルホルされても、
日米欧は、既にそのステージを卒業しているってだけだ。




んまあ、なんですか?

絶望感なんて些細なものを与えたって意味がないと思うなら、
東日本大震災当時のことを思い出してみればいいよ。

希望だの絶望だのという小さいものは、
少しずつ蓄積されていくからこそ、心に爪痕を残すに至る。

少しずつ、デマでもいいから不安や絶望を煽る。

これ、古今東西のスパイ行為の第一歩にして鉄則だからね。

自分は改憲派なので左翼です。 これは左翼という言葉の定義です。 くれぐれも右翼呼ばわりなどなさいませぬよう。