瞳 アイ
ブラックな会社のお話

ブラックな会社のお話

瞳 アイ

仕事に行かなくなって3ヶ月が経とうとしています。

1年と少し前、高校を卒業してキラキラした瞳で入社した前の店舗。入社して次の日にはもうそのキラキラはなかった。
なにをやればいいのか分からずうろちょろしていたら、やることを探せと言われた。
訳が分からなかった。きっとその時からこの会社はちょっと意地悪だなと気づいていた。
その時に逃げればよかった。そうすればこんなことにはなっていなかったのかもしれない。

不器用で容量の悪いわたしは検定に落ち続けた。いつからか「できない子」になっていた。
周りと比べられ、怒られ、オーナーからの圧に負けたわたしは、あーわたしってどうしてこんなに上手く出来ないんだろう、と自分自信を追い詰めているうちにうつ病になっていった。

去年のちょうど今頃。
今の店舗に移った。
オーナーは前と変わらない。
だけどあの大嫌いなオーナーが居ないだけで心が楽だった。でもそれも少しの間だけだった。
今の店舗に、「あの子はメンヘラだから気をつけてください」との伝達があったらしい。
うつ病、ADHDなどと書かれた診断書を提出してから、うつ病=メンヘラという風にオーナーの中では変換されてしまった。
そこから当分、わたしは新しい店舗でメンヘラ扱いされてしまった。自分のことは大好きなのに。うつ病とメンヘラは違う。わたしはとても悲しかった。

店舗を移動してからもオーナーからの他のことは明らかに違う扱いは変わらなかった。
むしろ少し酷くなったかもしれない。

月に一度のミーティングは地獄だった。
毎回わたしはミーティングで言葉で潰された。
他のアシスタントは一言二言しか言われないのに、私だけ10分ちかく全スタッフの前でわたしの出来なさ、無能さを言われた。むしろあれはただの悪口だった。頑張ってないからできないと言われた時、こいつには何を言っても伝わらないと思った。練習もしていたのに。ただ本番に弱くて前日から眠れなくて、周りからの圧に負けてしまい、本番全身の震えが止まらなくて上手くできないだけなのに。
確かに結果に残せなければ意味が無い。
だけど普段頑張っているものを見ないで言われるのがとても嫌だった。

今年の3月頃。
胃腸炎で仕事を休んだ。
本当は数日休まなければいけなかったけどオーナーに悪口を言われるので次の日には出勤した。その出勤した日は運が悪くミーティングだった。そのミーティングの最後のいくら体調が悪くても店に来い。こちらが帰すかを決める。とみんなの前で言われた時は訳が分からなかった。胃腸炎で家の中を移動するのも苦なのに、どうやって職場にいくんだ、途中で倒れたらどう責任を取ってくれるんだろうか。と思った。やっぱり口に出して言うことは出来なかった。
あとからわかったことだが、オーナーはわたしがズル休みしたと思っていたらしい。わたしはズル休みなんてしたことがなかった。

それから2ヶ月後。
5月下旬頃。
お店が混みすぎて疲れすぎて夕方に過呼吸になった。バックルームに水を飲みに行った。視界はグルグルしていた。
バックルームに入ってきたスタイリストに、
「大丈夫?あそこシャンプーお願い。」と言われた。何言ってんだこいつ、と思った。
頑張って息を整えて、でも少しふらつきながらわたしはシャンプーをした。終わったあと、さっきよりも明らかに酷い過呼吸になり、受付の子にもう無理といい号泣してしまった。
呼吸は頑張っても整えられなかった。
1時間休ませてもらった。
あの時に助けてくれた受付の子と同期と店長には感謝してます。ありがとう。

5月の頭頃からずっと体調が悪くて、でも休むとまたオーナーに嫌味を言われてしまうから、毎日市販の痛み止めを飲んでやり過ごしていた。
その時から左足が少しおかしかった。

6月17日、さすがにもう限界だと思い痛み止めを飲むのを辞めて職場に行った。出勤してすぐに病院に行かせてもらった。お店は混んでいたので直ぐに戻らないとと思っていた。
しかし、近くの病院で今すぐに大きな病院で検査をして下さい。と招待状を書かれた。
点滴を打ってもらいながら、若いのに可哀想。よくこんなになるまで働いたね。もっと早く来れば良かったのに。と言われ涙が止まらなくなった。そんなの自分でもわかっていた。
でもオーナーやスタッフからの圧にわたしは負けて自分を犠牲にしてしまった。

大きな病院で検査をしたけれど原因は分からなかった。その後、今行っている病院に行き、ヘルニアが見つかった。少し安心した。
でも原因はヘルニアじゃないと思います。と医者に言われた。今も原因はわかっていない。

あれから3ヶ月経ったけれど今もわたしの左足はオーダーメイドのガチガチのサポーターを着けないと歩けない。
わたしの左足は社会に殺された。

平和な世界を願っていた少女は社会に出てから社会がとっても暗くて意地悪なことに気づいてしまった。
人間じゃなくて機械として扱われている感じかして悲しかった。
沢山理不尽な事で叱られて、あまりにおかしいので言い返したら喧嘩になってしまった。

まだ1年半しか働いていないけれどわたしはもう社会に疲れてしまった。
3ヶ月休んでいても、未だにオーナーに怒られる夢を見て目が覚めるし、夢の中でたくさん謝ってる。3ヶ月経っても、仕事に行ってなくても毎日心が重い。

つい先日、店長に辞める意思を伝えた。
オーナーから復活の日程を今日中に店長と話し合い私に伝えてくれと連絡があったから。
わたしは店長と話し合いオーナーにお時間よろしい時にお電話させて頂きたいです。と伝えた。でもあれから3日が経った今日もオーナーからの連絡はない。自分から急かした癖に未だに未読無視。元々やめようと思っていたからやっと辞められると思っていたのに連絡が来ない。訳が分からなかった。

世の中いい大人もいるということにミスiDを受けてから気づいた。
だけどやっぱり大人は冷たくて自分のことでいっぱいいっぱいで、侮辱する。
子供と変わらない癖に大人だから〜みたいな態度で接してくる。
全ての大人がそうではないし、1部かもしれないけれど、こんな大人が怖くて小さい頃から大人が大嫌いだった。
なのにあと4ヶ月でわたしは大人になってしまう。大嫌いだった大人になってしまう。
周りの友達が誕生を迎える度におめでとうの裏側に少し嫌な気持ちになる。
わたしも大人になってしまうんだという現実を突きつけられているみたいでとてもこわい。

20歳までに死ぬ。という夢は叶えられそうにない。でもわたしは20歳までに死にたかった。
大人にどうしてもなりたくなかった。
大嫌いな人達がいる大人という括りに入りたくなかった。毎日起きる度にああ大人が近づいてると悲しくなる。
大人になることが怖い。社会が怖い。

わたしは絶対にわたしのことを苦しめた大人にはなりたくない。わたしのことを助けてくれた大人みたいになりたい。だけどわたしは周りが思ってるよりも黒い。だからきっといい大人にはなれない。

真っ黒な社会でわたしは生きたくない。

瞳 アイ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
瞳 アイ
ミスiD2019 f 瞳 アイです。