見出し画像

Explaygroundのラボ


サムネ画像

Explaygroundでは、続々とプロジェクトが誕生しており、そのプロジェクトを我々は『ラボ』と呼んでいます。
ラボは、公教育のアップデートにつながるような取り組みや、社会実装を目指していくタネなどを持ち、自らが主体的に行動を起こした人が核となり仲間とともに協力して探求を進めていく集まり。
このラボが育ち、企業や行政との共同研究などに発展していくことで世界は自ら変えられるという学びを得られるとともに、社会実装や教育のアップデートにもつながっていきます。
各ラボには、東京学芸大学を始めとした各大学の教職員、学生、地域住民、企業人が参画しています。
今後ラボは、アメーバのようにくっついたり離れたり変化しながら成長していきます。
ここでは、そのラボを皆さまにご紹介します。興味があるラボがあれば、是非ご連絡ください(問い合わせはこちら

▼ GREEN TECH ENGINEERラボ

画像8

東久留米の森等で、森での学び、暮らしを実践することで、これから必要とされる自然とともに、自然を活用して生きていく人材の育成を目指します。
Dream 1:森を学ぶ、森で学ぶ、新しい森の学びのシステムの構築
Dream2:多くの人が森を守りながら、森に暮らす、新しい森生活システムの構築
Facebook
リーダー教員:大谷 忠(東京学芸大学 教授)、鉃矢 悦朗(東京学芸大学 教授)

▼ 異人ラボ

異人02

文化人類学とアート・デザイン領域の協働で、多文化や伝統文化を理解して自己の価値観を再構成し、新たな価値を創造していく学習プログラムの研究開発を推進していきます。各地の「異人」「まれびと」「来訪神」などを調べ自分たちなりの新しい「異人」を創造したり、「異人」を基盤として各地の祭りを再興していくことなどを予定しています。
リーダー教員:出口雅敏(東京学芸大学 教授)、正木賢一(東京学芸大学 教授)

VRラボ

画像8

VRを活用し「学び」のあり方に新しい価値を生み出すことをテーマに、「科学教育」「言語教育」「スポーツ指導」「博物館の新しい可能性」「ミラースクール構想」など多様な研究開発を推進していきます。
リーダー教員:木村 守(東京学芸大学 教授)、奥村 基生(東京学芸大学 准教授)、中野 幸夫(東京学芸大学 准教授)

遊具開発ラボ「Manobo」

遊具02

「人類史上類まれなる発明品である『すべりだい』を超える遊具を開発したい」と本気で考える人たちの集まりです。
2020年1月から実証実験始めます!(どんな遊具かはまだ内緒です)
リーダー教員:鉄矢 悦朗(東京学芸大学 教授)

Nihonbashi Music Labo(NML)

画像8

日本橋にストリートを取り戻す!
日本橋に「音楽」を基盤とした新たなコミュニティを形成し、繋がりと躍動感を生み出す空間から創造的な人材を育成していくことを目指します。
Facebook
リーダー教員:小西 公大(東京学芸大学 准教授)

いごこチーム

居心地02

「居心地ってなんだ?」という問いを問い直し、ユニバーサルにおける居心地のつくりかた、自分の居心地を自分でつくれる人材育成についての研究を進めていきます。
Facebook
リーダー教員:萬羽 郁子(東京学芸大学 准教授)

Home Soup Bar

スープ2

新しい多文化交流の形。自分の国でなく、自分の家のスープを起点に、自分の文化、自分の家の文化、自分のコミュニティの文化を語り合います。
大学における日本人学生と留学生の交流かラスターとして、地域での多文化交流にまで活動を広げていきます。
スープを飲みたいだけの方も是非ご参加ください。
リーダー教員:木村 守(東京学芸大学 教授)

▼VIVISTOP GAKUGEI 準備室

画像11

子どもも大人も、だれもが気軽に「つくることで共に学びあう」を実践できる場づくりをはじめます。木工や電子工作から、レーザー加工機や3Dプリンターといったデジタルファブリケーションまで。気になることをとりあえずやってみて、見つけたことについてわいわい話しながら「つくって学ぶ」を楽しむ人を増やします。

教育イノベーションネットワーク

東京学芸大学の卒業生で、教員にはならずに社会で教育支援を行っているOBOGと、現役の学生のネットワーク構築し、大学生による教育のイノベーションを支援していきます。
リーダー教員:金子 嘉宏(東京学芸大学 教授)

ワーケーションラボ

多拠点居住やワーケーションを行う大人が、拠点となる地域の小中高生と地域の課題を解決するシステムを構築し、並行して親が多拠点居住をする際の子どもの学校教育の在り方を研究していきます。
リーダー教員:松田 恵示(東京学芸大学 副学長)

Möbius Open Library(MOL) 

画像10

図書館と知の未来について考えるラボです。
知を蓄えて整理する仕組み(=図書館)と、知を取り込んで新しい知を生み出す活動(=学び)の関係を思いつつ、知を取り巻く新しい仕組みや活動のあり方を考えていきます。
note(ブログ) 
リーダー教員:高橋 菜奈子(東京学芸大学 附属図書館)
ファシリテーター:藤村 聡(東京学芸大Explayground推進機構 理事)

変人類学研究所

画像8

変人が変人として受け入れられる社会を作りつつ、各自が自分の変人性に気が付き、その変人性を生かそうとする人材の育成を目指します。
ホームページ Facebook Twitter
リーダー教員:小西 公大(東京学芸大学 准教授)

AIを活用したスピーキング教材開発

中国語の学生と情報の学生が協働して、第ニ外国語や初期外国語学習者のためにAIを活用したスピーキングに特化した教材を開発していきます。
リーダー教員:木村 守(東京学芸大学 教授)

▼青少年体験活動アワード

青少年が体験活動に参加することで「生きる力」を体得し、社会をよりよく生きて行く学びと成長の機会を増やすことを目指し、小中高生が体験から学ぶことを奨励するプログラムを運営します。
概要紹介 Facebook
リーダー教員:
小森 伸一(東京学芸大学 准教授)

Explaygroundとは?
未来の公教育のありかたを求めて、東京学芸大学とMistletoeで立ち上げた全く新しい学びの拠点であり、産官学民のみならず子どもまでもが協働するプラットフォームが「Explayground」です。「学び」と「遊び」がシームレスにつながり、生涯にわたって社会の中で新しい価値を創造し続けるような営みを支える環境づくりを実施します。
子どもたちを中心に市民、小中高生、大学生、教員、大学職員、行政、企業などの参加者が、未来を引き寄せるような斬新な「やりたいコト・モノ」を種として、以下の3つのフィールドをステップに、産官学民で連携して社会実装を目指していきます。

-3つのフィールド
<スタートアップフィールド>
新しい取り組みを始めるための学ぶ・遊ぶ・交わるを中心とした機会/空間/情報の提供
<アクセラレーションフィールド>
企業や行政との共同研究の開始や、スタートアップフィールド発企画のプロジェクト化とその支援
<オーケストレーションフィールド>
社会実装化や、各種プロジェクトを組み合わせての産官学民の連携・協働の推進、および起業支援

https://explayground.com/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
やってみて 、追求して 、つくりだす 。 いつだって 、世界を変えたのは変わり者だった。何にも負けない『好き』の力が新たな世界を創造する。 東京学芸大学とMistletoeの新たな教育の試み。エクスプレイグラウンド。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。