見出し画像

安倍晴明オニと出会う

 安倍晴明の前に鬼が出現す。怪奇な外見の鬼は髪は茶色で肌が褐色。鬼にしては小柄だ。
「すごい……尊い……マジモンのセーメー様じゃん。超ありがてえ……」
「何をいっているかわからんな」晴明は苦笑した。自身を女学生と呼ぶが、それも不明である。
「して、背中のものは」
「あ、これですか! えっと、平安時代って結構ヤバイって聞いてたんで、服たくさん! ナノマシン! テーザーガン!」
「やはりわからん」晴明は笑った。幼子のようでおかしみがある。「しかし、その平安時代とは?」
「え。だってここ平安京じゃ」
「ここは大安京だが」晴明は外を見せた。上空では多頭龍と犬神が相撲を取り、庭園では小型天狗が働く。先日も晴明は“えるふ”の国を旅し、元老院と会談したばかりである。
「ここ……異世界……」
「案内も兼ねて見回りしよう。ついて参れ」
【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
復路鵜

頂いたサポートは本の購入・取材・他記事サポートに使用します。

そのスキがわたしを救う
8
小説を書いて勉強しています。 自サイト(がらくた採掘場):http://clannadetc.s56.xrea.com/ 連絡先:eulearo2877■yahoo.co.jp