葬頭河総務係補佐

葬頭河総務係補佐

 三途の川は広い。留吉が泳いで渡ろうとすると般若の顔で渡し守が飛んできた。
「ちょっと! ちゃんと船に乗る!」
「どうせ順番待ちだしいいじゃん。俺、前世が病弱でさあ、いますごく健康」
「マニュアル通りにしろ。さもないと石積み送りだ」渡し守は川辺で手を動かす少年少女を指さした。賽の河原。親より先に死んだ罰で石を積むが、積まれた石は鬼が破壊していく。
「あいつらが反乱起こしたらどうするんだろうね。石って痛いぞ」
「おだまり! さてお前の来世だが……ミミズか」渡し守は書類をめくる。
「ウソだろ、どうにかならないのか! なんでもするから!」
「おだまり! そういうのは大王の仕事だ。一介の渡し守にはどうにもならん……あ」渡し守は河原を指さした。少年少女はせっせと仕事する。
「あの河原は定期的に鬼が寄るが、鬼って裸足だろう? 石が足の裏に刺さって痛いって苦情が多いんだ。それを減らしたい」
「まずそんな制度やめろよ」

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
復路鵜

頂いたサポートは本の購入・取材・他記事サポートに使用します。

そのスキがわたしを救う
小説を書いて勉強しています。 自サイト(がらくた採掘場):http://clannadetc.s56.xrea.com/ 連絡先:eulearo2877■yahoo.co.jp