見出し画像

ラッキーオールドサン、その二人


私の大好きなお二人が2/15日、夫婦になった。

私の大好きなお二人が4/17日、二年ぶりの3rdフルアルバムを発売した。

この二行だけで全て完結してしまう。が、
愛は相も変わらず溢れて止まらないから、祝いを機に残して置きたい。
大人に成り替わろうとする私の生活を彩り、守ってくれていたのは間違いなく彼女らの音楽。
声を大にしていいたい。特大にしたい。
私が今、音楽業界という場所で働こうと思ったきっかけだって、ラッキーオールドサンが居たから。
心を奪われた彼女たちの音楽を一人でも多くの人類に
知ってもらいたい、少しでも売れて良い思いをしてほしい、と
本人様達の意思と関係なく、本気でそう思って、この業界に足を踏み入れた。
実際にお仕事をご一緒したり、何か良い作用を起こせた事実など今の一度もないけれど、それくらい私は二人が生み出す音楽に心底惚れさせて頂いている。
気持ち悪いことを言おう。
もうずっと一緒に居てほしい。
離れていくと言われても、後ろの方をずうと着いて歩いていきたい。
ラッキーオールドサンの養子になりたい。
もしくはお二人にいつか訪れる新しい生命の子に生まれ変わりたい。
そのくらいの思いにさせる音楽を、この人たちは歌い続けてくれた。


初めて聞いた楽曲は1stフルアルバムのリード曲「ミッドナイト・バス」

"生まれ育った街をはなれ
君もいつかは大人になってしまうだろう
魔法が使えなくなる
心配ないさそばにいるから
もっと遠くもっともっと光へといけ
ハミングするミッドナイト・バス"

自然と耳に染み込んでいく、どこか懐かしいメロディ。
夜の静かな空気と、そこにいる"君"の姿が私の目には見えた。
ラッキーオールドサンが綴る歌詞の"魔法"という言葉は、
非現実的とは程遠く、不思議なほど親しみがあり身近だ。
この曲の次の歌詞を見て聞いてほしい。

"強がりや優しさだけじゃ
大事な人は守れない
いのちを燃やして
転がる日々のあぶく
叱ってほしいだけ
ながされないように"

な・・・・?
そういう事・・・・。
良質なフォークポップスデュオ、何てジャンルに収められる訳がない。
"優しさだけじゃ"って言ってるじゃん。
心地いいサウンドとかそれだけじゃない。
天気のいい日に聞きたいとかそれだけじゃない。
いや確かに晴れは似合うよ最高。

"いのちを燃やして 転がる日々のあぶく"
これ、根っからのパンクス夫婦だ。
いつだってリングの上で戦ってここまで生きてきた人たちの音楽だ。
さらに同アルバムから、他の楽曲も紹介させてほしい。

「坂の多い街と退屈」
少し猫背気味でギターを弾きながら歌うこの二人から
生まれた音楽だと思うとさらに愛しさがこみあげる。
私が楽曲の中に感じていた"人と生活"、"人と街"の在り方を
彼らが歌っているということ。そもそもこの1stアルバムは
「耳をすませば」の舞台にもなっている聖蹟桜ヶ丘という街が
一つの創作のアンセムになっていると、お二人のインタビュー記事に記述されていた。
その思いが最も、Lo-Fiかつインディフォーキーなサウンドで表現されていると思うのがこの一曲。
ギターのフレーズに感じた、明るみと隣り合わせの寂しさ。

"老いることを恐れないで
女の子it's gonna be alright
いくつになっても恋をする
素敵なひとでいて


答えは風に吹かれても
男の子boys don't cry
いくつになっても不器用な
夢ばかりをみる"

女の子と男の子が揃って綴られる歌詞の楽曲は殆ど名曲説を、ここに提唱したい。
大好きなサビの歌詞は是非、曲を聴いて知ってほしい。
ラッキーオールドサンの曲は聞くだけでなく、
何度も、何度でも口ずさみたくなる。気付けば呟くように歌っている。
このアルバム、1stにして伝説。
私はこのLucky Old Sunというディスクを燃えるまで再生し続ける。
9曲という一つも外せない並びの中で「二十一世紀」という曲を最後に、次に移ろう。

"いつもの朝 寝癖そのまま
二十一センチの刃渡りで
ズブリさよなら
息の根止めて
君はローストポーク 
迷子になる いりくんだ路地
二十一世紀も謎だらけ
人の世は住みにくいもの
それならなんとかするさ 

明日のことは きっとうまくいくきがするよ
根拠はないさ ふたりに必要ないさ

いつもの夜 忍び寄る影
二十一センチの刃渡りで
ズブリさよなら 夢から覚めて
またいつもの朝へ
明日のことは きっとうまくいく気がするよ
根拠はないさ ふたりに必要ないさ" 


何てかっこいい人達だろう。根拠なんかないんだよ。
だってここは”人の世”だから。
それでもなんとかするっていうのは、決してお気楽なだけの歌ではない。強くなりたい人の、弱さを守る歌。
ふたりに必要ないさって、当時私が骨抜きに惚れていた人に聞かせた歌。
大好きが詰まりすぎている。
野に咲いた花と、その下の土の味をこの二人はきっと知っている。
パンクスロッカーの他ない。


2016年に発売された6曲入りのEP「Caballero」
リードトラックの「ゴーギャン」は
ジブリ映画の中の住人が、そのままリズム隊を携えて音楽をやっているようなこれまた素敵な一曲。
彼女たちは今年、有難い事にサブスクを解禁して、
それをいいことにどんどこ布教に専念しようと思う。

”眠らず音を鳴らす夜の日を
繰り返すいつものことさ
あくびをして乗り込んだ知らない電車は
何処へだっていけたはずなのに”

このAメロから最後のサビに流れる
リードギターの素朴で哀愁のあるライン。素敵だ。
二人の音楽はメイン軸をポップスに置いたとしても、
その中での幅と遊びがとても深い。
それは次で紹介する、2nd フルアルバムでも伺える。
バンジョーやコンガ、ウッドベースに管楽器など、様々な楽器を使って味を加えている。
音楽隊のキャラバンに出会ったような。
聞いているだけでその物語に胸躍るような。
愛おしい感覚。
EPのタイトルからして、Don Caballeroを
サウンドのイメージに置いてたりするのかな。
二人が一枚のディスクにどんな想いを馳せたのだろうと想像するのも楽しい。


2017年4月12日、全作から約一年ぶりとなるフルアルバムを発売。
タイトル「BELLE EPOQUE」は仏語で"佳き時代"。
ラッキーオールドサンは変わらず、
現代に生きるという事の決意、
思い出がいかに美しいものでも、
人は今を大切に、日々を過ごした方が良いという意思を凄く感じた作品。

2曲目「ベースサイドストリート」
二人の楽曲の中でも、珍しく唸るギターに驚いた。
夕焼けを背に、右にも左にも歩けなくなった自分の肩を叩かれる。


"あなたのために今日を生きるよ
こんなはずじゃなかったと
言いたいわけじゃない
こんなはずじゃなかったと
言いたいわけじゃない"

三曲目「フォーチューラマ」
篠原さんの渾身の叫びが聞こえた。
このアルバムの中でも擦り切れるほど再生した。


「すずらん通り」というリードトラックで歌われる"そばにいておくれ"
その次のトラック「Railway」の歌詞でいう"そばにいるよ"
隣にいたい。隣にいてほしい。
そんな誰かを守るためには、まずは自分を守らなくては。
他でもない自分を鼓舞して、大丈夫と囁く彼ら自身の詩が
飾らなくてかっこいい。
人の陰りを肯定し、淡い光の方へ向かえと、そっと背を押す
この言葉たちに、明日を生きる希望を貰った。
最後を締めくくるのは「Tokyo City Brand New Way Day」
歌の中では、自分たちの今生きている場所は
ここ東京だよという事を軸に、
背景ではフランスの街並みのようなアコーディオンが流れる。
これがまた何とも洒落た演出だと私は感心した。
憧れ続ける70年代や80年代への思いも同時に再生して
彼女たちの貪欲な音楽への時間は進み続ける。

そうして、2019年4月17日。3rd フルアルバム「旅するギター」が発売された。

「Rockin' Rescue」
このMVを撮影するにあたって、エキストラ出演の募集がされていた。
私が出ないで誰が出るんだ?と思っていた。
集合場所はお二人の本拠地でもある京都。
私の今居る場所は東京。
シティーブランニューデイである。
心だけはここに向かっていたと思う。
肉体は残念だけど置いてった。

以前、CINRAのインタビューか何かで、
ナナさんが言っていた"うるさい音楽"を作ったのだろうか。
その名の通り、まだ見ぬラッキーオールドサンのロックンロールが
▶マークを押すや否や、今にも飛び出してくるのだろうね。

映画だろうか。
人生isロマンス映画だろうか。
綺麗ごとと血反吐を織り交ぜながら旅をしてきた二人の音楽。
これから先、何十年経とうが私は愛おしいままなのだろう。
きっと色褪せても尚、また姿形を変えて素敵を届けてくれる。
実はまだ、新譜を全て聴いていない。
聴けていない状態で、この思いの丈を綴っている。
一番大事な所のマーケティングしろよ、という話だが
この3rd アルバムを自分の心に迎えるにあたり
今までの自分の中のラッキーオールドサンへの想いを
一旦精査させないといけなかった。
本当だったら、思春期の中学生のような感想文を
アルバム各一曲ずつに綴りたいほどだから。

私もこれから、自分の音楽が大きく動き出そうとしていて、

"誰かに憧れ続けてる
多分それが丁度いい
君は若い君は誰を後ろに乗せて
自転車を漕いでいただろうとか
そんな事が頭をよぎる"

最近、そんな冒頭から始まる歌詞を書いた。
アルバムのタイトルにもなっているこの「旅するギター」

"人の真似をしたって構いませんが
ジョン・レノンにはなれないよ
愛と平和なんて

そんなことより明日の話をしよう
眠くなってしまう前に
計画を立てよう
あの日の海を見に行こう
永遠みたいなロードムービー
夢なら冷めないうちに
それがいちばんいいのさ二人には

地球の上に朝が来る
ぐるっと回って夜が来る
続きが見たい旅するギター
hello goodbye 今日を歌うだけ”


私の歌の根底には恐れ多いがお二人がいる。
惚れ惚れしながらこの曲だけ先に聞いてしまった。
いつも涙を垂れ流して毎日を送っているわけだが、
今日は少しだけ、ぐっとこらえてみる事ができた。
ラッキーオールドサン、本当にありがとう。
そして、これからもよろしくお願い致します。
篠原さん、ナナさん。
改めまして、ご結婚おめでとうございます。
お二人の笑顔を願って。
ギャル風に言わせて頂くと、
あなた方は♪最強☆です。
何故ギャルになっちゃったかは
もう感情の居場所がバグってるからです。


↳公式のTwitterより、本当に【需要】なのでツイートを引用させて頂く。
渋谷WWWの公演、命に変えても生くと決めている。
みんないこうね。心を携えていこうね。

美味しいご飯、面白い本や映画や漫画、
時の流れの切なさ、麗しさ、
忘れられないあの風景や、
幾つもの人のぬくもりと出会いが、
お二人にとって永遠と音楽の力に繋がりますように。

本当の最後に、
ラッキーオールドサンのお二人が
まだ大学生だった頃に出したデビューEP
「I'm so sorry ,mom」で
この重いラブレターとお別れしたい。

本当はテレビからナナさんの歌声が聞こえて来て
「え…MacのCMがラッキーオールドサンの曲になってるように聞こえる…不思議…」
となった話や(本当にMacのCMに起用されていた「やりたいようになりたいように (feat. THE LOST CLUB)」)
彼らがLP(アナログレコード)に込める愛なんてのを
しこたましたいところだが、それはまた3rdアルバムを聴いてからで。
愛ある写真たちを眺め、明日もどうにかやっていこう。

私はきっとこれから先も、嫌いな人にも好きな人にも
ごめんねと、ありがとうを繰り返して生きていくのだろう。
天気が良いと嬉しいし、悪ければ時として怒る。
笑ってばかりでいられなくても、涙がこぼれる時には
ラッキーオールドサンの音楽がいつだってそばにいてくれるから。
大丈夫。
少しでも、お二人の音楽が沢山の人々の日常に寄り添いますように。

【ラッキーオールドサン】
ラッキーオールドサンは、日本の2人組バンド。所属レコードレーベルはkiti。 バンド名の由来は、メンバーがたまたま手に取った久保田麻琴のアルバムに収録されていた 「ラッキー・オールド・サン」による。wikiより
Twitter@luckyoldsun_tw
http://luckyoldsun2013.tumblr.com/
Mikiki 最新インタビュー記事 「ラッキーオールドサンはロックンロールの夢を見る。存続の危機をどう乗り越えた? 『旅するギター』めぐるバンドのストーリー」

#音楽 #生活 #レビュー #ラッキーオールドサン #歌 #コンテンツ会議 #コラム #エッセイ

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
泣くなよ Twitter @eow_11
     @質問箱(タンポポ食いますか?とか何でもいい)
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
30
せめて字面だけは好きなだけ好きなことしていいよねって咽びながら赤土食ってます

こちらでもピックアップされています

#音楽 記事まとめ
#音楽 記事まとめ
  • 907本

楽曲のレビューやおすすめのミュージシャン、音楽業界の考察など、音楽にまつわる記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。