enya honami|塩谷 歩波

絵描き | 設計事務所、高円寺の銭湯・小杉湯を経て、絵描きとして活動 | 著書 銭湯イラスト集「銭湯図解」 お仕事の依頼はこちら:info@enyahonami.com
    • アトリエエンヤ
      アトリエエンヤ
      • 3本

      小杉湯以外のお仕事をお引き受けする「アトリエエンヤ」そのお仕事内容をnoteでまとめます。

    • 高円寺図解
      高円寺図解
      • 2本

      高円寺の魅力を図解するシリーズです

  • 商品の画像

    小杉湯銭湯図解【A3 / 額あり】

    ※こちらの商品はA3サイズ、額ありの複製画です銭湯図解:小杉湯図解(複製画)2018年作成、水彩画●銭湯図解設計事務所を体調不良で休職していた時に銭湯に出会い、心地よく広々したお風呂や地域に根差したコミュニティに癒されて心身共に前向きになれました。その恩返しとして、建築図法”アイソメトリック”を土台に透明水彩で銭湯のイラストを描きSNSで発表。浴室での人との交流、お風呂やサウナの楽しみ方、建築的な面白さ、味のある銭湯の小物、お風呂上がりの至福のひと時など、多様で幅広い銭湯の魅力を表現しているとしてSNSで話題に。「建築図解」と名付けて都内中心の銭湯を描き続け、それをまとめた書籍「銭湯図解」を2019年に発刊し、累計発行部数は25000部となりました。2021年現在も都内を中心に全国各地の銭湯図解を描き続け、その数は80件を越しています。https://www.chuko.co.jp/tanko/2019/02/005169.html●小杉湯昭和8年創業、84年の歴史をもつ高円寺の老舗銭湯。JR高円寺駅から徒歩5分、活気あふれる商店街を通り抜け住宅街に入ると、昭和にタイムスリップしたような破風屋根のレトロな建物が存在感をしめしています。音楽、ファッション、サブカルチャーを中心とした多様な中央線カルチャーと、古き良き歴史が混在する高円寺の憩いの場として、多くの方から愛されている銭湯です。名物ミルク風呂、週替り・日替り風呂、水風呂があり、温冷交互浴は小杉湯の代名詞となっています。https://kosugiyu.co.jp/●複製画について長野県松本市の藤原印刷(株)の高い技術によって実現された複製画です。藤原印刷の藤原隆充専務から「原画と見分けがつかない複製画を作りましょう」というお話をいただき、今回のコラボレーションに至りました。水彩画は色味がとても複雑で繊細で印刷による再現が難しく、書籍「銭湯図解」を出した時にも何度も色味の調整を行いました。ですが藤原印刷の複製画のクオリティは驚くほど高く、紙の質感や、水彩の色むら、ちょっとしたインクの滲みまで全てが忠実に再現されています。サンプルをいただいた時には、作者でありながら複製画と原画の見分けがつかないほどでした。複製画というと原画よりも質が下がるイメージがあるかもしれませんが、この複製画は”ほぼ”原画の水彩作品です。●藤原隆充専務より原画には様々な種類がありますが、塩谷さんの絵は細部までこだわった豊かな表現が特徴です。作品性を損なわないためにはディテールを追求し忠実な色再現が必要です。複製画の制作には1憶画素のカメラを使用して撮影。塩谷さんに負けないよう線一本までこだわって画像補正を施しました。その後、何十回とテストを繰り返し、最高の出来栄えと自分たちが思えるまで精度を高めていきました。作者の息遣いが感じる色味をぜひ楽しんでいただきたいです。
    ¥80,000
    enyahonami store
  • 商品の画像

    小杉湯銭湯図解【A4 / 額あり】

    ※こちらの商品はA4サイズ、額ありの複製画です銭湯図解:小杉湯図解(複製画)2018年作成、水彩画●銭湯図解設計事務所を体調不良で休職していた時に銭湯に出会い、心地よく広々したお風呂や地域に根差したコミュニティに癒されて心身共に前向きになれました。その恩返しとして、建築図法”アイソメトリック”を土台に透明水彩で銭湯のイラストを描きSNSで発表。浴室での人との交流、お風呂やサウナの楽しみ方、建築的な面白さ、味のある銭湯の小物、お風呂上がりの至福のひと時など、多様で幅広い銭湯の魅力を表現しているとしてSNSで話題に。「建築図解」と名付けて都内中心の銭湯を描き続け、それをまとめた書籍「銭湯図解」を2019年に発刊し、累計発行部数は25000部となりました。2021年現在も都内を中心に全国各地の銭湯図解を描き続け、その数は80件を越しています。https://www.chuko.co.jp/tanko/2019/02/005169.html●小杉湯昭和8年創業、84年の歴史をもつ高円寺の老舗銭湯。JR高円寺駅から徒歩5分、活気あふれる商店街を通り抜け住宅街に入ると、昭和にタイムスリップしたような破風屋根のレトロな建物が存在感をしめしています。音楽、ファッション、サブカルチャーを中心とした多様な中央線カルチャーと、古き良き歴史が混在する高円寺の憩いの場として、多くの方から愛されている銭湯です。名物ミルク風呂、週替り・日替り風呂、水風呂があり、温冷交互浴は小杉湯の代名詞となっています。https://kosugiyu.co.jp/●複製画について長野県松本市の藤原印刷(株)の高い技術によって実現された複製画です。藤原印刷の藤原隆充専務から「原画と見分けがつかない複製画を作りましょう」というお話をいただき、今回のコラボレーションに至りました。水彩画は色味がとても複雑で繊細で印刷による再現が難しく、書籍「銭湯図解」を出した時にも何度も色味の調整を行いました。ですが藤原印刷の複製画のクオリティは驚くほど高く、紙の質感や、水彩の色むら、ちょっとしたインクの滲みまで全てが忠実に再現されています。サンプルをいただいた時には、作者でありながら複製画と原画の見分けがつかないほどでした。複製画というと原画よりも質が下がるイメージがあるかもしれませんが、この複製画は”ほぼ”原画の水彩作品です。●藤原隆充専務より原画には様々な種類がありますが、塩谷さんの絵は細部までこだわった豊かな表現が特徴です。作品性を損なわないためにはディテールを追求し忠実な色再現が必要です。複製画の制作には1憶画素のカメラを使用して撮影。塩谷さんに負けないよう線一本までこだわって画像補正を施しました。その後、何十回とテストを繰り返し、最高の出来栄えと自分たちが思えるまで精度を高めていきました。作者の息遣いが感じる色味をぜひ楽しんでいただきたいです。
    ¥30,000
    enyahonami store
  • 商品の画像

    小杉湯銭湯図解【A3 / 額なし】

    ※こちらの商品はA3サイズ、額なしの複製画です銭湯図解:小杉湯図解(複製画)2018年作成、水彩画●銭湯図解設計事務所を体調不良で休職していた時に銭湯に出会い、心地よく広々したお風呂や地域に根差したコミュニティに癒されて心身共に前向きになれました。その恩返しとして、建築図法”アイソメトリック”を土台に透明水彩で銭湯のイラストを描きSNSで発表。浴室での人との交流、お風呂やサウナの楽しみ方、建築的な面白さ、味のある銭湯の小物、お風呂上がりの至福のひと時など、多様で幅広い銭湯の魅力を表現しているとしてSNSで話題に。「建築図解」と名付けて都内中心の銭湯を描き続け、それをまとめた書籍「銭湯図解」を2019年に発刊し、累計発行部数は25000部となりました。2021年現在も都内を中心に全国各地の銭湯図解を描き続け、その数は80件を越しています。https://www.chuko.co.jp/tanko/2019/02/005169.html●小杉湯昭和8年創業、84年の歴史をもつ高円寺の老舗銭湯。JR高円寺駅から徒歩5分、活気あふれる商店街を通り抜け住宅街に入ると、昭和にタイムスリップしたような破風屋根のレトロな建物が存在感をしめしています。音楽、ファッション、サブカルチャーを中心とした多様な中央線カルチャーと、古き良き歴史が混在する高円寺の憩いの場として、多くの方から愛されている銭湯です。名物ミルク風呂、週替り・日替り風呂、水風呂があり、温冷交互浴は小杉湯の代名詞となっています。https://kosugiyu.co.jp/●複製画について長野県松本市の藤原印刷(株)の高い技術によって実現された複製画です。藤原印刷の藤原隆充専務から「原画と見分けがつかない複製画を作りましょう」というお話をいただき、今回のコラボレーションに至りました。水彩画は色味がとても複雑で繊細で印刷による再現が難しく、書籍「銭湯図解」を出した時にも何度も色味の調整を行いました。ですが藤原印刷の複製画のクオリティは驚くほど高く、紙の質感や、水彩の色むら、ちょっとしたインクの滲みまで全てが忠実に再現されています。サンプルをいただいた時には、作者でありながら複製画と原画の見分けがつかないほどでした。複製画というと原画よりも質が下がるイメージがあるかもしれませんが、この複製画は”ほぼ”原画の水彩作品です。●藤原隆充専務より原画には様々な種類がありますが、塩谷さんの絵は細部までこだわった豊かな表現が特徴です。作品性を損なわないためにはディテールを追求し忠実な色再現が必要です。複製画の制作には1憶画素のカメラを使用して撮影。塩谷さんに負けないよう線一本までこだわって画像補正を施しました。その後、何十回とテストを繰り返し、最高の出来栄えと自分たちが思えるまで精度を高めていきました。作者の息遣いが感じる色味をぜひ楽しんでいただきたいです。
    ¥65,000
    enyahonami store
  • もっとみる
固定された記事

番頭兼イラストレーターから、絵描きへ

 こんにちは、塩谷歩波です。 5月25日付で4年間勤めていた株式会社小杉湯を退職しました。「番頭兼イラストレーター」という肩書きを卒業し、今後は「絵描き」として歩ん…

建築学科のはなし

地獄の話をする。違う、建築学科の話です。 建築学科はそれはもうすごい学科だった。入学したてでまだ目がイキイキしていた頃。「キャンパスライフの始まりだ〜!オレンジ…

博多炉端魚男 FISHMAN図解

博多駅からバスで15分ほど、最寄り駅は薬院。静かな通りの突き当たりに、温かな灯をともした飲食店「博多炉端魚男 FISHMAN」があります。FISHMANは2009年にスタートして…

チグハグな私の声

ラジオから流れる自分の声を聞くたび、ウワーッ!と暴れ出したくなる。 普段自分が耳にする自分の声は、骨を通しての音も含まれているそうだ。だからラジオから流れてくる…

占いに行って、変人で生きていこうと思った話

先日占いに行った。 毎日悩みすぎて頭がバカになりそうだったからだ。「都内 占い」で色々みるなか、びびっときたのが銀座にある霊感占い。その日の体の重だるさが尋常で…

私は死ぬのが何より怖い。

小さい頃から何につけても怖がる性分だった。地震が起きたら大地震を想像して泣き、手に持っているシャープペンシルが喉に刺さって死ぬ妄想をして冷や汗をかいたり、少し間…